引っ越し先(別宅)

おすすめ

RSS

twitter

  • Speechballoonorangepicon150px @pelicanmemo

    記事にした話題の、書けなかった余談やその後の話。その時々のニュースでも深読み気味。

banner

ウェブページ

無料ブログはココログ

« コメントの認証 | トップページ | VMWare が使う"仮想マシン"フォルダのローカライズ »

2009年4月19日 (日)

MacOSXのフォルダ名のローカライズ

たとえば「書類」フォルダ。Finderで見ると「書類」だがターミナルで見ると「Documents」。

日本語のフォルダ名はどこかで文字コードの問題が生じるかもしれないので、出来るだけ2バイト文字にしておきたい。そのやり方メモ。


使うソフトはターミナルとFinder。


たとえば、TimeMachineの保存対象外のフォルダの実フォルダ名を "NoTimeMachine" とし日本語名を"TimeMachine非保存"としたい。

ターミナルで、日本語のフォルダ名を表示させる "NoTimeMachine" フォルダに移動する。
そこに空の不可視ファイル".localized"を作成。

$ touch .localized

Finderで、"/System/Library/CoreServices/SystemFolderLocalizations/" へ移動する。
この中の"Japanese.lproj" フォルダにある"SystemFolderLocalizations.strings"ファイルに日本語表示が設定されている。

このファイルを編集する。


テキストエディットで編集できるが、アクセス権が "root:wheel" なのでそのままでは編集しても保存ができない。
そこで編集する前にファイルのアクセス権を変更してeveryoneで"読み/書き"可能にしておく。
終わったら元に戻すことを忘れずに。

"NoTimeMachine" = "TimeMachine非保存";

という一行を " /* Folders in user homes*/ " コメントのパートあたりに付け加える。


ログアウトし再びログインすればFinderでの表示がTimeMachine非保存となっているはず。

.

« コメントの認証 | トップページ | VMWare が使う"仮想マシン"フォルダのローカライズ »

Mac」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« コメントの認証 | トップページ | VMWare が使う"仮想マシン"フォルダのローカライズ »