引っ越し先(別宅)

おすすめ

RSS

twitter

  • Speechballoonorangepicon150px @pelicanmemo

    記事にした話題の、書けなかった余談やその後の話。その時々のニュースでも深読み気味。

banner

ウェブページ

無料ブログはココログ

« 上海の猛暑日の「ガラスの雨」対策 2012 | トップページ | TimeMachineとハードウェア暗号化機能付きHDDのメモ »

2012年8月21日 (火)

"WD My Book Essential 2TB" をMacOSXで

WD My Book Essential 2.0TB (USB3.0/2.0互換) バックアップソフト搭載 WDBACW0020HBK-JESNWD My Book Essential 2.0TB (USB3.0/2.0互換) バックアップソフト搭載 WDBACW0020HBK-JESN

WESTERNDIGITAL 2010-12-02
売り上げランキング : 1422

Amazonで詳しく見る

"Western Digital My Book Essential 2TB(WDBACW0020HBK-JESN)" をMacOSX用に購入。

これまでバックアップ先として1テラバイトの外付けハードディスクを使ってきた。ちょっと容量が厳しくなってきたので増量。
Western Digital社の2TBのハードディスクの導入メモ。

追加ハードディスクに求めた要件は、次の数点。

 (1)信頼性あるメーカーのHDD。
 (2)USB2.0の他に、転送速度が早い規格(USB3, FW800等)が載っている。
 (3)ハードウェア暗号化機能。TimeMachineのバックアップ先としても使える。
 (4)MacOSX 10.8 "Mountain Lion" でも使える。
 (5)導入コストが安く、かつコストパフォーマンスが良い製品。

いくつかの製品を比較検討した結果、"Western Digital My Book Essential 2TB" を購入した。

Windows向け汎用製品で、MacOSXでも使用できる。
64bitOS対応。
USB 3.0対応のMicro-Bコネクタ。USBケーブル(1.2m)添付。



WesternDigital社のハードディスクと外装であり、“メーカー補償3年”が付くのはうれしい。
現在はBuffalo社製を使っていて、特にトラブルは起こっていない。しかしディスク本体がどこ製か分かりにくく。補償期間が短いのが残念だ。
友人の薦めもあり、今回はWesternDigital社製とした。


ギガバイトのデータを扱っていると、480Mbps(60MB/秒)のUSB2.0だけでは転送時間がけっこう厳しい。
新しいMacBookProに更新したときに、外付けハードディスクがUSB2.0しか使えないのでは、そこがボトルネックとなってしまう。せめてUSB3.0かFireWire800、出来ればThunderboltがほしい。


これまで、TrueCryptで丸ごと暗号化(ソフトウェア暗号化)したハードディスクや、ハードウェア暗号化の製品(参照)を使ってきた。
MacOSX LionやMountain Lionでは、TimeMachineのバックアップの暗号化が可能となった。(FileVault・FileVault2は使いにくいので、使っていない。)が、構築時にかなり時間がかかるという書き込みをいくつか見た。

TrueCryptの堅牢さと汎用性は評価が高い。しかし残念ながらTimeMachineのバックアップ先には直接は設定できない。
結局、出張先でもTimeMachineでのバックアップが出来る、ポータブルのハードウェア暗号化HDが使い勝手が良かった。

WD My Passport for Mac 1.0TB (Mac用 TimeMachine対応 / USB2.0接続) WDBBXV0010BBK-JESNWD My Passport for Mac 1.0TB (Mac用 TimeMachine対応 / USB2.0接続) WDBBXV0010BBK-JESN

WESTERNDIGITAL 2011-10-21
売り上げランキング : 8790

Amazonで詳しく見る

『My Book Essential』の製品パッケージには、MacOSXは "Snow Leopard"対応とまでしか書かれていない。

これは、ファームウェアとバックアップ&暗号化ソフトの『WD SmartWare』が対応しているOSという意味で、アップデートすれば問題はないそうだ。
Appleショップで店員に聞いてみたところ、WesternDigitalのウェブサイトから最新版にアップデートすれば、Mountain Lionにも対応するという回答をいただいた。(念のため、自分でも確認されることを薦めます)
また、英語の製品情報ページでは、Mountain Lionまで対応と書かれている。

ハードディスク購入後に、『WD SmartWare』をアップデートしたところMountain Lionでの問題を修正と書かれている。(うちではOSX10.8山ライオンでは動作確認はしていない)

WD SmartWare update highlights:

Mac release 1.3.4.x (updated 7/26/2012)
Fixed an installation issue with OS-X Mountain Lion (10.8).
WD SmartWare now includes WD Quick View.

