引っ越し先(別宅)

おすすめ

RSS

twitter

  • Speechballoonorangepicon150px @pelicanmemo

    記事にした話題の、書けなかった余談やその後の話。その時々のニュースでも深読み気味。

banner

ウェブページ

無料ブログはココログ

« MacOSX 10.5 Leopard でのFirmware | トップページ | キーボードの拭き掃除 »

2009年4月19日 (日)

Firmwareパスワードを忘れてしまった場合

Firmwareパスワードを設定していて、それを忘れてしまった場合。

Mac OS X の Firmware Password Protection の設定方法
http://support.apple.com/kb/HT1352?viewlocale=ja_JP

Open Firmware Password のリセットや変更は、以下のいずれかの条件に該当すれば行えます (MacBook Air は除く)。

・システム環境設定の「アカウント」(または Server Admin) で指定されている管理者ユーザである。
・コンピュータの内部に物理的にアクセスする。
・コンピュータが Mac OS 9 で起動している。

このうち、MacBook (late2008)ではOS9は動かない。

管理者アカウントでログインが出来るなら、起動ディスクをインストールDVDにして再起動。またはファームウェア・パスワード・ユーティリティを実行。

前の記事「MacOSX 10.5 Leopard でのFirmwareパスワードのかけ方」のように、チェックを入れずにパスワードも空欄で変更。


管理者パスワードも忘れてしまった場合は最後の手段。

・コンピュータの内部に物理的にアクセスする。

こちらの記事で試してみた方がいました。
MacBookのファームウェア・パスワードを解除する

メモリを抜いて搭載メモリを変更。
Command + Option + P + R を同時に押して起動する。
PRAMがクリアされると再起動するので3回繰り返す。

やり方を知っていればクリア出来るセキュリティだからAppleのサイトではローレベルのセキュリティと書かれているわけですね。
席を外している間のイタズラ対策程度。
盗難に対しては役にたたない。そこを心配するならFileVaultで暗号化。

ーーーーーーーー

ケンジントン MicroSaver Keyed Retractable Notebook Lock(ボックスパッケージ) 64538ケンジントン MicroSaver Keyed Retractable Notebook Lock(ボックスパッケージ) 64538


販売元:ケンジントン

発売日:2008/08/01
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« MacOSX 10.5 Leopard でのFirmware | トップページ | キーボードの拭き掃除 »

Mac」カテゴリの記事