引っ越し先(別宅)

おすすめ

RSS

twitter

  • Speechballoonorangepicon150px @pelicanmemo

    記事にした話題の、書けなかった余談やその後の話。その時々のニュースでも深読み気味。

banner

ウェブページ

無料ブログはココログ

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月

2009年5月30日 (土)

VMWare Fusion:仮想ディスクの拡張でエラー、QTPartedで無理矢理に拡張

(関連記事)
(1)「VMWare Fusion:GParted でのディスク・サイズの拡張に失敗
(2)「VMWare Fusion:仮想ディスクの拡張でエラー、SystemRescueCDで修復
(3)「VMWare Fusion:SystemRescueCDで修復後、GPartedで領域拡張


試行錯誤の途中で、QTPartedを使うと不良セクタ情報はリセットされないけれどディスクの拡張が出来てしまったのでメモ。

SystemRescueCDの使い方が分からなかったりうまくいかない場合や、そんな面倒なことはしたくない拡張できればそれでいいという人向け。

拡張後、VMWareが立ち上がることは確認しましたが、確認したのはそれだけです。
試してみる場合はもちろん自己責任でよろしく。



KNOPPIXのQTPartedを使う。

KNOPPIXのisoファイルをダウンロード。
現在の最新安定Verは5.3.1。

まず、仮想ディスクをバックアップ。

VMWareのメニューで、仮想マシン > 設定 > CD/DVD > ディスクイメージの選択で、KNOPPIXのisoファイルを選択し、起動。

KNOPPIXが起動したら、QTPartedを立ち上げる。

KNOPPIXではマウスカーソルがあっちこっちに行ってしまってアイコンを選ぶことが難しい。
ここでもキーボードだけで作業をすることにする。

KNOPPIXのメニュー(Windowsでのスタートメニュー)を開く。・・・[ alt + F1 ]
MacBook(USキーボード)では、[ option + F1 ]。

矢印キーを使ってメニューを移動して、KNOPPIXメニュー > Root Shell(MacOSXでのターミナル.app)を実行する。

ちなみに、KNOPIXのメニューのシステム > QTPartedを実行することも出来るが、これだとパスワードを求められて面倒なのでCUIで立ち上げる。これならパスワードは求められない。

$ su
$ qtparted

これで、QTPartedのウィンドウが開かれる。


Qtpartedwindow1

今はまだRootShellのウィンドウがアクティブになっているので、QTPartedのウィンドウをアクティブにしたい。
[ alt + tab ]で実行されているプログラムを選択出来る。OSXの [ comman + tab ] と同じ。

QTPartedをアクティブにする。

Qtpartedwindow3


ウィンドウが小さいので、画面いっぱいに最大化する。・・・ [ alt + F3 ] でウィンドウメニューが表示されるので「最大化」を実行。

アクティブになっているプログラム(QTParted)のメニューは [ alt ]キーと矢印キーで選択出来る。

QTPartedのメニューの「デバイス」から拡張したい仮想ディスクを選択する。ここでは "/dev/sda"。

[ tab ] キーでパーティションの画面に移動し、拡張したいパーティションを選択。

[ alt ] キーを使ってメニューの、操作 > サイズ変更 を選択、実行。

Qtpartedwindow4

最大容量をキーボードから打ち込み、実行。

Qtpartedwindow5

後ろに0(ゼロ)MBのFreeなパーティションが残るが、よく分からないのでこれは残しておいた。
Mc.N Homepage SDKさんとこの「[M.D.L] VMware の仮想 disk 増強化計画」によると、NTFSでは末尾にFreeな部分を8MB残しておいたほうがいいそうだ。

メニューの、ファイル > 確定する 、でサイズ変更が確定される。

Qtpartedwindow7

すべての作業を完了しました。

文字化けしたエラーメッセージが出てるが、サイズ変更は確定したらしい

英文のエラーメッセージは多分、これ。
”Filesystem check failed! Totally 1 cluster accounting mismatches”

QTPartedでNTFSパーティションサイズを変更したときの不具合と修復方法」に載っている不具合は起こっていないようだ。


Windowsを立ち上げると、ディスクチェックが始まるのでスキップせずに実行しておく。

ログインすると新しいデバイスを確認し、再起動を求められる。再起動。

成功。

念のため、QTPartedでも領域拡張されているか確認。

Qtparted2window

エラーが出ているが領域拡張は行われている。

VMWare/Windowsを起動してみたが、特に問題はないようだ。





 【送料無料】神戸スイーツポート 母の日 スイーツ コレクション/母の日 【送料無料】神戸スイーツポート 母の日 スイーツ コレクション/母の日
販売元:ダイエー ネットショッピング
ダイエー ネットショッピングで詳細を確認する

VMWare Fusion:SystemRescueCDで修復後、GPartedで領域拡張

(前記事)「VMWare Fusion:仮想ディスクの拡張でエラー、SystemRescueCDで修復


不良クラスタ情報のリセットがうまくいったので、続けてSystemRescueCDのGPartedで領域の拡大を実行。
SystemRescueCDはVer.1.2.0。systemrescuecd-x86-1.2.0.iso

Resccd1gparted2_2

引き続き、キーボード主体で作業を進める。

念のためNTFSに対応しているか確認をしておく。
[ alt + v ] でViewメニュー > File System Support を実行。

Resccd4gparted6

ntfsprogs があってntfsの全作業にチェックマークがついているので大丈夫。


[ alt + p ] でPartitionメニュー > Resize/Move を実行。

Resccd4gparted1

"New Size" に適当に大きい容量を打ち込む。

"Free Space Following(MiB)"が 0(ゼロ)になったら自動的に最大容量に調整される。

"Round to Cylinders"のチェックは、the 5th door blogさんとこのVMWare 仮想ディスクのリサイズ方法 - gpartedによると、WindowsVISTAでは外したほうがいいそうだ。

