引っ越し先(別宅)

おすすめ

RSS

twitter

  • Speechballoonorangepicon150px @pelicanmemo

    記事にした話題の、書けなかった余談やその後の話。その時々のニュースでも深読み気味。

banner

ウェブページ

無料ブログはココログ

« Opera 10.53 キーコンビネーション。タブの切り替え出来ないトラブル対策。 | トップページ | クーリエ・ジャポン 2010年7月号(新装刊) »

2010年6月11日 (金)

Opera 10.60 alpha を試してみた

Opera10icon

Opera 10.53 に移行したばかりだけどOpera 10.60alpha も試してみた。

現在の最新ビルドは、Build8372 (Opera Desktop Team

前々回に書いたF7キー・F8キーで日本語変換が効かないトラブルや、前回に書いた" Command + 中カッコ { } "でタブの切り替えが出来ないトラブルはOpera10.6でも相変わらず。
Opera10.53と同じく、とりあえずの対処は可能。

(追記:6/26)
Opera 10.60 beta Build 8398(Final) で修正されていました。

ツールバーの検索窓で日本語検索をする時に矢印キーで変換候補の選択が出来ないトラブルも解消。
他にもいろいろ修正されています。
(追記ここまで)

カスタマイズしたショートカットキー操作でBEEP音が鳴るのも、仕様なのかと思うくらい変化なし。

クラッシュすることもあるけれども、Opera10.53とそれほど変わらないかちょっと多い程度。

こう言っちゃなんだが、Macの日本語環境ならOpera10.53を使うよりはOpera10.60alphaを使って見る方がいいかもしれない。

重要なサイトはOpera10.10かSafariで開いて、Opera10.6xの日本語環境でのクラッシュやバグのレポートを送信して虫退治に参加。



不具合なメモ

Windows版Operaの10.5x・10.60アルファではタブの分離が出来るのに、未だにMac版Operaでは出来ない(Safari4やFirefox363では出来る)。
Operaのウィンドウの外へタブをD&Dすると、Opera10.53では Webloc(Webインターネットロケーション)ファイルが作られ、Opera10.60アルファではタブ画像のピクチャクリッピング・ファイルが作られる。

Opera10.53まででは、タブを摘んでD&Dして、DockのSafariやFirefoxのアイコンに重ねると、そのブラウザで同じウェブページを開くことが出来る。
しかし、Opera10.60alpha では、同じ事をするとOpera10.5xやSafariは立ち上がるけれども、そのページのタイトルでネット検索される。Firefoxは無反応。

アルファ版だし、そのうち修正されるだろう。






初めてのJavaScript 第2版初めてのJavaScript 第2版
武舎 広幸

オライリージャパン 2009-11-30
売り上げランキング : 52366

Amazonで詳しく見る

« Opera 10.53 キーコンビネーション。タブの切り替え出来ないトラブル対策。 | トップページ | クーリエ・ジャポン 2010年7月号(新装刊) »

Opera」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1205703/35204633

この記事へのトラックバック一覧です: Opera 10.60 alpha を試してみた:

« Opera 10.53 キーコンビネーション。タブの切り替え出来ないトラブル対策。 | トップページ | クーリエ・ジャポン 2010年7月号(新装刊) »