引っ越し先(別宅)

おすすめ

RSS

twitter

  • Speechballoonorangepicon150px @pelicanmemo

    記事にした話題の、書けなかった余談やその後の話。その時々のニュースでも深読み気味。

banner

ウェブページ

無料ブログはココログ

« 勝間和代 責任編集「いま、なぜアフリカなのか?」書評 クーリエ・ジャポン2009年10月号 | トップページ | 定番ソフト Synergy(SynergyKM for Leopard)、設定まとめ »

2009年9月16日 (水)

定番ソフト Synergy、QuickSynergyを入れてみた

MacOSXとWindowsやUnixを一つのキーボードとマウスで操作する定番ソフト「Synergy」。

MacOSX用のGUIソフトのQuickSynergyが出ていたので使ってみた。

Quicksynergyicon

quicksynergy - Project Hosting on Google Code
現在の最新版はVer.1.2。

Windowsマシンに入れるSynergyはここからダウンロード出来る。Synergy
現在の最新版はVersion 1.3.1。

サーバ側のSynergyを立ち上げて、ちょっと設定変更。
クライアント側のMacBookでQuickSynergyを起動し、サーバのWIndowsPCのIPアドレスを設定して、「Run」。

Quicksynergy

とても簡単。

注意が必要なのは、OSXマシンのホストネームを設定変更するときは "MacBook.local" のように、".local"まで付けて書く必要があるところ。

うまくつながらない時は、Synergy、QuickSynergyを終了させてもう一度立ち上げてみるとうまくいくかもしれない。

しかし、QuickSynergyは簡単にキーボード・マウスの一元化が出来るけれども、残念なことに一つしか設定できない。

SynergyKMだと、会社用と自宅用で別々の設定に出来る。
OSXのメニューバーのアイコンから簡単に切り替えることができるので、KMに戻しました。


参考:定番ソフト Synergy(SynergyKM for Leopard)、設定まとめ




ところで、サーバ側のPCに繋いでいるキーボードは、これ。

ぷらっとホーム Mini Keyboard III-R 英語版 HMB633PUS/Rぷらっとホーム Mini Keyboard III-R 英語版 HMB633PUS/R

ぷらっとホーム 2006-08-31
売り上げランキング : 72078

Amazonで詳しく見る

その大きさがMacBookのキーボードとほとんど同じ大きさなのは、とてもうれしい。

キーストロークはMacBookに比べればやや深めだけれども、むしろノートPCで育ってきた身にはちょうどいい打鍵感。

幅292mm奥行172mmの省スペースながらFnキーや機能キーをフル装備。

おまけに、IBM ThinkPadに使われているのと同じスティック・ポインタ装備。さらにホイール付きなので、取引先でマウスがないという非常時でもこれだけで作業可能。

値段が高いのが痛いけれども、安いけど変な配列の省スペースキーボードを買うよりは作業能率アップとストレス軽減で充分に元がとれています。
個人的なお奨めは英語配列キーボード。

日本語配列キーボードな方はこちら。



ぷらっとホーム Mini Keyboard III-R 日本語版 HMB633PJP/Rぷらっとホーム Mini Keyboard III-R 日本語版 HMB633PJP/R

ぷらっとホーム 2006-08-31
売り上げランキング : 47521
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る

« 勝間和代 責任編集「いま、なぜアフリカなのか?」書評 クーリエ・ジャポン2009年10月号 | トップページ | 定番ソフト Synergy(SynergyKM for Leopard)、設定まとめ »

Mac」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 勝間和代 責任編集「いま、なぜアフリカなのか?」書評 クーリエ・ジャポン2009年10月号 | トップページ | 定番ソフト Synergy(SynergyKM for Leopard)、設定まとめ »