"Resize/Move"ボタンで実行。

確認ウィンドウが表示されるので最終確認。実行。

容量にもよるだろうけれども、あまり時間はかからなかった。

コーヒーいれてたら終了してた。

Resccd4gparted3

問題なく、終了

ここでは、まだパーティションの拡張は確定していない。

[ alt + e ] でEditメニュー > Apply All Oparations を実行して確定。

成功。

GPartedを終了。

デスクトップ上で [control + 右クリック] し、表示されるメニューの Exit から Xウィンドウを終了。

shutdown -h now でSystemRescueCDを終了。



次にWindowsを起動すると、起動時にチェックディスクが始まる。

スキップせずに実行しておく。

ログインすると「新しいデバイスが見つかった」とウィンドウメッセージがきて再起動を求められる。

再起動。

Windowsでパーティションの確認をする。

Resccd4windows



成功 (/´∀`)ノ





VMWare/Windowsでは一通りの通常のメンテナンスを行っておく。
これが一番時間がかかったな。

ディスク上のスワップが圧迫していたのだろうか。

体感速度は、当社比20%増しくらいに上がった気がする。





深煎りが好きな方の為の珈琲豆セット/グルメコーヒー豆専門加藤珈琲店 深煎りが好きな方の為の珈琲豆セット/グルメコーヒー豆専門加藤珈琲店


販売元:グルメコーヒー豆専門!加藤珈琲店
楽天市場で詳細を確認する

VMWare Fusion:仮想ディスクの拡張でエラー、SystemRescueCDで修復

(前記事)VMWare Fusion:GParted でのディスク・サイズの拡張に失敗


仮想元の物理ディスクの不良クラスタ情報をそのまま仮想ディスクにもコピーしてしまった、と仮定。

たき☆かわブログさんとこの「VMWareで動作するWindowsの不良セクタをリセットする方法」を参考に対策をたててみる。

そこでは最初に新しいハードディスクにコピーするなどエラーの原因の絞り込みをされているが、外付けハードディスクにコピーしたバックアップからVMWare/Windowsを起動させても同じ状況になるので、ここではとばして作業を始める。

追記(5/31):以下の対策はWindowsXP以下がゲストOSの場合。WindowsVistaでは "chkdsk /b" で修復されるそうだ。


PIBさんとこの「NTFS Tips」によると、NTFSの不良クラスタ情報はルートフォルダの $BadClus ファイルに書かれているそうだ。

これをリセットする。

作業にはSystemRescueCDを使用する。
今の最新安定Verは1.2.0。systemrescuecd-x86-1.2.0.iso

このisoファイルをダウンロード。

VMWareのCDのディスクイメージとして設定して起動。




起動時にBIOSに入る方法

VMWareの起動時にCDからブートできない場合がある。その場合はBIOSのブート順番を変えなければならない。

vmxファイルをテキストエディタで開き、編集する。

bios.forceSetupOnce = "TRUE"

を追加すると起動時に強制的にBIOS設定画面に入ることが出来る。
あとは通常のBIOSの設定作業。
VMWareを正常終了した後は"FALSE" に変更されるので、次回も強制的にBIOS画面に入ることはない。




閑話休題、


Resccdwindow1


起動時のキーボード選択では、USキーボードのMacBookなので41(US)を打ち込み、リターン。
日本語キーボードなら"jp" の22を打ち込む。

SystemRescueCDでは、最初はコマンドラインから始まるので "startx" と打ち込みXウィンドウを立ち上げる。
以下、太字が手入力する部分。

root@sysresccd / root % startx


Xウィンドウが起動してGUIになっても、最初はTerminalが起動するのでGPartedを起動。

root@sysresccd / root % gparted


ここでトラブル発生。

マウスカーソルとポイントする場所が食い違っていて、画面のどこをポイントしているか分からない。

キーボード主体で作業を進めることにする。
基本は alt キーとのコンビネーション。MacBook ではaltキーはoptionキーに割り振られている。

GPartedで領域拡張をするデバイスを変更する場合は、[ alt + g ] で、GPartedメニュー > Deviceから選択。

Resccd1gparted1

黄色い三角マークがついているのがエラーを起こしているパーティション。ここでは" /dev/sda1 "。
この先、このパーティション名を使って作業をすすめるので、パーティション名をメモしておく。

次はTerminalでの作業。
プログラムの切り替えは [ alt + tab ]。OSXの [command + tab]と同じようなもの。

今、開いているTerminalはGPartedを起動しているので、もう一つTerminalのウィンドウを開く。

[ alt + f ] でFileメニュー > Open Terminal を実行。

このTerminalから、ntfsinfoコマンドでパーティションの不良セクタ情報を取得する。

root@sysresccd / root % ntfsinfo -i 8 /dev/sda1

ここでさっきメモしたパーティション情報を入力する。

"i" オプションはinodeの情報を取得、"8" はinodeの番号を表している。
NTFS Tipsによると、$BadClus ファイルには inode 8 が割り振られているそうだ。

(末尾のみ表示)
Resccd2terminal2

重要なのは、"Attribute name: '$Bad' " がある最後の項目の"Allocated size: "のパラメータ。ここでは、"10997166080"。これもメモしておく。

その不良セクタ情報をntfstruncateコマンドでリセットする。

Resccd2terminal3

root@sysresccd / root % ntfstruncate /dev/sda1 8 0x80 '$Bad' 0
ntfstruncate v2.0.0 (libntfs 10:0:0)
ntfstruncate completed successfully. Have a nice day.

root@sysresccd / root % ntfstruncate /dev/sda1 8 0x80 '$Bad' 10997166080
ntfstruncate v2.0.0 (libntfs 10:0:0)
ntfstruncate completed successfully. Have a nice day.

ここで、さっきメモした"Allocated size: "のパラメータ情報を使う。

VMWareで動作するWindowsの不良セクタをリセットする方法」の説明ではパーティション名を書き忘れている(Terminal画像には表示されている)ので注意。


これで不良クラスタ情報はリセットされたはず。

GPartedで確認をする。
GPartedメニュー > Refresh Devices でデバイス情報を更新。

Resccd1gparted2

黄色い三角マークが消えているのでエラーが無くなったことが分かる。

成功 ヽ(´▽`)/


ついでにこのGPartedで領域拡張もしてしまおう。

次の記事「VMWare Fusion:SystemRescueCDで修復後、GPartedで領域拡張」につづく。



もし、ここで終了させる場合は、
開いているTerminalとGPartedを終了させて、
デスクトップ上で、controlキーを押しながらトラックパッドの右クリック。

操作メニューが開くので 矢印キーでExitを選択、終了。
コマンドラインでは、"shutdown -h now" でSystemRescueCDを終了。


追記(6/2):XウィンドウのTerminal上で "shutdown -h now" を実行してもSystemRescueCDが終了する。





メモ:
MacBook(USキーボード)でのSystemRescueCDのXウィンドウの操作

プログラムのメニュー操作・・・[ alt + 英字キー ]
プログラムの切り替え・・・[ alt + tab]
ウィンドウ自体のメニューを表示・・・ [ alt + space ]
他のワークスペース(OSXでのSpaces)に移動・・・ [ alt + control + 矢印キー ]
プログラムウィンドウの一発最大化・・・[ alt + F5 ]
プログラムウィンドウの一発最小化・・・[ alt + F8 ]
プログラムの終了・・・[ alt + F4 ]

