引っ越し先(別宅)

おすすめ

RSS

twitter

  • Speechballoonorangepicon150px @pelicanmemo

    記事にした話題の、書けなかった余談やその後の話。その時々のニュースでも深読み気味。

banner

ウェブページ

無料ブログはココログ

« マテ茶と健康|(3)発がん性リスク | トップページ | マテ茶と健康|(5)含有量:カフェイン、テオブロミン、テオフィリン【修正版】 »

2012年7月15日 (日)

マテ茶と健康|(4)マテイン?カフェイン?

201200mate03
(wikimedia commons)


最初に書いておきますが、マテ茶にはカフェインが含まれています。
妊婦や小さいお子さん、併用禁止の薬剤を飲んでいる方、アレルギー等をお持ちの方々は注意をしてください。


マテ茶に特有とされる成分に「マテイン」というものがあります。

この「マテイン」について、販売者の説明は統一されていません。
「カフェインの一種」「カフェインではない」「カフェインに似たアルカノイド(原文ママ)」等々、表現が違います。
ひどい例では、「マテ茶に入っているのはマテインなので、カフェインは入っていない」「マテ茶はノンカフェイン」と言いきっている販売者もいます。

カフェインの量については、"カフェインアレルギーの歩む道"さんとこの「マテ茶のカフェイン量を知る」が参考になるので、ご参照ください。
うちでも、この次の記事で詳しく書くつもりです。
(日本マテ茶協会のFAQでは、コーヒーの何倍、緑茶の何倍という中途半端な情報なので、推測値を載せます。)

(追記:書きました。
マテ茶と健康|(5)含有量:カフェイン、テオブロミン、テオフィリン【修正版】」)

マテインについて適切と考える表現は
「マテインは、カフェイン、テオブロミン、テオフィリンなどのアルカロイド類混合物」
です。
アルカロイド類の部分は、キサンチン誘導体やキサンチン類でも可。
書いた順番で、茶葉内の含有量が多く、それら含有率はコーヒーやカカオとは少し違うようです。

日本での広告表現が混乱している原因には、「マテイン」の歴史と、米国でのマテ茶ブームでの業界の宣伝の悪影響があると考えられます。

201200mate06
(wikimedia commons)


まず、カフェイン等について。

カフェインはアルカロイド類で、キサンチン誘導体です。カフェインと似た構造を持つアルカロイド類には、テオブロミン、テオフィリンなどがあり、中枢神経興奮作用、気管支拡張作用、心筋興奮作用、利尿作用等があります。

カフェインは、コーヒーに多く含まれることからカフェイン(caffeine)と命名されました。1820年にコーヒー豆から分離。(分離の年を書いているのにはワケがあります)
テオブロミンは、カカオに多く含まれ、カカオの学名"Theobroma"からテオブロミン(theobromine)と命名されました。1878年にカカオから分離。
テオフィリンは、カカオや茶の木に含まれ、茶葉のドイツ語"Teeblättern"からテオフィリン(theophylline)と命名されました。1888年に茶の葉から分離。テオフィリンには同名の、喘息や気管支炎の治療薬剤があります。

マテインは、1876年に、マテ茶に含まれる主なアルカロイド類の名称として付けられました。

「マテ茶の成分だから、とりあえずマテイン(matein)と呼ぼうぜ」。こんな感じ。

米国のEconomic Botany誌で、1950年に発表された「Maté - South American or Paraguay Tea(マテ - 南米、パラグアイのお茶)」に古い話がいろいろ載っています。

マテの茶葉には、コーヒー豆のカフェインのような、マテ茶の木に特有の成分が入っていると言われてきました。

マテインの呼び名は、1876年に、Bijassonによってマテの木(Ilex paraguaryensis)の主要アルカロイド類の呼び名として付けられました。それが1904年にフランスのパリで発行された、Moreau de Toursによる「Le Mate, etude historique, chemique at physiologique.(マテ、歴史研究、生理化学)」で紹介されて、周知されたそうです。

201207mate0403

その時、マテインという物質は分離されていません。
カカオからテオブロミン(1878年)、茶葉からテオフィリン(1888年)のように、新しい植物の新成分の発見と分析が盛んに行われている時代なので、マテ茶の木の成分だから「マテイン(matein)」と呼ばれていたようです。
そこんとこ、発見者、企業や国の名誉や権利も絡んでいたのかもしれません。

201207mate0402

分子式が「C8H11N3O4」と書かれていますが、CASのScifinderでは分子式は「不特定(Unspecified)」となっているので、その後、間違いと確認されたのでしょう。
現在でも分子式が特定されていないので、特有の結晶構造を持つ成分ではないと考えられます。


マテ茶の茶葉に含まれるキサンチン誘導体(プリンアルカロイド類)の含有率は、カフェインは 0.7~1.7%、テオブロミンは 0.3 ~ 0.9%、テオフィリンは少量となっています。

それら3つのアルカロイドの特徴を持っていると考えるべきでしょう。

Caffeine content varies between 0.7% and 1.7% of dry weight (compared with 0.4– 0.9% for tea leaves, 2.5–7.6% in guarana, and up to 3.2% for ground coffee); theobromine content varies from 0.3% to 0.9%; theophylline is present in small quantities, or can be completely absent.

