引っ越し先(別宅)

おすすめ

RSS

twitter

  • Speechballoonorangepicon150px @pelicanmemo

    記事にした話題の、書けなかった余談やその後の話。その時々のニュースでも深読み気味。

banner

ウェブページ

無料ブログはココログ

« CarbonCopyCloner3.3にアップデート、ついでにエラーの対策 | トップページ | インフルエンザ対策。クレベリンとその濃度 »

2009年10月30日 (金)

Opera 10.01(Mac版) に自動アップデート

Opera10icon

Opera10が、10.01にアップデート。

どうやらサイレントアップデートがかかって、昨夜の作業途中、見ていない間に10.01がダウンロードされていたようだ。

起動時にインストール直後の「Operaにようこそ」画面が表示され、カスタマイズしたキーボード・コンビネーションが使えなくなっていたので気付いた。

セキュリティ修正3件と安定性とセキュリティの向上。


自動アップデートの設定変更は、[ 環境設定 ]から、[ 詳細設定 ]タブ の[ セキュリティ ]項目のオートアップデートで行う。
あるいは、"opera:config" で設定画面を表示させて、"Level Of Update Automation" 項目の設定を変更。
0・・・アップデートを確認しない
1・・・利用可能なアップデートについて通知する
2・・・アップデートを自動でインストール

オートアップデートは便利だけど、とりあえずはアップデートについて通知する設定に変更。

同じく設定画面、
"Update Check Interval" はアップデートをチェックする間隔。リセットの設定値は259200秒(3日)。

"Auto Update State"はアップデート・ダイアログ画面での設定値のようだ。
「後で通知する」ボタンを押した後に設定画面を読み込んだら「2」になったので、多分「ダウンロードしてインストールする」が「1」。起動時は常に「0」。Opera起動中だけ機能しているのだろう。

メモ
Opera10になって最初の自動アップデートのはずなのに、いきなりサイレントアップデート。今回のアップデート時にダイアログを見た覚えがない。謎。
脊髄反射的にリターン押してアップデートしたのだろうか?

まずいな。
Operaからのお知らせに似せたダイアログを出すワームが出来たらひっかかりそうだ。

追記(10/31)
タイトル微調整






手帳300%活用術手帳300%活用術
日本能率協会マネジメントセンター

日本能率協会マネジメントセンター 2009-10-23
売り上げランキング : 2678

Amazonで詳しく見る

« CarbonCopyCloner3.3にアップデート、ついでにエラーの対策 | トップページ | インフルエンザ対策。クレベリンとその濃度 »

Mac」カテゴリの記事

Opera」カテゴリの記事

コメント

スパム・コメントを1件削除しました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« CarbonCopyCloner3.3にアップデート、ついでにエラーの対策 | トップページ | インフルエンザ対策。クレベリンとその濃度 »