参考:
VMWareで動作するWindowsの不良セクタをリセットする方法

NTFS Tips

About ntfsclone






Linuxの教科書―ホントに読んでほしいroot入門講座 (IDGムックシリーズ)Linuxの教科書―ホントに読んでほしいroot入門講座 (IDGムックシリーズ)

アイ・ディ・ジー・ジャパン 2007-10-06
売り上げランキング : 1456
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る

2009年5月29日 (金)

VMWare Fusion:GParted でのディスク・サイズの拡張に失敗

MacBookでは、物理マシンから仮想化した仮想マシンを立ち上げている。

もとの物理マシンのCドライブのディスクサイズは8GB。容量が心許ないのでディスクの拡張を試してみた。VMWare Fusion2、ゲストOSは軽いWindows2000sp4。

kishin Designさんとこの「VMware Fusionで仮想マシンのディスクサイズを変更」と同じように、GPartedのLiveCDで拡大をしてみる。

失敗。

Gpartedwindow04

このディスクには少なくとも2つのバッドセクターがあります。
物理的に壊れている可能性があります。
バックアップをとって、"chkdsk /r /f" をかけて、2度!、再起動してください。

 ↓

その通りにやってみる。

バックアップをとって、
Windowsのコマンド・プロンプトより


chkdsk c: /r /f


を実行して、
2度!、再起動。

 ↓

変化なし。

GPartedでディスクサイズの拡張を実行すると同じエラーが出てストップする。

@ITさんとこの「NTFSの修復法」によると、


chkntfs c:


を実行して問題なければ、問題はないらしい。

 ↓

実行してみた。

 ↓

問題はない。


元ディスクにトラブルがあって、物理ディスクから仮想ディスクにコンバートした時にそのまま仮想化したということだろうか。

悪あがきをしてみることにする。

次の記事につづく



1984といえば・・・(「1Q84」ネタなし)

1984に関連した作品で、今、すぐに思いつくのは・・・

アップル(当時は、Apple Computer Inc.)のテレビCM。





On January 24th,
Apple Computer will introduce
Macintosh.
And you'll see why 1984
won't be like 1984.


(1月24日、アップル・コンピューターはMacintoshを発表します。あなたは1984年が「1984」のようにならないことを知るでしょう。)

メモ
監督は「ブレード・ランナー」のリドリー・スコット。
ハンマーを投げる女性は"Anya Major"(アーニャ・メジャー?)。


映画「未来世紀ブラジル」

予告

メモ
1985年。英国。
原題: " Brazil "
監督は「モンティ・パイソン」のテリー・ギリアム。
1984年版「1984」

ブラジルとは、全編を通して使われている音楽"Aquarela do Brasil(ブラジルの水彩画)"から。
ARY BARROSO(アリ・バホーゾ)作曲。「ブラジル」「サンバ・ブラジル」ともよばれる。

テリー・ギリアム監督作品の「バンデッドQ」に始まり「バロン」で終わる3部作の第2作目。
共通テーマは、
「ぶざまなほど統制された[awkwardly ordered]人間社会の狂気と、手段を選ばずそこから逃げ出したいという欲求」
(craziness of our awkwardly ordered society and the desire to escape it through whatever means possible.)
(wikipedia)

オリジナル版(143分)と米国公開のためのハッピーエンド版(131分)の2つがある。DVD化されているのはオリジナル版。

未来世紀ブラジル [DVD]DVD未来世紀ブラジル [DVD]

販売元:ジェネオン エンタテインメント
発売日:2009/07/08
Amazon.co.jpで詳細を確認する






つい先日亡くなられた栗本薫の「ゲルニカ1984年
(うう・・・表紙画像がない。)
1987年発行。

ジョージ・オーウェルの1984へのオマージュとして書かれた作品。
1984年当時の日本社会が舞台。
タイトルから分かる通り「1984」に戦争(目の前で起こっている?いない?見ないふりしてる?戦争)を絡めた作品世界。

次に早川書房から出版された「滅びの風」と「ゲルニカ1984年」は社会的な不安感をメインテーマにしている。栗本薫のSF作品としてはちょっと異色。






2009年5月28日 (木)

「1Q84」、その音楽(本筋ネタなし)



1Q84(1)1Q84(2)


「1Q84」
「ねじまき鳥」、「海辺のカフカ」と同じ新潮社刊の書き下ろし作品。

新作が出るという話は全然知らなかったけれども、ちょっと前に村上春樹の作品ほとんどをまとめて読んだばかりで、あまりにタイミングがよかったので世間の盛り上がりの波に乗って読んでみた。
ブログネタにするのは ちょっとした実験。

音楽が作品の空気を感じさせるかというとちょっとだけ疑問符。

バックグラウンドで流して読むとまた読後感が違うのかもしれない。

近頃は、何かで話題になったらAmazonですぐに品薄になるので早めに注文。




バッハの平均律クラヴィーアというとグールド(私見)。
ボイジャーに乗って宇宙に行った演奏。


バッハ:平均律クラヴィーア曲集第1巻・第2巻(抜粋)Musicバッハ:平均律クラヴィーア曲集第1巻・第2巻(抜粋)


アーティスト:グールド(グレン)

販売元:SMJ(SME)(M)

発売日:2008/11/19
Amazon.co.jpで詳細を確認する




レオシュ・ヤナーチェク (wikipedia)

ヤナーチェク:シンフォニエッタMusicヤナーチェク:シンフォニエッタ

アーティスト:クーベリック(ラファエル)
販売元:ユニバーサル ミュージック クラシック
発売日:2005/09/21
Amazon.co.jpで詳細を確認する





抜粋CDでなく出来ればこっちのフルバージョンを買いたいけれど・・・

バッハ : 平均律クラヴィーア曲集 第1巻Musicバッハ : 平均律クラヴィーア曲集 第1巻

アーティスト:グールド(グレン)
販売元:ソニーレコード
発売日:1994/04/21
Amazon.co.jpで詳細を確認する

バッハ : 平均律クラヴィーア曲集 第2巻Musicバッハ : 平均律クラヴィーア曲集 第2巻

アーティスト:グールド(グレン)
販売元:ソニーレコード
発売日:1994/04/21
Amazon.co.jpで詳細を確認する

2009年5月24日 (日)

とうとう、Google先生から怒られた

(前記事)Google検索:daterangeオプションの限界とおかしな検索結果


daterange オプションの設定数値をいろいろ変えて、Googleを弄って遊んでいた。


Google先生から教育的指導がきました (^^;

Googlesorrywindow1



申し訳ありません

... コンピュータ ウィルスやスパイウェア アプリケーションの自動リクエストと類似したクエリが送信されました。ユーザーを保護するため、このリクエストをすぐに処理することはできません。