Yerba mate - Wikipedia, the free encyclopedia


ここに根っこがあるのかもしれませんが、日本でいまだに「カフェインが含まれていない」という間違いを使っている販売店があるのは、決定的には、米国での宣伝が元凶になっていると考えられます。

201200mate04
(wikimedia commons)



2000年前後に、米国で健康飲料としてマテ茶のブームがあり、その時にマテ茶にもカフェインが含まれていると問題提起がされました。。
実際、その通りだったわけですが、米国のマテ茶の販売店(一部?)は、

「マテ茶に含まれているのはマテインであり、カフェインは含まれていない。だから心配いらない。」

という、どこかで聞いたような安全宣伝をして、誤魔化して売っていたそうです。残念ながら、健康食品販売でたまに聞く話です。(*2)
医薬品・薬物データベースのErowid.orgによると、御用学者(*1)による、適切な科学的リファレンスを参照しない紹介記事が元らしいです。
Does Yerba Mate contain caffeine or mateine?(Erowid Yerba Mate Vault)

その頃の宣伝文句を、そのまま無検証で日本での宣伝文句に使っているところがあるのでしょう。


次は「(5)カフェイン量。テオブロミン、テオフィリン。」の予定です。(タイトルは変更するかもしれません)

マテ茶と健康|(5)含有量:カフェイン、テオブロミン、テオフィリン【修正版】



以下に、Erowidに載せられているScifinderの情報を転載します。

Scifinder/Chemical Abstract Database Entry for Mateine:

The chemistry journal search engine Scifinder uses the Chemical Abstract Database, which is one of the most comprehensive resources for chemical information. The entry (below) for mateine states that an alternate name for mateine is "caffeine".

Registry Number: 1407-79-0
CA Index Name: Mateine (8CI)
Formula: Unspecified
STN Files: PROMT
(Additional Information is available through STN International.
Contact your information specialist,
a local CAS representative, or the CAS Help Desk for Assistance)
Class Identifier: Manual Registration
No Structure Diagram Available
No References
Database REGISTRY
other names include:
1H-Purine-2,6-dione, 3,7-dihydro-1,3,7-trimethyl-; Caffeine ;
1,3,7-Trimethyl-2,6-dioxopurine; 1,3,7-Trimethylxanthine;
3,7-Dihydro-1,3,7-trimethyl-1H-purine-2,6-dione; 7-Methyltheophylline; Alert-Pep;
Cafeina; Caffedrine; Caffein; Cafipel; Diurex; Guaranine; Koffein; Mateina;
Methyltheobromine; No-Doz; Refresh'n; Shape Plus; Stim; Thein; Theine; Tri-Aqua

Erowid Yerba Mate Vault : Does Yerba Mate contain caffeine or mateine?より)



(*1)御用学者・・・、便利な単語だ。

(*2)消費者以上に無知な販売者はいるだろうし、誤魔化したり嘘ついても売れればいいという無恥な販売者もいるだろう。




この記事は、医者ではない当ブログ管理人が書いたものであり、健康に関するアドバイスではありません。健康についての判断が必要な場合は医師の指示を仰いでください。


« マテ茶と健康|(3)発がん性リスク | トップページ | マテ茶と健康|(5)含有量:カフェイン、テオブロミン、テオフィリン【修正版】 »

生活」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1205703/46333427

この記事へのトラックバック一覧です: マテ茶と健康|(4)マテイン?カフェイン?:

» マテ茶のカフェイン量を知る [カフェインアレルギーの歩む道]
前回は最近ブームになってきている「マテ茶」について簡単にご説明いたしました。実はこのマテ茶、メディカルハーブ検定に出るハーブで「唯一のカフェイン入りハーブ」と紹介され ... [続きを読む]

« マテ茶と健康|(3)発がん性リスク | トップページ | マテ茶と健康|(5)含有量:カフェイン、テオブロミン、テオフィリン【修正版】 »