引っ越し先(別宅)

おすすめ

RSS

twitter

  • Speechballoonorangepicon150px @pelicanmemo

    記事にした話題の、書けなかった余談やその後の話。その時々のニュースでも深読み気味。

banner

ウェブページ

無料ブログはココログ

« 「「飲食史上の重要発明リスト」に批判殺到の理由」の元ネタを読んでみた | トップページ | 【尖閣】台湾の海岸巡防署の艦船12隻|保釣運動の漁船75隻(9/24) »

2012年9月24日 (月)

【尖閣】中国の風刺漫画「やっぱり、棚上げにしてしまおうか」

变态辣椒:钓鱼岛事件争端始末 | 墙外楼

ネットのあちこちで転載されている、中国人が書いた四コマ 七コマ漫画。
面白かったので、うちでも貼っておこう。後半に簡単な説明。メモ。

201209sen401


最後のコマで、コゲコゲになった双方が、口を揃えて言っているのは「還是留給后人去解決算了」。
簡体字では、「还是留给后人去解决了」。

日本語だと「やっぱり、解決は次の世代に任せてしまおうか」という感じ。

これは、鄧小平氏が1978年10月25日に日本記者クラブで会見した時の、いわゆる「棚上げ論」の言葉の一部「留给后人去解决」のもじりなので、「やっぱり、棚上げにしてしまおうか」の方が風刺が効いていそうだ。
この表現は、尖閣だけでなく南シナ海の島嶼など、中国の領土問題の記事や論説でたびたび登場しているので、漫画作者が鄧小平氏の考えを意識して描いたわけではないだろう。

個人的には、その棚上げ論に当時の日本政府が乗ったのはいいけど、その後10年どころか、40年も何もしてこなかったツケが今の世代に回ってきていると思っている。

そういう目で最後のコマを見ると、長期の海洋戦略を推し進める中国に、また5年10年も棚上げして、海洋資源の開発技術や、経済力や軍事力も強める時間を与えるような対応はして欲しくないと思うので、ちょっと微妙な気分。

・・・と、肩凝るようなこと書いたけど、
風刺漫画は、素直に面白いと言える一作。


メモ
日本側キャラクターを、うちわを振り上げた2コマ目までを石原東京都知事、振り下ろしたのが野田総理とすれば、さらに風刺が効きそう(笑)
ちょっと複雑になりすぎかな。



棚上げくん8個(棚板2枚分) 2625棚上げくん8個(棚板2枚分) 2625

アルファックス
売り上げランキング : 146465

Amazonで詳しく見る

« 「「飲食史上の重要発明リスト」に批判殺到の理由」の元ネタを読んでみた | トップページ | 【尖閣】台湾の海岸巡防署の艦船12隻|保釣運動の漁船75隻(9/24) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1205703/47195273

この記事へのトラックバック一覧です: 【尖閣】中国の風刺漫画「やっぱり、棚上げにしてしまおうか」:

« 「「飲食史上の重要発明リスト」に批判殺到の理由」の元ネタを読んでみた | トップページ | 【尖閣】台湾の海岸巡防署の艦船12隻|保釣運動の漁船75隻(9/24) »