引っ越し先(別宅)

おすすめ

RSS

twitter

  • Speechballoonorangepicon150px @pelicanmemo

    記事にした話題の、書けなかった余談やその後の話。その時々のニュースでも深読み気味。

banner

ウェブページ

無料ブログはココログ

« 耳式体温計 | トップページ | アクセス解析 »

2009年5月21日 (木)

物理マシンから変換したVMWare が変に重い。対策。

MacBookはメモリ2Gb搭載。
仮想マシンへは1GBを割り振り、3D描画オプションはオフ。

Windows2000を入れていた物理マシン(Cドライブは8GB)をVMWare Converterを使って仮想マシン化。たいした問題なく使っている。

ここのところどうも起動と終了がもたつくのでいろいろ調べている途中、イベントビューア(*1)も確認するとエラーがいくつか出ていた。

VMware Converter Service サービスへの接続中にタイムアウト (30000 ミリ秒) になりました。

VMware Converter Service サービスは次のエラーのため開始できませんでした: そのサービスは指定時間内に開始要求または制御要求に応答しませんでした。

物理マシンを仮想化したときにインストールしたVMWare Converter。
これは仮想後に自動的に削除されない。起動時に何か調べているのだろうか?

必要ないし、「アプリケーションの追加と削除」でサクッとアンインストール。

結果、起動と終了が軽くなった。
VMWareの動作に影響は出ていないようだ。


このエラーのキーワードでググってみたが、似た症状は見あたらない。
元マシンのトラブルを引きずっているとか、仮想マシン化したときのトラブルとか、何か個別のトラブルだろうか?


(*1) スタートメニュー>プログラム>アクセサリ>管理ツール。この中の「コンピュータの管理」を実行。
システムツールの中のイベントビューア。「システム」項目。



Vmware Fusion 2.0SoftwareVmware Fusion 2.0


販売元:アクト・ツー

発売日:2008/10/23
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 耳式体温計 | トップページ | アクセス解析 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 耳式体温計 | トップページ | アクセス解析 »