引っ越し先(別宅)

おすすめ

RSS

twitter

  • Speechballoonorangepicon150px @pelicanmemo

    記事にした話題の、書けなかった余談やその後の話。その時々のニュースでも深読み気味。

banner

ウェブページ

無料ブログはココログ

« 「災害時でも略奪が起きない日本」という海外メディアが伝えた記事とその背景、まとめ。その1:まとめ | トップページ | 「災害時でも略奪が起きない日本」という海外メディアが伝えた記事とその背景、まとめ。その3:考えてみた »

2011年6月10日 (金)

「災害時でも略奪が起きない日本」という海外メディアが伝えた記事とその背景、まとめ。その2:事実確認

東日本大震災 岩手 [DVD]東日本大震災 岩手 [DVD]
ドキュメンタリー

テクニカルスタッフ 2011-06-17
売り上げランキング : 816

Amazonで詳しく見る


前記事:「災害時でも略奪が起きない日本」という〜 その1:まとめ
次記事:「災害時でも略奪が起きない日本」という〜 その3:考えてみた

事実確認と判断材料を増やすため

地震とその後の津波によって大きな被害を受けた地域でいくつかの略奪行為があったことが報道されている。
ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)日本語版の記事「震災被災地、やむにやまれぬ略奪が増加:参照」がよくまとまっている。英語版も内容はほぼ同じ。

また、ナショナル・パブリック・ラジオ放送(NPR)の記事は津波被災地の状況をよく取材している(In Japan, Scenes Of Much Destruction, Little Looting:参照)。
(*1)

国内の報道では、読売新聞(「卑劣」…宮城で震災に便乗した窃盗40件:参照)や中日新聞(略奪相次ぐ、石巻署が警戒 貴金属やレジの現金、食料品 :参照)による被災後数日間の事件、3月22日までに気仙沼市の信用金庫から4000万円が盗まれた事件(3/22)(参照)が、ネット上ではよく参照されているようだ。(*2)

いろいろな報道や資料、被災者の言葉を読むと、略奪行為が起こった場所にはいくつかホットスポットがあったように感じられる。
被害額や被害点数の大きな数件の犯行に注目が集まることで、他の多くの事件でも同等の被害があったと誤解されているようだ。

宮城県警と福島県警の報告もそれらの事件報道の一部を裏付けている一方で、デマも非常に多かったことが分かる。



・宮城県警

防犯だより(2011年3月19日付)(参照 pdf)によると「店舗や事務所等で商品や現金を盗む事案」「戸建て住宅等の建物内に侵入する事案」「駐車中の車両からガソリンを抜き取る事案」が把握されており、中には「白昼に大勢の者が店舗に侵入して商品を盗む事案も発生」していると書かれている。
地域安全ニュース(3月31日付)(参照 pdf)では、3月11日から15日までの5日間で、空き巣が約70件、出店荒しが約80件、非侵入窃盗が約120件、発生している。
(*注)出店荒し・・・閉店中の店舗に侵入し金品を窃取するもの。 | 非侵入窃盗・・・窃盗犯のうち、侵入盗に該当しない犯罪の総称。ひったくり、自動車盗、自転車盗、自販機狙い、車上狙い、万引き、置き引き、すりなどが該当する。

地域安全ニュース「きずな」(4月24日付)(山椒 pdf)によると地震発生後10日以内の自転車盗や出店荒しは増加したが震災後1ヶ月間の刑法犯認知件数は減少している。
侵入盗は、前年同月が233件(うち住居対象が116件、その他が117件)で、2011年3月は293件(うち住居対象が95件、その他が198件)。地震後の5日間で70件の空き巣があったが、むしろその他の期間の空き巣はわずか25件であり激減していたことになる。

一ヶ月間の店舗の出店荒らしは前年同月に比べ87件増の124件(参照)で、前年同月の出店荒しは37件。地震後5日の出店荒しは80件なので、その他の期間の出店荒しは44件であり前年同月と比べてもやや多くなっている。(後で、報道記事をもとに実例を検証)
空き巣と出店荒し以外の侵入盗は、2010年3月は80件、2011年3月は74件(概算値)とあまり変化がない。

地域安全ニュース「きずな」(4月2日付)(参照 pdf)では「被災地で強盗が多発しているという届け出はない」など被災地での犯罪に関するデマに注意を呼び掛けている。

石巻警察署の「広報・石巻(平成23年5月号)」(参照 pdf)には「警察官が殺された」「女性への強制わいせつ事件が発生」「外国人グループの悪質な犯行」といった凶悪な犯罪は起きていない。むしろ身近な犯罪に注意を呼び掛けている。

