引っ越し先(別宅)

おすすめ

RSS

twitter

  • Speechballoonorangepicon150px @pelicanmemo

    記事にした話題の、書けなかった余談やその後の話。その時々のニュースでも深読み気味。

banner

ウェブページ

無料ブログはココログ

« クーリエ・ジャポン12月号 火種は「尖閣」だけじゃない! よくわかる「中国の膨張戦略」 | トップページ | 「ヘッテルとフエーテル 〜本当に残酷なマネー版グリム童話〜」というマネー書 »

2010年11月 7日 (日)

「ダンナは海上保安官」というマンガ

ダンナは海上保安官ダンナは海上保安官
林 まつり

ぶんか社 2010-07-02
売り上げランキング : 172166
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る

「ダンナは海上保安官」
林まつり 著

本屋をぶらついてて、時節柄「Japan Coast Guard」の船のイラストと「海上保安官」のタイトルに釣られて衝動買い。

ほんと、日本のマンガには何でもあるな。

海保ものの漫画というと、実写映画にもなった「海猿」が有名だけど、これは海上保安官と結婚した人のエッセイ・マンガ。

海上保安官のダンナがいい感じに力が抜けていて面白い。海上勤務の生活パターンなんてものがかいま見える。

ぶんか社の煽り文句に釣られて「海猿」の世界の舞台裏を期待すると、肩に力が入りすぎて溺れてしまうかもしれない。

これも、とある海上保安官の日常なのだし、緊迫した仕事内容ばかりじゃい方がいいのも確かだし。



海上保安庁の仕事-素顔の“海猿”に迫る!-海上保安庁の仕事-素顔の“海猿”に迫る!-
「海上保安庁の仕事」編集委員会 編

成山堂書店 2010-09-07
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
海上保安庁の力 2―もっと知りたい! 海猿の世界 (イカロス・ムック)海上保安庁の力 2―もっと知りたい! 海猿の世界 (イカロス・ムック)

イカロス出版 2010-09-04

Amazonで詳しく見る

« クーリエ・ジャポン12月号 火種は「尖閣」だけじゃない! よくわかる「中国の膨張戦略」 | トップページ | 「ヘッテルとフエーテル 〜本当に残酷なマネー版グリム童話〜」というマネー書 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「ダンナは海上保安官」というマンガ:

« クーリエ・ジャポン12月号 火種は「尖閣」だけじゃない! よくわかる「中国の膨張戦略」 | トップページ | 「ヘッテルとフエーテル 〜本当に残酷なマネー版グリム童話〜」というマネー書 »