引っ越し先(別宅)

おすすめ

RSS

twitter

  • Speechballoonorangepicon150px @pelicanmemo

    記事にした話題の、書けなかった余談やその後の話。その時々のニュースでも深読み気味。

banner

ウェブページ

無料ブログはココログ

« 「東北関東大震災に関するデマのまとめ」をしている情報源 | トップページ | 「ラジヲマン」あさりよしとお (著) 出版 おいおい大丈夫か? »

2011年3月17日 (木)

「今回もきっと立ち直る」 ニューズウィーク日本版(3/23号)の元気が出る記事 

Newsweek (ニューズウィーク日本版) 2011年 3/23号 [雑誌]Newsweek (ニューズウィーク日本版) 2011年 3/23号 [雑誌]

阪急コミュニケーションズ 2011-03-16

Amazonで詳しく見る

今日発売のニューズウィーク誌・日本版(2011年3月16日号)にすばらしい記事が載っていました。


「今回もきっと立ち直る」

11日に東北沖で発生したマグニチュード(M)9.0の大地震は、
島国である日本が常に地震災害の脅威にさらされていることを震撼させた。
同時に、災害に対する日本の周到な備えと国民の強さも浮き彫りにした。
ニューズウィークは1995年1月30日号で阪神淡路大震災(M7.2)の災害復旧・救助活動を特集。
記事はこう結んでいる。

関東大震災から立ち直ったように「日本は今回もきっと立ち直るはずだ」


阪神大震災から立ち直ったように「日本は今回も立ち直る」。


震災特集の最後の1ページだけの回顧記事ですが、1ページだけだからこそ、阪神淡路大震災の時の表紙と紙面の写真といっしょに目に飛び込んできて、心にぐっと突き刺さります。

著作権あるから転載はしないほうがいいんだけど・・・

ニューズウィーク誌を買ってください。立ち読みだけでなくそのままレジに持っていきましょう。
2011年3/23号は買いです。マストバイです。
そのページを避難所や支援ボランティアの詰め所に貼れば、元気になって貰えると思います。
(ごめん、これで許して m(_ _)m >ニューズウィーク編集部さん)



(追記2011/03/20)
週刊ポスト 2011 4/1号 表紙 (Weekly POST.com
(追記ここまで)





それにしても・・・

今日発売の他誌は、どれもこれも表紙が災害地の写真ばかりで、内容も同じようなもの。
不安感が高まるし、陰鬱な気分をさらに盛り下げそう。
気持ちは分からなくもないけど・・・

もっと元気が出るような記事を書いてほしい。



オバマ大統領の選挙運動の時は、「YES, WE CAN.」「我々は出来る。」の簡潔な言葉が人々を動かしたとか、さんざん持ち上げていたでしょう?

不安感を抱えているのは日本だけじゃない。

海外のニュースは、地震・津波災害や被災者、なにより福島第一原発で、ものすごく不安を感じてる。
日本の不安感も伝染して、さらに膨れたようだ。
日経平均株価は津波に押し流されるように、すさまじい急落をした。

よく分からないけど元気が出るような、簡単な力強いメッセージが日本からどんどん出てきたら、きっとだんだんよくなるよ。


「カラ元気でも元気」

強いメッセージを出せる立場の政府や政治家はダメダメだし。有名人の募金や支援活動とはちょっと方向性が違うな。

案外、そういうマンガが出てきたらいろんな意味で相当に効果がありそうだ。

日本は相変わらずだとか言われそうだけど、

うん、まあ、多分、相変わらずだし。  (;´Д`)







地震直後のオバマ大統領の言葉の二番煎じだって? まあいいじゃない。


« 「東北関東大震災に関するデマのまとめ」をしている情報源 | トップページ | 「ラジヲマン」あさりよしとお (著) 出版 おいおい大丈夫か? »

震災」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 「東北関東大震災に関するデマのまとめ」をしている情報源 | トップページ | 「ラジヲマン」あさりよしとお (著) 出版 おいおい大丈夫か? »