(空き巣として通報したら家人だったという例があるが、通報後に取り下げられた例は計算では考慮していない。若干の数値の食い違いがそれにあたるのかもしれない。)

仙台名物 ずんだ饅頭 9ケ入仙台名物 ずんだ饅頭 9ケ入

御菓子老舗ひろせ
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る

・福島県警

福島県警によると、2011年の刑法犯の発生件数は、非侵入窃盗の発生は3月中に144件(前年同期比+29件)で、震災後、県中、いわき方部で増加(被災地におけるガソリン抜き取りなど)、空き巣は3月中に86件(前年同期比+38件)で震災後の認知では県内の約7割が浜通り(太平洋沿岸地域)で発生している。(参照

性犯罪の認知は、強姦・強制わいせつは減る一方、前兆事案は、認知、検挙・警告ともに増加(積極的な情報の吸い上げによる)したが「避難所やその周辺の性犯罪の認知はない」。(参照 pdf


ロイヤルガストロ ふくしまの特上桃 「桃王国」 中玉12玉詰め合わせ【7月中旬以降お届け】ふくしまの特上桃 「桃王国」 中玉12玉詰め合わせ【7月中旬以降お届け】

ロイヤルガストロ
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る



・岩手県警

岩手県警の統計情報(安全・安心マップ)は全体的な集計には使いにくすぎる。参照する気を無くした。

銀河高原プリンセットA銀河高原プリンセットA

銀河食品工業
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る

「略奪」の例として多く引用されていた読売新聞(2011年3月15日)の「「卑劣」…宮城で震災に便乗した窃盗40件」の記事を考えてみよう。

 東日本巨大地震後、宮城県内のコンビニ店やホームセンターで夜間、窃盗事件や窃盗未遂事件が相次いでいる。県警は震災に便乗した事件とみており、14日午後2時の時点で把握している事件は40件に上っている。
 県警によると、震災被害が大きかった仙台市の都市部を管轄する仙台東署管内では、19件の窃盗や窃盗未遂事件があった。塩釜署管内では6件、津波による被害が甚大だった南三陸町でも1件が確認され、被害総額は164万4376円。うち現金被害は124万8000円で、大崎市古川のホームセンターでは13日夜から14日にかけ、非常口の窓ガラスが割られ、現金約90万円が入ったレジ3台が盗み出された。
 また、物品被害は482点(計39万6376円相当)で、美里町のコンビニ店では12日夜〜13日にかけ、缶詰や乾電池、レトルト食品など約400点(計27万円相当)が盗まれた。
(一部引用)

この記事によると、物品被害は482点(482件ではない)で、美里町のコンビニ店で約400点が盗まれている。つまり数字は大きいが、被害点数の83%、金額の68%がそのコンビニの事件。
残りの物品被害は82点で、事件1件あたりの平均物品被害点数は2点となり「略奪が多発」と見るのはちょっと厳しそうだ。


では、美里町ではそれほど酷い被害状況だったのだろうか?

ツイッターの書き込みからは美里町の周辺住民による大人数での略奪の兆候は感じられない。3月12日には、河北新報の朝刊が届けられている。(参照
「美里町(小牛田)は震災後ドラックストア、コンビニ、スーパーなどが外で食料、日用品などを売っていました」と書かれている。(参照)。

被害品目は缶詰や懐中電灯、レトルト食品で、ATMやレジの被害は記事には書かれていない。
400点で被害額が27万円相当、1点あたりの平均金額は675円なので記事中の被害品目だけでは計算が合わないことから、生活必需品でない高額商品(タバコのカートンや酒類?)も盗まれていたと考えられる。
被害点数が約400点(買い物カゴ10数個分?)と多いことから、車を使った(他地域から?)少人数の集団による確信犯的な「略奪」なのかもしれない。

南三陸町の事件や大崎市古川のホームセンターの事件は明らかに現金狙いの犯行で、他地域でも、気仙沼市の倒壊した信用金庫での4000万円の盗難など火事場泥棒が怒っている。


青森産王林100%ストレートジュース1リットル6本入り青森産王林100%ストレートジュース1リットル6本入り

株式会社 山文白戸
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る


もちろん、関係者が被災するなどして届け出のない被害があるはずだ。

実況見分に立ち会う余裕が無くうやむやになった例もあるだろう。
現金以外の被害額があまり大きくないので、WSJ紙が例として載せているビール工場の被害などは、地域での企業イメージも考慮して津波被害としてまとめ通報はされていないのかもしれない(未確認)。