WD Product Update


ウェスタン・デジタル製品には、MacOS対応フォーマット製品『My Book for Mac』がある。

しかし現在の製品はUSB2.0しか載っていない。実売価格は13000円
高パフォーマンスを求めるなら、FireWire800が載っている上位モデル『My Book Studio』があるが、実売価格は17000円とさらに高価い。 つД`)

OS対応がソフトウェアの問題だけなら「『My Book Esssencial』でいいんじゃね?」。
ポイントを加味すると実売価格が10,000円ほどだったので、サクッと購入。

特に問題なく使用できている(現在、1TBハードディスクからファイルコピー中)。

昨年の秋に、タイを含む東南アジアの洪水でWesternDigitalを含む各社の工場が被災し、ハードディスク価格が高騰したことは記憶に新しい。
買える時に買っておかないと後悔することは、充分すぎるほど学習させてもらった。


以下、MacOSX向けフォーマット。ベンチマークやファイルの転送速度など、実際の使用感。メモ。

WD My Book Essential 2.0TB (USB3.0/2.0互換) バックアップソフト搭載 WDBACW0020HBK-JESNWD My Book Essential 2.0TB (USB3.0/2.0互換) バックアップソフト搭載 WDBACW0020HBK-JESN

WESTERNDIGITAL 2010-12-02
売り上げランキング : 1422

Amazonで詳しく見る

『My Book Esssential 2TB』は、NTFSフォーマットされている。

ハードディスク上には、マニュアルとWindows用とMac用のソフトウェア(WD SmartWare)が保存されている。その他に、暗号化ソフトのイメージディスクがある。
WDのウェブサイトからダウンロード出来るが、万が一のトラブルの時のために、このMac用ソフトウェア(WD SmartWare)は保存しておいた。
(『NTFS-3G』を使えば、MacOSX上にマウントすることが出来る。)


ディスクユーティリティを使って、MacOSX向けにフォーマットする。
(NTFS-3Gを使えばマウント出来るが、転送速度がかなり遅い。)
まず、パーティションを1パーティションとして設定。
「MBR(マスターブートレコード)」のままなので、オプション設定で「GUID」に変更(IntelMacの場合)。

保存しておいたMac用ソフトウェア『WD SmartWare』をインストールする。
ファイル名が『WDSmartWare_Mac_Disk_Image_MB5R2A_1_4_5_5.dmg』だったが、インストールされたのは『v.1.3.3.6』。(???)

よく分からないけど、そのままインストール。
ソフトが起動すると、MacBook内臓HDのスキャンが始まる。ソフト起動時の通常の対応で、すぐにバックアップが始まるわけじゃないから放置。

ネットに繋がっているなら、しばらくするとアップデートのメッセージが表示されるので、ファームウェアと『WD SmartWare』をアップデート。
アップデートしたWD SmartWare最新版は、v.1.3.4.1。

ファームウェアのアップデート時にエラーが出る場合は、再接続や再起動をして再試行してみる。
(うちでは、1度再起動したら、エラーが出ずにインストールできた。)



最初は、暗号化は設定されていない。
『WD SmartWare』でパスワードとヒントを設定する。256bit-AESによる暗号化。
解錠は、メニューバーの"WD QuickView"メニューの「ドライブロック解除」か、接続時に自動マウントされるCDイメージ"WD Unlocker"の中の『DriveUnlock』を実行して行う。

ハードウェア暗号化した後、XBenchで測定したところ転送速度は21.9〜33.7MB/秒だった。

 Sequential : 27.33 〜 33.68 MB/sec [256K blocks]
 Random : 21.91 〜 28.34 MB/sec [256K blocks]

実際にファイルをコピーしてみた。
1GB(1024MB)のdmgイメージディスクを作成して、MacBookのハードディスクからWD・2TBのハードディスクにコピーしたところ、43秒かかった。約24MB/秒。
理論値の480Mbps(60MB/秒)からすると半分以下だが実測値としては極端に悪いわけではない。
これで暗号化されているのだから、充分許容範囲。

ちなみにTrueCryptで丸ごと暗号化したハードディスクへの転送速度は、書き込みでその1/2、読み込みで2/3だった。(慣れるとそれほどでもないけど)遅い。
最新マシンなら気にならないのかもしれないけど、古いマシンを使っているので、けっこう効いている。

スリープ設定は、設定した時間アクセスが無いとマウント解除された。
暗号化している場合は、再マウント時に認証が必要。




以前、300GBのハードディスクが吹っ飛んだことがある。
バックアップの二重化はしていなかったので、あの時は大変だった。
テラバイトのハードディスクが吹っ飛んだ後のことは・・・、あまり考えたくない。
考えたくないので、テラバイトの複数のハードディスクで対応している。

メモ
"WD SmartWare"のバックアップ機能は、まだ試していない。

"Open the Next"さんとこのWestern Digital の 2TB 外付け HDD (My Book Essential) 購入の記事を読んで、MacOSXで使っても大丈夫だという確信することが出来ました。


WD My Book for Mac 2.0TB (Mac用 TimeMachine対応 / USB2.0接続) WDBAAG0020HCH-JESNWD My Book for Mac 2.0TB (Mac用 TimeMachine対応 / USB2.0接続) WDBAAG0020HCH-JESN

WESTERNDIGITAL 2009-12-03
売り上げランキング : 15125

Amazonで詳しく見る
WD My Book Studio 2.0TB (Mac用 TimeMachine対応 / FireWire800&USB2.0接続) WDBC3G0020HAL-JESNWD My Book Studio 2.0TB (Mac用 TimeMachine対応 / FireWire800&USB2.0接続) WDBC3G0020HAL-JESN

WESTERNDIGITAL 2011-06-17
売り上げランキング : 4055

Amazonで詳しく見る

« 上海の猛暑日の「ガラスの雨」対策 2012 | トップページ | TimeMachineとハードウェア暗号化機能付きHDDのメモ »

Mac」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1205703/46764260

この記事へのトラックバック一覧です: "WD My Book Essential 2TB" をMacOSXで:

« 上海の猛暑日の「ガラスの雨」対策 2012 | トップページ | TimeMachineとハードウェア暗号化機能付きHDDのメモ »