引っ越し先(別宅)

おすすめ

RSS

twitter

  • Speechballoonorangepicon150px @pelicanmemo

    記事にした話題の、書けなかった余談やその後の話。その時々のニュースでも深読み気味。

banner

ウェブページ

無料ブログはココログ

« MacOSX 10.5 Leopard でのFirmwareパスワードのかけ方 | トップページ | MacOSX 10.5 Leopard でのFirmware »

2009年4月19日 (日)

MacOSX 10.5 Leopard でのFirmwareパスワードのかけ方(簡単設定)

管理者として使っていると、セーフモードで起動したり簡単にCDから起動したい場合がよくある。
そのたびにいちいちインストールDVDから起動してパスワードを解除するのはとにかく面倒。

OSX 10.4 Tiger のインストールDVDには/Applications/Utilitiesに、その"Open Firmware Password アプリケーション"がある。
http://support.apple.com/kb/HT1352?viewlocale=ja_JP
OSX 10.5 Leopardではインストーラのメニューから起動させる方法に変わってしまったけれどもDVD上にはあるはず。
不可視フォルダになっているのだと思ってターミナルで探ってみるとやはり他のユーティリティと一緒に見つかった。

Firmwarepasswordutility_leopard

"Firmware Password Utility.app"

これはパッケージなので、名前を指定してコピーするとローカルHDD上に展開されてしまう。
そこで、UtilitiesフォルダごとローカルHDDへコピーをする。いらないツールは後で削除。

MacBook (late 2008)のインストールDVDに入っていたファームウェアパスワードユーティリティ(Firmware Password Utility.app)は、バージョン1.4.3(1)。

管理者アカウントのホームフォルダに置いておく。

« MacOSX 10.5 Leopard でのFirmwareパスワードのかけ方 | トップページ | MacOSX 10.5 Leopard でのFirmware »

Mac」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« MacOSX 10.5 Leopard でのFirmwareパスワードのかけ方 | トップページ | MacOSX 10.5 Leopard でのFirmware »