被災1ヶ月間の被害は、その通報内容の真偽は別として、警察で集計された被害額が報道されている。

朝日新聞の「被災地で出店荒らし・空き巣…窃盗被害計1億円 宮城」(参照)によると、宮城県警が発表した地震後1ヶ月間の被害総額は約1億円で、現金被害は約7500万円(現金以外の被害額は2500万円相当)。
現金被害のうち気仙沼市の信用金庫の被害が4000万円で、その他の事件の現金被害が約3500万円。
現金以外の被害は2500万円相当だが、中日新聞の記事によると、石巻市の高級衣料品店での被害が現金10数万円を含む2000万円以上なので、他の事件の現金以外の被害額は500万円。件数の割に被害額があまり多くない印象を受ける。

被災後の生活に重要な現金被害は届け出が多かったのかもしれない。
あるいは南三陸町の事件のような、被害総額164万円強(うち現金被害は125万円弱)といった現金の窃盗が主目的の火事場泥棒が多かったのかもしれない。
いろいろな可能性が考えられるが、根拠無く曖昧すぎるのでこのくらいにしておきたい。

【来福人気の「無濾過生原酒」シリーズ!王道の山田錦!】 茨城県 来福酒造 来福(らいふく) 純米吟醸 山田錦 無濾過生原酒 720ml茨城県 来福酒造 来福(らいふく) 純米吟醸 山田錦 無濾過生原酒 720ml

来福酒造
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る


まちBBSという地域掲示板の「みんなで仲良く石巻を語ろう」スレッドでは、石巻の周辺住人や出身者などによる書き込みが多くされている。震災後、デマや、未確認の救援依頼情報が書き込まれると、それをたしなめる書き込みがいくつも見られる。

みんなで仲良く石巻を語ろう53回」が、3月11日を挟んだもので3月14日まで続くが、そこでは被災状況、安否情報、救援情報がほとんどで治安情報はほとんど見られない。
治安悪化の情報は、「『石巻周辺に家族や友人がいる関東やその他の地域の住民』による伝聞情報」が多く、全国報道のあった3月15日以降に急速に増えていく。

みんなで仲良く石巻を語ろう54回(3/14〜3/21)に治安悪化の書き込みをした人のIDから居住地を検証した結果「東京、福島、武蔵小金井、埼玉?、仙台、神奈川」が確認された。
報道や伝聞情報をそのまま書き込んだと思われるが、中には首都圏の治安情報と一緒にして被災地の治安悪化を書くものも見られる。中には明らかなデマや扇動と思われるものもある。

その状況が次の週末(20日)頃まで続き、現地の住人らしき人が具体的な店名などを出してきたことで、まとめに入って収束したように感じられる。
どこまで信頼出来る情報なのかは自分で判断してみてください。

ツイッターでは、デマとそのリツイートや安易な拡散情報が非常に多く、確からしい情報を抽出する事が難しい。居住地の確認が難しい人も多い。
ただ、全国報道のあった3月15日以前に治安の悪化に関するツイートは比較的に少なく、そのうちのいくつかは扇動的なデマや過剰な注意喚起だった。



千葉県産落花生中手豊 2袋箱入りご贈答品 産地直送ギフト千葉県産落花生中手豊 2袋箱入りご贈答品 産地直送ギフト

有限会社かわそう
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る

前記事:「災害時でも略奪が起きない日本」という〜 その1:まとめ
次記事:「災害時でも略奪が起きない日本」という〜 その3:考えてみた

(*1)国内メディアは、警察発表の報道ばかりで踏み込んだ調査報道は見られない。ところで、地震直後に略奪がないと報道していた海外メディアや記者はその後に確認された事例についてコメントしたのかな?

(*2)破壊されたコンビニATMの撮影画像がいくつかあるが、犯人は何人でいつどういう状況で破壊されたか曖昧さを残している(少人数での火事場泥棒とは区別すべきと考えている)。





« 「災害時でも略奪が起きない日本」という海外メディアが伝えた記事とその背景、まとめ。その1:まとめ | トップページ | 「災害時でも略奪が起きない日本」という海外メディアが伝えた記事とその背景、まとめ。その3:考えてみた »

震災」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「災害時でも略奪が起きない日本」という海外メディアが伝えた記事とその背景、まとめ。その1:まとめ | トップページ | 「災害時でも略奪が起きない日本」という海外メディアが伝えた記事とその背景、まとめ。その3:考えてみた »