引っ越し先(別宅)

おすすめ

RSS

twitter

  • Speechballoonorangepicon150px @pelicanmemo

    記事にした話題の、書けなかった余談やその後の話。その時々のニュースでも深読み気味。

banner

ウェブページ

無料ブログはココログ

« TimeMachineをTimeCapsule以外のNASに設定: ディスクの作成 | トップページ | OSX 10.5 Leopardのよく分からない拡張属性 »

2009年5月11日 (月)

OSX 10.5 Leopardメモ、複数ファイルのロック設定と解除

終了したプロジェクトのファイル群。
フォルダごとまとめてロックをかけて保存する方法。逆にフォルダごとまとめてロック解除する方法

ターミナルで、chflagsコマンドを使用。

ロックをかけたいフォルダをFinderで選択しD&Dでターミナルに移してやれば移動する。

ロックする場合。


$ chflags -R uchg ./*


解除する場合。


$ chflags -R nouchg ./*


フラッグの確認方法


$ ls -lO


chflagsコマンドの解説がされているサイトでは"ls -lo"と小文字の"o"を使うと説明されているが、OSX 10.5 Leopardでは大文字の"O"にする。


ちなみにロックしたファイルのプロパティをWIndowsマシンからネットワークごしに確認すると「読み取り専用(R)」属性にチェックマークが入っているのが分かる。

親フォルダではチェックボックスはチェックマークでなく、一部ファイルだけ読み取り専用の状態の緑色の反転状態になっている。
これは".DS_Store"ファイルがロックされていないため。



« TimeMachineをTimeCapsule以外のNASに設定: ディスクの作成 | トップページ | OSX 10.5 Leopardのよく分からない拡張属性 »

Mac」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« TimeMachineをTimeCapsule以外のNASに設定: ディスクの作成 | トップページ | OSX 10.5 Leopardのよく分からない拡張属性 »