引っ越し先(別宅)

おすすめ

RSS

twitter

  • Speechballoonorangepicon150px @pelicanmemo

    記事にした話題の、書けなかった余談やその後の話。その時々のニュースでも深読み気味。

banner

ウェブページ

無料ブログはココログ

« 阪神大震災から10年目、15年目に放映された関西電力のCM | トップページ | 【東日本大震災】津波の防災教材として役立つネット動画 撮影者が生きててよかった・・・ »

2011年3月22日 (火)

【東日本大震災】石巻市の外国人人口と男女比について調べてみた

石巻市の外国人人口と男女比について、ツイッターでつぶやいたことをまとめて補足説明を加えて、その後に、曖昧すぎてつぶやけなかったことを補足しています。

参照記事:石巻で外国人窃盗団、性的被害というデマ

2010年11月末の石巻市の外国人登録者数は809人で、国際結婚や水産加工研修生が大半を占め、女性の割合が非常に高いと考えられます。詳細は、以下。

判断材料の1つとしてみてください。




石巻市の外国人人口は、2005年は515人。(参照)。
2006年4月のニュースでは、国際結婚などで石巻市に暮らす外国人は旧市内だけで600人以上が住民登録しています。(参照

国際結婚などと書かれていますし、次の2010年のデータでは「大半が水産加工研修生や結婚」と書かれていることから、2006年の外国人登録者の多くはいわゆる外国人妻で、女性ではないでしょうか。
(日本人と結婚した外国人男性もいるかもしれないけど統計が見つからず。嫁不足と言われるのでいても僅かかも)

2010年11月末の石巻市の外国人登録者は28カ国、809人。(参照
内訳は、中国(471人)、韓国・朝鮮(*1)(138人)をはじめ、フィリピン、インドネシアなどアジア出身者が多く、水産加工研修生や結婚が大半を占めています。(*1)参照記事の表現ママ。

2010年11月末はかなり増加しましたが、これは「いしのまき多文化共生推進プラン」 に向けた、友好都市の中国・温州等からの水産加工研修生などが増えたためだと思われます。
中国メディアの安否記事によると、石巻の友好都市である中国・温州市からの水産加工研修生は107人で、男性14人、女性93人。(参照
水産加工研修生はこの107人だけとは限りませんが、他地域からの研修生がいたとしても男女比は同程度と推測できるでしょう。

2006年から2010年までの増加が200人ほどなので、この107人以外の多くは国際結婚の増加かもしれません(未確認)。

3月21日の段階で、石巻市の治安が悪くなっているという情報とともに、外国人による強盗、レイプ、窃盗団による略奪が頻発しているという真偽不明な情報があります。

外国人人口のうち圧倒的に女性が多いと考えられる状態で、ことさらに外国人による凶悪犯罪、レイプと言っている情報は信頼性が低いのではないか、と考えています。

地震・津波直後に火事場泥棒等があったことはニュースで伝えられましたし、21日現在も治安状態が良くないことも伝えられています。
市外からの確信犯の犯罪者(国籍問わず)が流入してくる可能性は否定出来ませんので、充分な注意が必要でしょう。


ここまでが21日にツイッターでつぶやいたことの大筋と補足説明です。

(追記2011/03/23)
中国メディアによると、中国人研修生107人は石巻を出て中国に帰国したそうだ。その他に石巻専修大学と温州大学との交換留学生3人も帰国。(参照
(追記ここまで)



余談ですが、

中国人の水産加工研修生というと、地震直後に中国人研修生20人を高台の神社に避難させ、自分は宿舎に戻ったために津波にのみ込まれ亡くなられた、女川町の佐藤水産の佐藤専務の事を思い出します。(参照

彼の行動を「誇りに思う」という意見をとても多く見ました。私も同じです。

欧米マスコミは、人種差別による暴力事件には、日本人が想像できないほど強硬に感情的に対応してきます。

彼の行動が無駄にならないようにしなければ、と思います。
.

