引っ越し先(別宅)

おすすめ

RSS

twitter

  • Speechballoonorangepicon150px @pelicanmemo

    記事にした話題の、書けなかった余談やその後の話。その時々のニュースでも深読み気味。

banner

ウェブページ

無料ブログはココログ

« 【動画】中国の飛行機事故での「日本式」謝罪会見 | トップページ | 「レアアースため込む日本、中国に輸出制限緩和を要求」 中国メディアで転載・編集され、削除された部分 »

2010年9月 8日 (水)

「レアアースため込む日本、中国に輸出制限緩和を要求」 変な記事の背景

Rareearthoxides
(wikimedia commons)

レアアースため込む日本、中国に輸出制限緩和を要求

人民網日本語版 via. 化学業界の話題

記事で気になる部分があった。

日本や米国などのレアアース使用大国は、中国からレアアースを安く購入してため込み、戦略的備蓄としている。
ある消息筋によると、日本が海底に貯蔵するレアアースは、少なく見積もっても今後20年分はあるという。
(中略)
内蒙古自治区のある業界関係者の見積もりでは、日本が貯蔵するレアアース資源は今後40-50年分は優にあるという


日本が海底に貯蔵するレアアース???



化学業界の話題さんとこでは、日本の国家備蓄制度にはレアアースは含まれておらず、経済産業省は備蓄対象にする方向で検討している、と反論している。



なぞの金属・レアメタル ~知らずに語れないハイテクを支える鉱物資源~ (知りたい!サイエンス)なぞの金属・レアメタル ~知らずに語れないハイテクを支える鉱物資源~ (知りたい!サイエンス)
福岡 正人

技術評論社 2009-02-05
Amazonで詳しく見る

海底に貯蔵という意味不明な部分が気になるし、案外、単なる翻訳ミスかもしれないと思い、元記事をあたってみた。

元記事は、河南省の新聞「河南日報」が運営するニュースサイト「大河網」に9月4日掲載された「日本强压中国贱卖稀土 囤积够用数十年仍对华施压-大河网」。
(日本語適当訳:「日本はレアアースを数十年分も貯め込みながら、中国には安く売れと強い圧力をかけている」)

これを人民網が一部転載した。

9/10補足記事 「 中国メディアで転載・編集され、削除された部分
9/23補足記事 「補足、海底に20年分とはどこから出てきたか?
9/25補足記事「日本は20年分のレアアースを海底に「備蓄?」/「ためこむ?」 日本を狙い撃ちにした表現


問題の箇所は、

有消息称,日本存于海底的稀土至少可供其使用20年。

誤訳というわけではなさそうだ。

ーー(9/9補足)ーーーーーーーーー
その次の「日本が貯蔵するレアアース資源は今後40〜50年分は優にあるという」の箇所は、

日本储存的稀土资源甚至已够用四五十年。

で、はっきりと「貯蔵」と書いているので、上の箇所の「貯蔵」の訳は誤訳ではないと思う。

蛇足:
中日辞典で調べると、「储藏」なら「埋蔵」の意味もあるが、「储存」は「貯蔵」「蓄える」という意味だけになる。
ーー(9/9補足、ここまで)ーーーー

なら、海底のレアアース(希土類)って何だ?



海底にある希土類というとすぐ思いつくものがある。

(日本に極秘のレアメタル・レアアース海底備蓄基地があるなら、複雑な気分だけどよく作ったと言いたい。)

この「海底に蓄えているレアアース」は、日本のEEZのマンガン団塊、コバルトリッチ・クラスト(CRC)、熱水鉱床に含まれている希土類元素のことを言っているのじゃないだろうか。

日本国内の(陸上の)マンガン鉱山の保存サンプルを分析したところ、鉄とマンガンをほぼ同僚含むタイプの鉱床は、希土類元素を数千ppm含むことが分かっている。
これは中国の代表的な鉱床である風香花崗岩の数百ppmを上回る。
これらの鉱石を含む鉱床では、希土類元素は海底熱水活動に伴われて沈殿し濃縮されたと考えられている。
(参照:産総研:プレス・リリース 重希土類元素に富む層状マンガン鉱床の特徴を把握



海底鉱物資源—未利用レアメタルの探査と開発—海底鉱物資源—未利用レアメタルの探査と開発—
臼井 朗

オーム社 2010-04-28
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る

今年、4月25日に日本政府の総合海洋政策本部がまとめた「海底資源エネルギー確保戦略」が明らかになった。(参照

海底資源エネルギー確保戦略では、EEZでの海底熱水鉱床・CRC・マンガン団塊の本格的探査、採鉱・揚鉱システムの開発等と、平成30年度を目処にして商業化を検討している。(参照(pdf)

これに対して中国メディアは、領海問題に絡んで非鉄金属鉱物資源が新たな注目点になったと、敏感に反応をしている。(参照:中国網_日本語

日本メディアは普天間問題で大騒ぎの頃。



8月末に北京で行われた「日中ハイレベル経済対話」でも中国のレアアースの輸出規制と対応について話し合われたが進展はなかった。

続けて、9月5日から、経団連の米倉会長らが参加する日中経済協会訪中代表団が中国を訪れている。(参照
北京や河南省を訪れて、産業政策を担う政府関係者らとも環境、省エネ分野などで意見交換し、レアアースの輸出規制緩和について協力を求めるそうだ。

河南省の新聞の9月4日の記事はこの訪中に対するものだろう。

不当な圧力をかけている日本、利益ひとり占めのずるい日本、道理をわきまえた対応をしている中国、と、こういう雰囲気を作りたいようだ。



それにしても、まだ調査段階で、採掘コストの試算や、製錬はおろか採鉱もされていないものを持ち出して「日本が海底に貯蔵するレアアース20年分」とは、まったく恐れ入る。



ーー(修正・補足)ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
元は、同社の日刊新聞「大河报」の記事らしい。

さらにその元記事は、世界新闻报の記事「日本强压中国贱卖稀土 要求中国继续竭泽而渔 - 新闻 - 国际在线」と思われる。記者は「本报记者/王菊芳」

記事の中で、都合悪そうなところを削って大河網の記事になり、さらに削って人民網に転載されている。
ーー(修正・補足、ここまで)ーーーーーーーーーーーーーーー


レアメタル・パニック Rare Metal Panic (光文社ペーパーバックス)
レアメタル・パニック  Rare Metal Panic (光文社ペーパーバックス)中村 繁夫

おすすめ平均
stars「資源戦略=安全保障」です。危機感が伝わりました。
stars失敗も大きければ成功も大きい
starsバイブルとなる本!
stars現代のヤマ師の奮闘録
stars資源ナショナリズム

Amazonで詳しく見る


« 【動画】中国の飛行機事故での「日本式」謝罪会見 | トップページ | 「レアアースため込む日本、中国に輸出制限緩和を要求」 中国メディアで転載・編集され、削除された部分 »

国際」カテゴリの記事

経済・政治」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1205703/36614479

この記事へのトラックバック一覧です: 「レアアースため込む日本、中国に輸出制限緩和を要求」 変な記事の背景:

« 【動画】中国の飛行機事故での「日本式」謝罪会見 | トップページ | 「レアアースため込む日本、中国に輸出制限緩和を要求」 中国メディアで転載・編集され、削除された部分 »