できるだけ早くアクセスを復旧しますので、しばらくしてからもう一度お試しください。お使いのコンピュータやネットワークがウィルスの被害にあっていると思われる場合は、ウィルスチェッカーやスパイウェア削除ツールを実行して、システムからウィルスや不正ソフトウェアを駆除してください。

引き続きこのエラーが表示される場合は、Google の Cookie を削除してから、Google に再度アクセスすると問題が解決する場合があります。 ブラウザ固有の手順については、お使いのブラウザのオンライン サポートセンターにお問い合わせください。

ネットワーク全体が影響を受けている場合は、Google ウェブ検索ヘルプ センターで詳細をご覧ください。

ご不便をおかけいたしますが、ご理解、ご対応のほどよろしくお願い申し上げます。 検索を続行するには、下に表示される文字を入力してください。


正しい認証コードを打ち込むと検索結果が表示される。

ふーん、こんな表示が出るのか・・・、と感じつつ、さらにいろいろとdatarangeの設定数値を変えて続けて検索。

ついに、Google先生から怒られました。∑(゚∇゚|||) ガーン


Googlesorrywindow2


Error We're sorry...

... but your query looks similar to automated requests from a computer virus or spyware application. To protect our users, we can't process your request right now.

We'll restore your access as quickly as possible, so try again soon. In the meantime, if you suspect that your computer or network has been infected, you might want to run a virus checker or spyware remover to make sure that your systems are free of viruses and other spurious software.

We apologize for the inconvenience, and hope we'll see you again on Google.




普通のGoogle検索は使えるけれど、daterangeを絡めた検索だと教育的指導がくるようになった (;´д`)トホホ…


さらに調子に乗って弄って、IPアドレスやMACアドレスが何かのブラックリスト(こういうものがあるのかどうかは知りません)に載ると大変なので、このあたりで一時撤退 。

MacBookとルータの電源おとして散歩にでも出かけますか。




頭がいい人の謝り方 これだけBOOK (これだけBOOK)Book頭がいい人の謝り方 これだけBOOK (これだけBOOK)

著者:本郷陽二
販売元:インデックス・コミュニケーションズ
Amazon.co.jpで詳細を確認する

Google検索:daterangeオプションの限界とおかしな検索結果

(前記事)Google:「何年何月から〜何年何月まで」と検索する期間を設定スル方法

Googleの検索では、daterangeオプションで「何年何月何日」から「何年何月何日」まで期間を限定して検索出来る。

この年月日は、そのページがGoogleにインデックスされた日、なのだそうだ。


なら、インデックスが残っている中での一番古いページを出すことが出来る?、と思ったので試してみた。

検索キーワードは"Hello World" その他。



結果:
ユリウス通日で2440587日
1969年12月31日(日本時間)。つまり、欧州時間で 1970年1月1日なのだろう。その日から検索結果が出てくる。

その前日、ユリウス日で2440586日にすると、検索結果がゼロになる。

2440586日

http://www.google.com/search?q=%22hello+world%22+daterange%3A1-2440586


Googledaterange2window2


2440587日

http://www.google.com/search?q=%22hello+world%22+daterange%3A1-2440587

Googledaterange2window1


なるほど。今のところ、Google先生は1970年以降しかインデックス・・・って、これ、変じゃね?

その頃にインデックス可能なサイトがあるわけがない(*1)
おまけに2440587日の検索結果に古いはずがないものが大量に表れる。

どうやら、UNIX時間のゼロ点、1970年1月1日0時0分0秒が反映されているようだ。

Googleのデータベースはどうなっているのやら。


ついでに、もう少し調べてみた。

UNIX時間の1970年1月1日(ユリウス通日で2440587日)の日時データであることが問題があるのなら、次の日なら大丈夫か?と考えてみた。

ユリウス通日は12時基準なので、1日ずらしても半日は重複してしまうので2日ずらして(ユリウス通日で2440589日)、その日だけに限定して検索。

http://www.google.com/search?q=%22hello+world%22+daterange%3A2440589-2440589

やはり変なサイトがいろいろ引っかかってくるが、検索結果数は決定的に減る。

The 100 oldest registered .com domains

Googledaterange2window3

とはいえ、その上位に出ているこのサイト
##TITLE## « Tell The World!


This entry was posted on January 2, 1970 at 8:00 am and is filed under Uncategorized. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. You can leave a response, or trackback from your own site.

このエントリーは1970年1月2日午前8:00にポストされました・・・って(笑)

1970年1月1日からあるし、Googleのインデックス日にはサーバの記録も影響を与えているのだろう。


あちこち調べてみたらSEO対策で「サイト開設からの経過時間(ドメイン名の登録日ではない)」が検索結果上位に表示する傾向があるらしい。
SEO対策担当者もなにかやっているのかもしれない。

参考:
うろぐさんとこの「google検索は古いネタが好き
Web担さんとこのForum「サイト/ドメイン名属性の要因 - グーグル&ヤフーのSEO 57要因 日米プロの重要度&コメント付き」(3つめの「サイト開設からの経過時間」の項目」)


daterangeオプションは、初手から使うのではなく、ある程度、絞り込むために使うのが適切な使い方のようだ。

っていうか、我ながら暇なことしてるなあ(^^



(*1)
1989年3月に、CERNでティム・バーナーズ=リー (Tim Berners Lee)が後にWWWに発展するプロジェクトを提案。
同年12月に世界初のウェブサーバとウェブブラウザでWWWを構築。
(wikipedia)
世界最古のドメインは1985年5月15日。SYMBOLICS.COM。



Googleを支える技術 ~巨大システムの内側の世界 (WEB+DB PRESSプラスシリーズ)BookGoogleを支える技術 ~巨大システムの内側の世界 (WEB+DB PRESSプラスシリーズ)

著者:西田 圭介
販売元:技術評論社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

2009年5月22日 (金)

Google検索での期間の絞り込み、20年(632447999秒)の制限

Google検索での期間設定。
(前記事「Google 検索ツール。検索結果を期間でさらに細かく絞り込む方法。」)

どうやら、20年くらいまでが選択できる限度らしい。
正確には632447999秒。
7320日マイナス1秒。

いつ検索してみても同じ結果で 632447999秒以内まで。


"welcome"というキーワードでググってみた。

URLはこう


http://www.google.com/search?q=welcome&hl=ja&tbs=qdr:s632447999


「632447999秒」
Google_window_qdr1

"past 632447999 seconds" と表示される。


"&tbs=qdr:s632448000" とし、 632448000秒以内に設定して検索実行。

「632448000秒」

Google_window_qdr2

"past 632448000 seconds"とは表示されない。

さらに期間での絞り込み設定には何かフィルタが入っているらしく検索結果の数が変わっている。
減るだけでなく増える場合もあった。

なぜ、この7320日という制限なのだろう?

