引っ越し先(別宅)

おすすめ

RSS

twitter

  • Speechballoonorangepicon150px @pelicanmemo

    記事にした話題の、書けなかった余談やその後の話。その時々のニュースでも深読み気味。

banner

ウェブページ

無料ブログはココログ

« Opera11 「翻訳」機能拡張を使い比べてみた | トップページ | 靴底の補修剤(サンスター・熱硬化型とシューグー・溶剤型)を試してみた »

2010年12月22日 (水)

Mac用 無償アンチウィルスソフト「Sophos Anti-Virus for Mac Home Edition」を使ってみた

Sophos_icon

MacBookのセキュリティが気になる昨今、

ソフォスから「Sophos Anti-Virus for Mac Home Edition」が無料で提供されていたので使ってみた。
(参照:ソフォス、Sophos Anti-Virus for Mac Home Edition を無料で提供



ダウンロード(Sophos Anti-Virus for Mac|DATA-PROTECT.JP)

無償使用は個人使用のみで、サポートは提供されない。

システム要件は、CPUはIntelMac, PPCMac対応。OSはMac OS X 10.4 (Tiger)、10.5 (Leopard)、10.6 (Snow Leopard)。BootCampには非対応。

メニューその他は日本語表示。

Sophosav6

インストールしてみたところ、そのバージョンは7.2.2C、エンジンバージョンは3.14.1なので、「Sophos Anti-Virus for Mac OS X バージョン 7」をそのまま無償提供しているだろうか。



気になるCPUパワーの消費と速度低下だが、1ヶ月ほど使ってみたがまったく気にならない。

テストウィルスを見つけた時に警告ダイアログが出て隔離ウィンドウを表示するので、瞬間的にCPU占有%が増えるが、スキャン中はほとんど上がらなかった。

かなりお奨め。

TDK USBメモリ 4GB セキュリティ対応 ブラック UFD4GS-TBATDK USBメモリ 4GB セキュリティ対応 ブラック UFD4GS-TBA

TDK Media 2009-06-01
売り上げランキング : 359

Amazonで詳しく見る


Sophosav1

インストーラ・パッケージを実行すると、製品情報と、使用許諾契約などのダイアログが出て、そのままインストール。



構成は、「Sophos Anti-Virus」本体と「隔離マネージャー」から成る。

「Sophos Anti-Virus」本体は、アプリケーションフォルダからとメニューバーのアイコンから実行出来るが、ファイルアクセスがあった時に自動的にスキャンされ、ウィルスやマルウェアだったら隔離されるので普段は特に気にすることはない。定義ファイルのアップデートも自動的に行われる。

Sophosav12

試しにテストウィルス"eicar"を使ってみた。

外付けHDDにeicarを拡張子を変えて忍ばせてみたところ、そのファイルに何らかのアクセスがあった時にアラート・ダイアログが出て隔離マネージャーに追加された。

Sophosav7

また、Thunderbirdでeicar入りのファイルを潜ませた圧縮ファイルを添付送信しようとしたが、送信前にSophosAVが見つけ隔離をした。メールは、エラーダイアログが出て送信されない。

Sophosav9



MacBookのハードディスク全体をスキャンしてみたところ、eicarテストウィルスと、かなり前にニュースで見て保存してた(らしい)すっかり忘れてたEvilMaidUSBウィルス(?)が発見された。

Sophosav8

たったこれだけしかないものか? とも思ったけれども、実際問題、MacBookで変なファイルはダウンロードしないし、危なそうなファイルだったらVMWareのWindowsでウィルススキャンしている。

メールはGMailをフィルターにしているから添付ファイル経由で入り込む心配は少ない。

さらに、AVG LinkScannerが組み込まれているOperaをメインブラウザとして使っているから、変なサイトのスクリプトからブラウザ脆弱性を突かれる危険性も低い。



Sophos Anti-Virusも入れて、さらに安全になるなあ (ノ´∀`)ノ




ソフォスには多くのMacのマルウェア情報が集約されているそうだ。
(参照:ソフォスの無料の Mac 用ウイルス対策製品、使用ユーザー15万人に急増中、マルウェアも多数発見される



図解入門 よくわかる最新情報セキュリティの基本と仕組み―基礎から学ぶセキュリティリテラシー (How‐nual Visual Guide Book)図解入門 よくわかる最新情報セキュリティの基本と仕組み―基礎から学ぶセキュリティリテラシー (How‐nual Visual Guide Book)
相戸 浩志

秀和システム 2010-03
売り上げランキング : 32063

Amazonで詳しく見る

« Opera11 「翻訳」機能拡張を使い比べてみた | トップページ | 靴底の補修剤(サンスター・熱硬化型とシューグー・溶剤型)を試してみた »

Mac」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。ヒゲと申します。

早速ですが、sophosフリー版には「サイトのスクリプトからブラウザ脆弱性を突かれてウィルス等をバックグラウンドでダウンロードされる機能のブロックは無いのでしょうか?

兄が初めてMac Airにしたので、アンチウィルスソフトはsophosが評判良い見たいと私が勧めました。
それで、webサイトからスクリプト等でウィルス等をバックグラウンドでダウンロードされないか心配しています。
そんなに心配なら有償版のソフトにしろと言いたい所ですが、勧めた手前、いろいろ検索していますが、ヒットしません。

私自身、macユーザーではないので、macのことを知らないってのもあります。

ここのブログを読むと、AVG LinkScanner有りのOperaを使われているようですので、sophos単体には、上記の機能は無いのでしょうか?

管理者さんは、実際お使いのようですので、もしおわかりであれば教えて下さい。

>ヒゲさん
コメントありがとうございます。

適切なアドバイスになるか分かりませんが、実際に使った経験から、
外国のサイトを閲覧しようとした時にSophosが作動し隔離マネージャが開いたことが何度かありました。マルウェアが記録されていました。もしかしたらBGで何か仕込もうとしていたのかもしれません。
全てを防いだかどうかは分かりませんが、それなりに機能しました。

Sophosを組んだのは、OperaとSafariとを使い分けているのでSafariのセキュリティ向上のため、それとメール経由のマルウェア侵入を防ぐためです。

OperaのLinkScannerは、ダウンロードを阻止というよりは、データベースに記録されている危険サイトへの移動を警告するソフトと考えた方が良いと思います。

レスが遅くなり、大変申し訳ありません。
Sophosは、無料でありながら結構ブロックしてくれそうですね。

お忙しいところ、レス誠に有り難うございました。
とても参考になりました。

> ヒゲさま

参考になってなによりです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« Opera11 「翻訳」機能拡張を使い比べてみた | トップページ | 靴底の補修剤(サンスター・熱硬化型とシューグー・溶剤型)を試してみた »