引っ越し先(別宅)

おすすめ

RSS

twitter

  • Speechballoonorangepicon150px @pelicanmemo

    記事にした話題の、書けなかった余談やその後の話。その時々のニュースでも深読み気味。

banner

ウェブページ

無料ブログはココログ

« 「ドイツで壮大なる死体ゴッコどっきり?」というか、反・原発キャンペーン | トップページ | Opera 10.53 キーコンビネーション。タブの切り替え出来ないトラブル対策。 »

2010年6月 8日 (火)

Opera 10.53にアップデート。日本語入力のトラブル解消法(一部)

Opera10icon

やっとOpera 10.53(Intel Mac)にアップデート。

あちこちで報告されているように、日本語入力でトラブルが多い。

まず、F7キーを使ってカタカナ変換、F8キーで半角カタカナ変換が効かないことに気付く。

とりあえず、その解消方法。

Operaでは、F7キーはホットリストにF8キーはURL欄にフォーカスする設定になっている。Opera10.10 でもそうなっているが日本語入力で問題は起きなかった。

どうもOpera10.53では、かな漢字変換のキー入力よりもOperaのキー入力の方が優先されているらしい。
Operaの設定を変更すると解消される。



Operaのパッケージを開いて、Contents/Resources/ui/の中の "standard_keyboard.ini"を書き換える。 エンコーディングはUTF-8で開く。

"F7" や "F8" で検索をかければ、Opera10.53が設定している項目が見つかるので、行の頭に半角のセミコロン(;)を挿入してコメントアウトさせる。

F7は1カ所。F8は2カ所。



無事にF7キー、F8キーでのかな漢字変換が効くようになった。



(追記6/9)
Opera日本語フォーラムに関連情報があった。
ファンクションキーを用いたカタカナへの変換について - パソコン向け Opera 関連 - 日本語
F7も効かないし、連文節変換もダメ(日本語入力全体の問題?) - パソコン向け Opera 関連 - 日本語

早く対策されることを期待しよう。



その他、
環境設定で、アップデートが「自動にインストール」になっていたので、通知だけに切り替え。

ウェブページをPageUp/PageDown する際、うにょ〜っと止まるのが気になったので、opera:config で設定ウィンドウを出して、"Smooth Scrolling" を無効に設定。

日本語入力でCPU使用率が大きくなるトラブルが報告されているけれども、うちの環境では問題なし。



これからの「正義」の話をしよう――いまを生き延びるための哲学これからの「正義」の話をしよう――いまを生き延びるための哲学
鬼澤 忍

早川書房 2010-05-22
売り上げランキング : 8
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る

« 「ドイツで壮大なる死体ゴッコどっきり?」というか、反・原発キャンペーン | トップページ | Opera 10.53 キーコンビネーション。タブの切り替え出来ないトラブル対策。 »

Opera」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1205703/35138331

この記事へのトラックバック一覧です: Opera 10.53にアップデート。日本語入力のトラブル解消法(一部) :

« 「ドイツで壮大なる死体ゴッコどっきり?」というか、反・原発キャンペーン | トップページ | Opera 10.53 キーコンビネーション。タブの切り替え出来ないトラブル対策。 »