海外SEO情報ブログさんとこの「Googleに初めてインデックスされた日付を知る方法」の記事で19年制限が示されている。この記事が2008年2月14日。以前からあったのだろう。

中途半端な日数なのでちょっと数字を弄ってみた。

7320日は1年を366日として計算すると20年ちょうど、そういう数字だった。

Google先生はあまり難しい計算式は使っていないようだ・・・

2009年はWWW20周年なので、そのくらいに設定しとけ、ということかな?

気になっていろいろ検索してみたけれども見つからない。

真実はインターネットのクラウド(雲)の向こうということか・・・




メモ:
7320日はGoogle電卓で計算。"632448000秒は何日?"と検索。ホント便利だな。

今日(2009年5月22日)から7320日逆算すると1989年5月7日。ちょっと便利帳で計算。あまり意味なし。

1989年3月に、CERNでティム・バーナーズ=リー (Tim Berners Lee)が後にWWWに発展するプロジェクトを提案。
同年12月に世界初のウェブサーバとウェブブラウザでWWWを構築。
(wikipedia)

世界最古のドメインは1985年5月15日。SYMBOLICS.COM。
The 100 oldest registered .com domains




今すぐ使えるかんたんmini グーグルGoogle検索&便利技 (今すぐ使えるかんたんmini)Book今すぐ使えるかんたんmini グーグルGoogle検索&便利技 (今すぐ使えるかんたんmini)


著者:AYURA

販売元:技術評論社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

2009年5月21日 (木)

アクセス解析

アクセス解析、この10日くらい分。

Windowaccess090520

耳式体温計の記事を書いた次の日にいきなり1000件越え。

時事ネタはさすがに強いな(笑)

適度に織り交ぜてみよう。


オムロン 耳式体温計けんおんくんミミ【税込】 MC-510 [MC510] オムロン 耳式体温計けんおんくんミミ【税込】 MC-510 [MC510]

販売元:Joshin web 家電とPCの大型専門店
楽天市場で詳細を確認する

物理マシンから変換したVMWare が変に重い。対策。

MacBookはメモリ2Gb搭載。
仮想マシンへは1GBを割り振り、3D描画オプションはオフ。

Windows2000を入れていた物理マシン(Cドライブは8GB)をVMWare Converterを使って仮想マシン化。たいした問題なく使っている。

ここのところどうも起動と終了がもたつくのでいろいろ調べている途中、イベントビューア(*1)も確認するとエラーがいくつか出ていた。

VMware Converter Service サービスへの接続中にタイムアウト (30000 ミリ秒) になりました。

VMware Converter Service サービスは次のエラーのため開始できませんでした: そのサービスは指定時間内に開始要求または制御要求に応答しませんでした。

物理マシンを仮想化したときにインストールしたVMWare Converter。
これは仮想後に自動的に削除されない。起動時に何か調べているのだろうか?

必要ないし、「アプリケーションの追加と削除」でサクッとアンインストール。

結果、起動と終了が軽くなった。
VMWareの動作に影響は出ていないようだ。


このエラーのキーワードでググってみたが、似た症状は見あたらない。
元マシンのトラブルを引きずっているとか、仮想マシン化したときのトラブルとか、何か個別のトラブルだろうか?


(*1) スタートメニュー>プログラム>アクセサリ>管理ツール。この中の「コンピュータの管理」を実行。
システムツールの中のイベントビューア。「システム」項目。



Vmware Fusion 2.0SoftwareVmware Fusion 2.0


販売元:アクト・ツー

発売日:2008/10/23
Amazon.co.jpで詳細を確認する

2009年5月18日 (月)

耳式体温計

新型インフルエンザのヒト・ヒト感染が確認され、地元の市街地でもマスク姿が多くなった。

のど風邪をひいて、平熱なのに咳がでるので外出時にマスクは欠かせない。
マスクの効果には賛否両論あるけれども、マスクをせずに咳をすると相当に冷たい目で見られてしまう。

それともう一点。

毎朝、基礎体温を測っています。
ひとつには自分がインフルエンザに感染していないことの確認と、もう一つはオフィスで今朝の体温をネタに話をして自分のセキを周囲の人に安心してもらうため。

ずっと安い電子体温計
OMRON 電子体温計 けんおんくん(わき・口中用) MC-170
を使っていたけれども、

正直なところ、朝の忙しいときに計測を待つのははっきりいってもどかしい。
5分なんて待っていられない。

目が覚めて、おもむろに枕脇の体温計をとって脇にはさむ。
待つ・・・、待つ・・・、グゥ・・・
待ってたつもりが、やべーっ!二度寝しちまったーっ、ってなことが・・・orz

そこで買いました。

耳式体温計 オムロン MC-510
オムロン 耳式体温計けんおんくんミミ【税込】 MC-510 [MC510]

目が覚めて、ベッドから起きて、ボケボケっとしている時に、耳に当てて「ピッ♪」


これは楽だ。

よし元気だ起きるぞ、という音にも聞こえる。


ヒトは楽なほうに流されていくことを実感した時でした。


オムロン 耳式体温計けんおんくんミミ【税込】 MC-510 [MC510] オムロン 耳式体温計けんおんくんミミ【税込】 MC-510 [MC510]

販売元:Joshin web 家電とPCの大型専門店
楽天市場で詳細を確認する

2009年5月14日 (木)

Google:「何年何月から〜何年何月まで」と検索する期間を設定スル方法

昨日の「Google 検索ツール。検索結果を期間でさらに細かく絞り込む方法。」の最後でポロッと書いた、Google検索で「何年何月何日から」〜「何年何月何日まで、期間をさらに絞り込む方法。

ありました・・・(^^;

パラメータで設定するのではなく、"daterange"という検索オプションを追加して使う。
しかし、設定日はユリウス通日を使わなければならない。

たとえば、この前のGWの土日祝日の5/2〜5/6なら、" daterange:2454833-2454837 " と設定する必要がある。

これは面倒くさい。


ところが、できるネット+さんとこの「Googleの「daterange:」で日付を指定します」によると、それを簡単に設定して検索するサイトがあるそうだ。

Google Daterange Checker
「 古本 BOOK STUDIO」のサービスでGoogleとは関係ないそうだ。

これは確かに便利。


日付変換でそれができればもっと便利になると思うが、そういう辞書はないのだろうか?


