引っ越し先(別宅)

おすすめ

RSS

twitter

  • Speechballoonorangepicon150px @pelicanmemo

    記事にした話題の、書けなかった余談やその後の話。その時々のニュースでも深読み気味。

banner

ウェブページ

無料ブログはココログ

« 「ダンナは海上保安官」というマンガ | トップページ | Amazon.co.jp からDRMフリーのMP3ダウンロード開始。・・・ちょっと微妙 »

2010年11月 8日 (月)

「ヘッテルとフエーテル 〜本当に残酷なマネー版グリム童話〜」というマネー書

ヘッテルとフエーテル 本当に残酷なマネー版グリム童話ヘッテルとフエーテル 本当に残酷なマネー版グリム童話
マネー・ヘッタ・チャン

経済界 2009-11-25
売り上げランキング : 8961
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る

経済書のコーナーにあったので、財布のお金が「減ってる」と「増えーてる」というのは何となく分かった。

書店をぶらついていて、ちょっと変わったタイトルに引かれ少し読んでみて衝動買い。
ストレスが溜まると衝動買いが増える。いかんなあ。

著者のスタンスは「小難しい事を簡単に」「人間は過去をくり返す生き物である」。
そのスタンスで童話を下地に書かれた、身近なマネーのブラックユーモア集。



個人的にツボに嵌ったのは、「カネヘルン(金減るん)の笛吹き」のお話。
(これは童話でフィクションです。)

ある日、OLのヘッテルさんは、ミセス・インディの流行り本を読んでやる気になりました。

断る力を持って自分の人生を歩めば、起きることは全て正しい。

ヘッテルさんは、会社に人生を預けてたまるかと嫌な仕事は断り、マインドマップやライフハック、自転車に水泳をはじめました。本で薦められた投資信託を買って、ミセス・インディの言う、年収1000万円以上とかの、男性に求める三要件を信じて実行してみました

・・・

結局、ヘッテルさんは、ミセス・インディの言うことを真似したけれど、会社ではリストラ対象になったり、三要件に合わないからと高望みして婚期を逃したり、薦められていた投信は半値になったり・・・
もうかったのは・・・



これは童話だから実在の人物や組織には関係ございません、だろうけど、こんなことネタにして本にしていいのかな?

マネー本というか、ネタ本としてけっこう面白く読めた。

女性と上司にはネタにはしてもプレゼントしない方がいい本だ。特に投資に興味がありそうな人にはキツいので、友達を無くしたり仕事を無くすリスクが高い。

しかし、これを読んで鼻であしらえる女性だったら、その人と本気で付き合うことも考えてみるのもいいかもしれない。

ただし三要件に合わないからと断られたら、むしろ断られたことをラッキーだと考えるべきかも。



ヘッテルとフエーテル 本当に残酷なマネー版グリム童話
ヘッテルとフエーテル 本当に残酷なマネー版グリム童話マネー・ヘッタ・チャン

おすすめ平均
starsオトナだましの実用的な社会勉強テキスト
stars興味がわいた1冊
stars荒稼ぎ亡者の怖さを再確認できる
starsお金にまつわるブラックユーモア溢れる話
starsかなりの良書。ここ数年で一番のヒット

Amazonで詳しく見る


メモ
ミセス・インディが印税の一部をNPO支援とか書いてた本。実は印税は銀行に預けたまま、ってホントか?本当だったら酷いな。

(追記11/12)
本人が対談で言っていたそうだ。
(追記ここまで)

« 「ダンナは海上保安官」というマンガ | トップページ | Amazon.co.jp からDRMフリーのMP3ダウンロード開始。・・・ちょっと微妙 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 「ダンナは海上保安官」というマンガ | トップページ | Amazon.co.jp からDRMフリーのMP3ダウンロード開始。・・・ちょっと微妙 »