引っ越し先(別宅)

おすすめ

RSS

twitter

  • Speechballoonorangepicon150px @pelicanmemo

    記事にした話題の、書けなかった余談やその後の話。その時々のニュースでも深読み気味。

banner

ウェブページ

無料ブログはココログ

« アメリカの気候変動法案 「クーリエ・ジャポン」2009年9月号 | トップページ | 「昭和のロケット屋さん」書評 ここまで言っていいの? »

2009年8月12日 (水)

メールを送ってMacをスリープさせる方法

便利な方法を見つけたので試してみた。

Macに作業をさせてて、あと30分で終わるのに外出しないといけないとき用。


Automator と Applescript と Mail.app の合わせ技。

出先からMacをスリープさせる方法 - log

元ネタ。英語だけど操作動画なので分かりやすい。
Sleep Your Mac by Email



・Automatorでワークフローを作成。

ライブラリにアプリケーション一覧が載っていない場合は、表示メニューの「アクションの表示順序」を「アプリケーション」に切り替える。

Mailsleepautomator1

ライブラリの
「Automator」を選んで、アクションの「一時停止」をD&D。
  設定は適当。元ネタに従って20秒とした。
「システム」を選んで、「Sleep」をD&D・・・

・・・のはずだったが、LeopardのAutomatorには「Sleep」アクションはインストールされていなかった。

そこでAppleの Automator Actions ダウンロードページから「Sleep」アクションをダウンロード。
Apple - Downloads - Automator Actions - Sleep
 mac-help.com というサイトからのダウンロードなのでそこでの登録(無料)が必要。

ワークフローを作成したら「Sleep_Mail」とか適当なファイル名で、アプリケーション・フォルダに保存。
フォーマットは「アプリケーション」。


・次に、スクリプトエディタで、さっき作ったAutomatorアプリを実行させるスクリプトを作成。

Mailsleepapplescript


tell application "Sleep_Mail" to run

適当なフォルダに保存。



・最後にMail.app でメール受信時の動作設定。

Mailsleepmail1

「環境設定」の「ルール」タブを開く。

「すべての」条件を適用。

自分の携帯電話からある件名のメールが来たら、スリープさせるApplescriptのスクリプトを実行、という設定をする。
念のため、そのメールの削除も実行。

もちろん、Mail.appは実行させておく。
メールの受信は1分おきにしておくと反応が早い。



熱帯夜もぐっすり眠れるスクリプトが欲しい今日この頃。





Eco&Cool タオルケット 22566Eco&Cool タオルケット 22566

ニーズ
売り上げランキング : 1327

Amazonで詳しく見る

« アメリカの気候変動法案 「クーリエ・ジャポン」2009年9月号 | トップページ | 「昭和のロケット屋さん」書評 ここまで言っていいの? »

Mac」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« アメリカの気候変動法案 「クーリエ・ジャポン」2009年9月号 | トップページ | 「昭和のロケット屋さん」書評 ここまで言っていいの? »