修正(5/21):間違って"datarange"と書いていた部分がありました。"daterange"の間違いでした。m(_ _)m




2009年5月13日 (水)

メモ、OperaでGoogle検索ツールを表示させるパラメータの追加

「環境設定」の「ウェブ検索」タブのGoogleを編集。

デフォルト


http://www.google.com/search?q=%s&sourceid=opera&num=%i&ie=utf-8&oe=utf-8


「ウェブ全体から検索」を常時ONにしたいので "&lr=" 追加。


http://www.google.com/search?q=%s&sourceid=opera&num=%i&ie=utf-8&oe=utf-8&lr=

「日本語のページを検索」とするには、"&lr=lang_ja"


「検索ツール」を最初に表示させるため”&tbo=1”追加。


http://www.google.com/search?q=%s&sourceid=opera&num=%i&ie=utf-8&oe=utf-8&lr=&tbo=1



もちろん、期間で絞り込みも出来るけどそこまではいらんかな。
たとえば、3ヶ月以内に更新された情報だけなら”&tbs=qdr:m3”追加。


http://www.google.com/search?q=%s&sourceid=opera&num=%i&ie=utf-8&oe=utf-8&lr=&tbo=1&tbs=qdr:m3







サラヤ ハンドラボ 薬用泡ハンドソープ 300mlHealth and Beautyサラヤ ハンドラボ 薬用泡ハンドソープ 300ml


発売日:2007/09/03
Amazon.co.jpで詳細を確認する


Google 検索ツール。検索結果を期間でさらに細かく絞り込む方法。

Googleでいろんな絞り込みが出来る「検索ツール」の運用がはじまった。
動画とかワンダーホイールとかあるけど、あちこちで総合的なレビューがあるので、ここでは、期間による検索結果の絞り込みについて試してみた。

「検索ツールを表示」というリンクが追加され、クリックすると左にメニューが表示される。

Google_window2

これまでも"as_qdr"パラメータを付け加えて、「このキーワードで1週間以内のニュース記事を!」とか検索結果の絞り込みをよくしていたので、これが簡単に直感的にマウスだけで使えて便利そうだ。


"メモノメモ"というキーワードでググって、検索ツールを別タブで表示させるとURL欄がこうなる。


http://www.google.com/search?q=メモノメモ&hl=ja&client=safari&rls=ja-jp&tbo=1

これから検索ツール表示のパラメータが "&tbo=1" であることが分かる。
値を0(ゼロ)にすると検索ツールが非表示となる。


さらに「24時間以内」で検索結果を絞ってみると別のパラメータ"&tbs=qdr:d" が付け加えられた。


http://www.google.com/search?q=メモノメモ&hl=ja&client=safari&rls=ja-jp&tbo=1&tbs=qdr:d

この "&tbs=qdr:d" の 最後の" d "は1日(day)の事。
1週間(week)以内は、"&tbs=qdr:w"
1年 (year) 以内は、"&tbs=qdr:y"

以下は、検索ツールのメニューに普段は表示されていない項目。

1ヶ月(month)以内は、"&tbs=qdr:m"
1時間(hour) 以内は、"&tbs=qdr:h"
1秒(second) 以内は、"&tbs=qdr:s"(笑)


年・月・週・日未満は日本語表示が対応していないらしく"past hour"とか英語で表示される。

さらにこれまで使っていた検索期間の設定パラメータ"as_qdr"と同じように2週間や3ヶ月という設定も出来る。

2週間(week) 以内は、"&tbs=qdr:w2"
3ヶ月(month)以内は、"&tbs=qdr:m3"
6時間(hour) 以内は、"&tbs=qdr:h6"
10秒(second) 以内は、"&tbs=qdr:s10"(笑)

ニュース記事を調べるのに便利。

「最近の結果」のパラメータは"&tbs=rcnt:1"。値を0(ゼロ)にすると「期間指定なし」となった。


最後に、as_qdrパラメーターも機能しているので、URLに直打ちでふたつの期間設定パラメーターを打ち込んでみた。結果、検索ツールの "tbs=qdr: " のパラメータの方が "as_qdr" のパラメータよりも優先された。


次は、「1年前から」〜「3年前まで」の期間の記事だけを検索・表示するという機能をつけてくれないかな。
News Timelineで似たことをしているのだから可能だと思うのだが。

追記(5/14):少し面倒だけど、方法がありました。次の記事にて。






咳がなかなか止まらない。熱は平熱。
家に帰ったらまず手洗いとうがい。けっこう効果が高いそうだ。

イソジン うがい薬 120ml【第3類医薬品】 イソジン うがい薬 120ml【第3類医薬品】

販売元:くすりの勉強堂@最新健康情報
楽天市場で詳細を確認する

2009年5月12日 (火)

OSX 10.5 Leopardのよく分からない拡張属性

OSXの拡張属性、@(アットマーク)付きファイル」の記事と、「OSXの拡張属性を付ける」の記事の補足修正。

よく分からないOSX 10.5 Leopardの拡張属性、EA (Extended Attributes)。
これが他のトラブルのもとになるのかどうかは分からない。

xattrコマンドで"com.apple.FinderInfo"を削除するとFinderでは見えるようになるけれども、BSDのファイルフラグの不可視属性は外れていなかった。

以下、確認。


$ touch testfile
$
$ ls -laO@ testfile
-rw-r--r-- 1 memonomemo staff - 0 5 11 20:08 testfile
(OSXの拡張属性なし。BSDのファイルフラグなし)
$
$ SetFile -a V testfile  ← 拡張属性に不可視属性を付ける。
$ ls -laO@ testfile
-rw-r--r--@ 1 memonomemo staff hidden 0 5 11 20:08 testfile
com.apple.FinderInfo 32
(OSXの拡張属性あり。com.apple.FinderInfo付き。BSDの不可視属性のフラグあり)
$ 
$ xattr -d com.apple.FinderInfo testfile  ← com.apple.FinderInfoを削除。
-rw-r--r-- 1 memonomemo staff hidden 0 5 11 20:08 testfile
(OSXの拡張属性なし。BSDの不可視属性フラグあり。しかしFinderでは表示される)
$
$ SetFile -a v testfile  ← 不可視属性を可視に変更
-rw-r--r-- 1 memonomemo staff - 0 5 11 20:08 testfile
(OSXの拡張属性なし。BSDのファイルフラグなし)

不可視属性の場合、Finderはcom.apple.FinderInfoを元にして可視か不可視かを決めていて、BSDのhiddenフラグは二次的なもののようだ。

xattrコマンドでEAを丸ごと削除するためでなければ、SetInfoコマンドかchflagsコマンドを使った方がよさそう。


ちなみに、"吾輩はブログである。名前は未だ無い"さんとこのSetFile / xattr コマンドによるクリエータコード・ファイルタイプ消去によると、SetFileコマンドは熱心にメンテナンスされていないツールらしい。
OSX 10.5 LeopardでもSetFileコマンドも問題なく使えるようだが、chflagsコマンドを使ったほうがいいのかもしれない。