これは石巻だけではなく全ての被災地、いやどこでも同じことです。



ツイッターの書き込みの補足です。

曖昧すぎて、ツイッターの140文字制限では書けなかったこと。

外国人犯罪というと、不法入国者や不法滞在、不法就労の外国人を思い浮かべる人もいるのではないでしょうか。

犯罪組織が絡んだニュースもあるので、そういう先入観も持っていることは否定しません。

これらについて石巻市のデータが見つからないため、いるかいないか分かりません。
ただ、他の自治体の中には、ホームページで不法就労について注意をしている所がありますが、石巻市のホームページでは、ざっと検索してみたところ見あたりません。

石巻で偽装結婚で逮捕というニュースがありましたが(参照)、この事件に関わった逮捕者は全国にいるため、かえって石巻で働いているとは考えにくいと思います(未確認)。

現地にもすぐ伝わり140文字という制限があるので、軽々しく取り上げるのは、石巻市と被災者の方々の心を傷つけてしまうかもしれないと考え、言及しませんでした。



強盗とか強姦とか窃盗団とか(国籍問わず)、全てがデマであることを願っています。





(追記2011/03/25)
この追記の内容は、確認出来ない部分が多いため、真偽不明情報が拡散している時には載せない方がいいと考えたものです。
沈静化したようなので、その後に知った情報と合わせて追記します。

外国人船員の事を忘れてるだろ、と言われたくないですし (;´Д`)
メモを貼り付けて体裁整えただけなので文体が変わります。



石巻港は海上輸送網の拠点である重要港湾のひとつで外航船も多く入港している(参照)。
宮城県/漁港港湾/石巻港湾事務所

そのため外国人船員が〜という書き込みもあった。

石巻港に入港した船舶は、2010年12月は175隻で、うち外航商船が29隻、内航商船が139隻、その他7隻。(参照/pdf

月によって増減するが2010年に入港した外航船は1ヶ月あたり19〜35隻で、30隻前後の月が最も多い(参照)。前年同月(2010年3月)は19隻と他の月よりも少ないことから、地震・津波発生した3月11日は、石巻港には外航船は1隻だけしかいなかった可能性が高い。

今回の大震災では、商船三井が傭船し運用しているばら積船“C.S.VICTORY”(パナマ籍、総トン数20,212トン)が座洲している。同船の乗組員は全員無事で、一旦陸地に避難した後、14日に同船に戻り、16日に同船は離洲している。(参照
内航船は、一部に被害があったがほとんど大丈夫で、修理のため回航しているそうだ(参照)。

また、仙台近海で津波被害に遭遇し海上自衛隊に救助されたらしい外国人船員が仙台に送られていた(参照)。このブログには「たぶん、仙台で一番国際的な地域にあるという理由で(送られたのだろう)」(カッコ内の補足はメモ主記載)と書かれている。

もちろんこれらが全てとは言えないし、石巻に流れ着いたり救助後に石巻に送られた例がないとは言えないが、外航船が多く入港する石巻港だから外国人船員が、という説明は信頼性が薄いと感じられる。
(追記ここまで)





« 阪神大震災から10年目、15年目に放映された関西電力のCM | トップページ | 【東日本大震災】津波の防災教材として役立つネット動画 撮影者が生きててよかった・・・ »

震災」カテゴリの記事

コメント

コメントを書き込まれた方へ。|
石巻の治安の悪化については否定していません。 ご理解いただけると思いますが、この記事で検証した真偽不明の情報に対してはかなり強硬な意見もあります。 残念ながら、書き込まれた内容の信頼性に疑問を感じる部分があったため削除させていただきました。 コメントありがとうございました。(「私のブログ」ですのでツイッターなどよりも検証の基準は高く設定しています。)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 阪神大震災から10年目、15年目に放映された関西電力のCM | トップページ | 【東日本大震災】津波の防災教材として役立つネット動画 撮影者が生きててよかった・・・ »