引っ越し先(別宅)

おすすめ

RSS

twitter

  • Speechballoonorangepicon150px @pelicanmemo

    記事にした話題の、書けなかった余談やその後の話。その時々のニュースでも深読み気味。

banner

ウェブページ

無料ブログはココログ

« 台湾、蘭嶼(らんしょ)島の放射性廃棄物貯蔵施設 | トップページ | 香港のヤクルト『2012年テレビCM -義父篇-』が面白い »

2012年9月30日 (日)

傍点で強調された部分|村上春樹・朝日新聞寄稿・全文について

夢を見るために毎朝僕は目覚めるのです 村上春樹インタビュー集1997-2011 (文春文庫)夢を見るために毎朝僕は目覚めるのです 村上春樹インタビュー集1997-2011 (文春文庫)
村上 春樹

文藝春秋 2012-09-04
売り上げランキング : 841

Amazonで詳しく見る

村上春樹氏が、朝日新聞9月28日本紙に寄稿した「魂の行き来するする道筋」について、さまざまな感想が述べられている。

全文は、朝日新聞のサイトで読むことができる。(要、登録)
また、全文が、あちこち転載されている。

ネットにある全文のひとつ(9月30日午前10時現在)が、朝日新聞本紙の文章と同じことは両者を突き合わせて確認したが、本紙と微妙に違う部分がある。

ひとつは、難読漢字のルビが括弧で補足されている。(例:賑(にぎ)やかに騒いだあと〜)。
上記リンクの茂木健一郎氏のコメントでも同じ書き方がされている。

もうひとつは、2箇所の傍点で強調された部分が反映されていない。
これは残念だ。

その2箇所を、傍点付きで書き出し・引用させてもらおう。

エッセイの中程、7段落目。
201209mura01
(「〜実務的に解決可能な案件でなくてはならないと考えている。・・・」の「なくてはならない」に傍点。)

実務的に解決可能か、時間の問題も含めて、どうなるかは分からないと思う。
しかし、その方向を冷静に探ることなく、「国民感情」の領域で対応してしまうとそれは安酒の酔いに似た高揚感を与える。
ほんの少量で酔っぱらわせ、頭に血が上り、声を高めて行動は粗暴になり、単純化された論理で行動する。

安酒を飲んで羽目を外した後に残るのは、頭痛と二日酔い。もしかすると嘔吐した跡や擦り傷が残り、大事なものを無くしてしまうかもしれない。

中国各地の反日デモでは、中国社会は、何か大事なものを無くしてしまったのではないだろうか?


エッセイの最後に近い、11段落目。
201209mura02
(「〜もしそんなことをすれば、それは我々の問題として・・・」の「我々の」に傍点。)

お互いに商売相手なのは確かだが、相手は、会社の上司ではないし、舅や姑でもない。
必要以上に妥協することはないし配慮しすぎることもない。過剰に対応してもよくはない。

しかし、同じように安酒を飲んだような酔っぱらった対応をしたら、それは「我々の」問題となって跳ね返ってくるだろう。

酔っ払い同士の喧嘩は、ろくな結果にならない・・・ orz



日本メディアの朝日新聞に、日本語で寄稿された文章なのだから、これは日本人に向けて書かれたものだ。

しかし、中国メディアや韓国メディアにも、全文を訳して載せてほしいと思う。
中国語や韓国語の翻訳文が、ネットで転載されることを期待したい。

(追記)
中国語訳・全文:村上春树谈日本领土争端:狂热于领土犹如人醉于劣酒(凤凰网)
ただし、ヒトラーに言及している段落を太字で強調している(ブラウザによって強調表示されない場合がある)ので、訳文も偏っているかもしれない。注意。
(追記ここまで)


メモ
大江健三郎氏など知識人と市民団体の声明と一緒にしている人がいるけど、たいして関係ないね。


村上春樹 雑文集村上春樹 雑文集
村上 春樹

新潮社 2011-01-31
売り上げランキング : 3124

Amazonで詳しく見る

« 台湾、蘭嶼(らんしょ)島の放射性廃棄物貯蔵施設 | トップページ | 香港のヤクルト『2012年テレビCM -義父篇-』が面白い »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 傍点で強調された部分|村上春樹・朝日新聞寄稿・全文について:

» デジタル縄文人の「村上春樹」論5 [外国為替証拠金取引・FX入門・ETFリート 退職に備える投資法]
 世界遺産に浦安のディズニーランドが選ばれないように、 ミシュランの三星にマクドナルドの月見バーガーセットが選ばれないように、 ノーベル文学賞には村上春樹は選ばれないとデジタル縄文人は思う。 彼の作品が海外で受けるのは、元々、原作が英文で、 それを日本語にして、更に英文に翻訳しているからでないのかと思う。 二重にろ過された文章。 尿を飲む健康法、尿飲法のような現象であると思う。 しかし、彼は日本を...... [続きを読む]

« 台湾、蘭嶼(らんしょ)島の放射性廃棄物貯蔵施設 | トップページ | 香港のヤクルト『2012年テレビCM -義父篇-』が面白い »