メモ: 
OSX 10.4 Tigerのchflagsコマンドではhiddenというフラグは付けられない。Leopardで付けたhiddenフラグも表示されない。
man chflags で見てみると、Tigerのchflagsコマンドは"May 2, 1995"で、Leopardのchflagsコマンドは"May 14, 2005"。
Tigerでは、lsコマンドの"@"オプションは使えない。また大文字の"O"オプションでなく小文字の"o"オプション。



2009年5月11日 (月)

OSX 10.5 Leopardメモ、複数ファイルのロック設定と解除

終了したプロジェクトのファイル群。
フォルダごとまとめてロックをかけて保存する方法。逆にフォルダごとまとめてロック解除する方法

ターミナルで、chflagsコマンドを使用。

ロックをかけたいフォルダをFinderで選択しD&Dでターミナルに移してやれば移動する。

ロックする場合。

$ chflags -R uchg ./*


解除する場合。

$ chflags -R nouchg ./*


フラッグの確認方法


$ ls -lO


chflagsコマンドの解説がされているサイトでは"ls -lo"と小文字の"o"を使うと説明されているが、OSX 10.5 Leopardでは大文字の"O"にする。


ちなみにロックしたファイルのプロパティをWIndowsマシンからネットワークごしに確認すると「読み取り専用(R)」属性にチェックマークが入っているのが分かる。

親フォルダではチェックボックスはチェックマークでなく、一部ファイルだけ読み取り専用の状態の緑色の反転状態になっている。
これは".DS_Store"ファイルがロックされていないため。



2009年5月 9日 (土)

TimeMachineをTimeCapsule以外のNASに設定: ディスクの作成

(2010/01/20 追記)

NASへのTimeMachineのバックアップを暗号化」をブログに追加しました。

FileVaultを使わないTimeMachineのバックアップの暗号化。

(2010/01/20 追記ここまで)   




TimeMachineをTimeCapsule以外のNASに設定する時、ちょっと戸惑ったことがあったのでメモ。
TimeMachine用のディスクイメージの作成方法。

ディスクユーティリティでディスクイメージを作成。

OSX 10.5 Leopardでは、スパース・ディスクイメージ(sparse disk image)とスパースバンドル・ディスクイメージ(sparse bundle disk image)の2種類がある。
どうやら、スパースバンドルの方がTimeMachineのバックアップに適したイメージディスクらしい。

NASへ直接にイメージファイルを作成することは出来ないので、ローカルのHDDに作成してNASにコピーをする。

まず、新規に空のディスクイメージを作成する。
 ボリューム名は適当。
 ボリュームサイズは「100MB」。
 パーティションは「ハードディスク」。
 イメージフォーマットは「スパースバンドル・ディスクイメージ」。



Timemachine_disk_window

保存ファイル名は後で変えるので適当。「diskimage」とした。




パーティションの拡大。

このままだとこのイメージサイズは100MB なのでパーティションを広げてやる。

まず、ディスクイメージのマウントを解除する。

ディスクユーティリティで、そのディスクイメージを選択。マウントはしない。
メニューの「イメージ」>「サイズ変更」を実行する。

左の▼ボタンを押してオプションを開く。
「パーティションとイメージのサイズを変更」を選択し、上のスライドバーを使って拡大したいサイズまで設定する。今回は500GB とした。



Timemachine_disk_window2

これで「サイズ変更」を押せばイメージディスクの最大容量とパーティションサイズが変わるはずなのだが、なぜかパーティションサイズが変わってくれない。

ディスクイメージをマウントすると、パーティションの未使用領域があることが分かる。
右下に表示されている「総容量」が500GBなのに「ディスクサイズ」は100MB。


Timemachine_disk_window3_2

arthemiaさんとこの「TimeCapsuleじゃないNASを使って、TimeMachineを使ってみる」では、「イメージのサイズだけを変更」して、その後に「パーティションのサイズだけを変更」をする対応が書かれていたのですが、これを実行してみてもダメでした。

仕方ないので、手動でパーティションを設定してやる。



Timemachine_disk_window4

ついでに、MacOS9ドライバのインストールを止め。

これで、TimeMachine用の500GBのスパースバンドル・ディスクイメージが出来る。


後は、ファイル名をMACアドレス付きに変えて、TimeMachineがNASを認識出来るようにしてやれば終了。


2009年5月 8日 (金)

VMWare Fusionメモ、仮想ディスクの圧縮

仮想ディスクの圧縮が出来ないケース。

・「事前にディスク領域を割り当てる」設定にしている。
  そのチェックを外せば仮想ディスクの圧縮が出来るようになる。


[すべてのディスク領域を今すぐ割り当てる] このオプショ
ンを選択すると、仮想マシンのパフォーマンスはやや向上
します。ただし、すべてのディスクを割り当てると、その
後 VMware Tools のディスクを圧縮する機能が使用できなく
なります。すべてのディスク領域を割り当てることは多く
の時間を要する操作であり、途中でキャンセルできないう
えに、仮想ディスク用に指定したサイズと同じぐらい大き
な物理ディスク領域を必要とします。

VMware Fusion スタートガイド


市販のデフラグソフトは持っていないので試してはいない。
ただ、VMwareの挙動がもっさりとしてきたのでディスク領域を割り当ててみた。
しかしあまり変化は感じられなかった上、時間がたつと余計にもっさりしてきた。
そこでディスク領域の割り当てを解除して仮想ディスクを圧縮してみたら、体感速度で少しましになった。

デフラグソフトを使って連続した空き領域を確保してから、VMWareの仮想ディスクを最初から作成した場合なら「事前にディスク領域を割り当てる」設定にしても良いのだろう。


VMware Fusion 2.0 アカデミック版VMware Fusion 2.0 アカデミック版

販売元:アクト・ツー
発売日:2008/10/23
Amazon.co.jpで詳細を確認する

2009年5月 2日 (土)

メモ:padding

BLOCKQUOTEでインデントしていたけれども、CSSの記述に変更。


<p style="padding:0em 2em 1em 2em;border:outset;">
上:0em
左:2em
下:1em
右:2em

なぜか<p 〜>の前に空行を開けると表示がずれる。
前の文字との間に空行を空けないか改行"<br>"を挿入する。

OSXの拡張属性を付ける

前の記事「OSXの拡張属性、@(アットマーク)付きファイル」で拡張属性を削除した。

その逆。

ファイル名やフォルダ名の最初に ".(ドット)" を付けて不可視にしてもFinderからは簡単に閲覧できてしまう。
そこで拡張属性で不可視にしてみる方法。それと関連情報。


