引っ越し先(別宅)

おすすめ

RSS

twitter

  • Speechballoonorangepicon150px @pelicanmemo

    記事にした話題の、書けなかった余談やその後の話。その時々のニュースでも深読み気味。

banner

ウェブページ

無料ブログはココログ

« Opera:定番のカスタマイズ、oAutoPagerize、インストール | トップページ | Opera10 beta の日本語化 »

2009年6月 4日 (木)

Safari:定番のカスタマイズ、oAutoPagerize、インストール

Operaに続いてSafari でもバージョンアップ。ついでにメモ。

概略、
・SIMBL をインストール
・GreaseKit をインストール。
・"oAutoPagerize.js" と "0AutoPagerize.SITEINFO.js" ファイルをダウンロード。
・拡張子を"js"から'user.js"に変更。
・Safariのファイルメニュー > ファイルを開く で2つのjsファイルを開いてインストール。




以下、詳細、

SIMBL
Cocoaアプリケーションの機能拡張プラグイン。

現在の最新バージョンは、SIMBL-0.8.2.tbz

インストーラを実行。簡単。

GreaseKit
GreaseMonley用のスクリプトをSafariでも使えるようにするためのSIMBL対応プラグイン。

現在の最新バージョンは、GreaseKit-1.5.dmg。

ダウンロードしたdmgファイルをマウント。
中にある"GreaseKit.bundle" ファイルを " /Library/Application Support/SIMBL/Plugins " にコピーする。その際、認証が求められる。
Safariを再起動。

oAutoPagerize

最新版の ver.1.2.3 はSafariのためのバージョンアップなので、最新版をダウンロードしてくる。
"oAutoPagerize.js" と "0AutoPagerize.SITEINFO.js" ファイルをローカルに保存。

ファイル名を変更。拡張子 " js " を " user.js " に変更。


oAutoPagerize.js → oAutoPagerize.user.js

0AutoPagerize.SITEINFO.js → 0AutoPagerize.SITEINFO.user.js

Safariのファイルメニュー > ファイルを開く 、で2つのjsファイルを開く。

確認ウィンドウが出るのでインストールを実行。

完了。

Safarioautopagerize1






単に自分が食べたいから貼っているだけだったり。

 新杵堂 紅茶ロールケーキ 新杵堂 紅茶ロールケーキ
販売元:ニッセン
ニッセンで詳細を確認する

« Opera:定番のカスタマイズ、oAutoPagerize、インストール | トップページ | Opera10 beta の日本語化 »

Mac」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« Opera:定番のカスタマイズ、oAutoPagerize、インストール | トップページ | Opera10 beta の日本語化 »