テキストエディットで適当な標準テキストファイル"textedit.txt"を作っていじってみる。
まずTerminalでファイルの情報確認。

前回の "xattr" コマンドでファイルの拡張属性をチェック


$ xattr -l textedit.txt
com.apple.TextEncoding: UTF-8;134217984


テキストのエンコーディングをShiftJISにした場合は"com.apple.TextEncoding: SHIFT_JIS;2561"と表示される。
このファイルには前回のような "com.apple.FinderInfo"は付いていないようだ。


次に"GetFileInfo" コマンドを使って詳細を見てみる。


$ GetFileInfo textedit.txt
file: "/Users/memonomemo/textedit.txt"
type: ""
creator: ""
attributes: avbstclinmedz
created: 05/02/2009 22:00:17
modified: 05/02/2009 22:00:17

"type" がファイルタイプ、 "creator" がクリエータ。
ちなみに、miエディタでテキストファイルを作ると昔ながらのファイルタイプとクリエータを書いてくれる。


$ GetFileInfo mimiedit.txt
file: "/Users/memonomemo/mimiedit.txt"
type: "TEXT"
creator: "MMKE"
attributes: avbstclinmedz
created: 05/02/2009 21:59:58
modified: 05/02/2009 21:59:58

"attributes" は属性。
大文字なら有効で、小文字なら無効。
たとえば、"v" はinvisibleで不可視属性。小文字なので可視。

この属性を変更するときは "SetFile" コマンドを使う。
不可視属性を付けるには、


$ SetFile -a V textedit.txt


外す場合は小文字に変える。


もし、前回の記事のように、 "xattr" コマンドで "com.apple.FinderInfo" を削除して拡張属性を削除していてもSetFileで付加すれば自動的に "com.apple.FinderInfo" が作成される。



$ ls -la@ textedit.txt
-rw-r--r--@ 1 memonomemo staff 0 5 2 22:00 textedit.txt
com.apple.FinderInfo 32
com.apple.TextEncoding 15


$ GetFileInfo textedit.txt
file: "/Users/memonomemo/textedit.txt"
type: ""
creator: ""
attributes: aVbstclinmedz
created: 05/02/2009 22:00:17
modified: 05/02/2009 22:00:17

属性の詳細。


A Alias file エイリアス
V Invisible 不可視
B Bundle
S System (name locked)
T Stationery
C Custom icon
L Locked ロック
I Inited
N No INIT resources
M Shared (can run multiple times)
E Hidden extension
D Desktop
Z Busy

参考サイト:
Hiro's Personal PagesさんとこのFile情報確認・変更

吾輩はブログである。名前は未だ無いさんとこのSetFile / xattr コマンドによるクリエータコード・ファイルタイプ消去



信州セラミックス アースプラス・マスク(50枚入り・Lサイズ・サージカルタイプ)Health and Beauty信州セラミックス アースプラス・マスク(50枚入り・Lサイズ・サージカルタイプ)

Amazon.co.jpで詳細を確認する

OSXの拡張属性、@(アットマーク)付きファイル

OSX 10.5 Leopardでの不可視属性。
外付けハードディスクに作ったフォルダ。
ターミナルで ls をかけると、謎の@(アットマーク)が付いていて、Finderからは見えなくなったフォルダが突然できた。


$ ls -la
drwxr-xr-x@ 9 memonomemo admin 306 4 29 18:44 etc


Onyx等を使って不可視属性を外してみても変わらない。
その "etc" フォルダを削除しゴミ箱を空にし、"新規フォルダ" フォルダを作成しコピーをしなおす。
この段階ではFinderから見えている。
しかし、"新規フォルダ" を "etc" に名前を変えるとFinderからは見えなくなる。


Finderから見えるようにする方法。


まず、Terminalで その不可視ファイルの情報確認。

ls コマンドのオプションに "@" を付けて表示。


$ ls -la@
drwxr-xr-x@ 9 xxxxxxxx admin 306 4 29 18:44 etc
com.apple.FinderInfo

"com.apple.FinderInfo" という拡張属性が付けられていることが分かる。これを削除。


$ xattr -d com.apple.FinderInfo etc


無事、Finderに表示されるようになった。

そもそも事の発端はCarbon Copy Cloner でのミラーリング。"etc"というフォルダ名が悪いのか、なぜかFinderフラグが変なことになったらしい。

追記(5/12):xattrコマンドでcom.apple.Finderinfoを削除しただけではBSDのファイルフラグが残ってしまう場合があるので、SetFileコマンドで可視属性に変えるか、chflagsコマンドで不可視の拡張属性をはずしてやる方がいいようだ。


参考サイト:
OS X ハッキング!(253) Leopard解体新書(4) ~拡張された拡張属性~

カスタムアイコンを削除する(xattr)




「レッドクリフ PartII」見てきた。
近頃流行りの三部作の大作でなかったのでちょっと安心。
Part1は劉備軍のターン、 Part2は孫権軍のターンという雰囲気。

レッドクリフ Part I スタンダード・エディション [DVD]DVDレッドクリフ Part I スタンダード・エディション [DVD]

販売元:エイベックス・マーケティング
発売日:2009/03/11
Amazon.co.jpで詳細を確認する

2009年5月 1日 (金)

TimeMachineのエラーその 12:まとめ

まとめ

TimeMachineで「バックアップの作成を完了できません。バックアップボリュームにファイルをコピー中にエラーが出ました。」というエラーが出たときの対策。

・HDDのルート上の不可視ファイル ".com.apple.timemachine.supported" 削除。
・本体内の "/Library/Preferences/" フォルダの "com.apple.TimeMachine.plist" 削除。
・HDD内にできていた "Backups.backupdb" の "YYYY-MM-DD-hhmmss.inProgress" 削除。
・HDDに不可視ファイル ".00xxxxxxxxxx"(x は半角英数字)があったらそれも削除。

ここで再起動。

・MacBookの「アクセス権の修復」を行う。

・ディスクユーティリティによる外付けHDDの「ディスクの修復」はMacBookからのブートではなくInstallDVDからブートして行う。

・復帰できずバックアップを新たに作り直す場合は"Backup.backupdb" はFinderで削除はせず、TimeMachineに入って削除をする。TimeMachineに入れない場合は仕方ないのでFinderで削除。


こういうところだろうか。

失敗談なので、これでうまくいく保証はありませんが。




肝臓の働きを助ける内服液飲んでへばる前に新ヘパリーゼドリンク  50ml×10本 肝臓の働きを助ける内服液飲んでへばる前に新ヘパリーゼドリンク  50ml×10本


販売元:クスリのゴクウ

楽天市場で詳細を確認する

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »