引っ越し先(別宅)

おすすめ

RSS

twitter

  • Speechballoonorangepicon150px @pelicanmemo

    記事にした話題の、書けなかった余談やその後の話。その時々のニュースでも深読み気味。

banner

ウェブページ

無料ブログはココログ

« 【尖閣】に接近する国家海洋局「Y12」機、中国海軍「Y8」偵察機2機も飛行していた | トップページ | 少し迂闊だった防衛相の記者会見|「中国機への"警告射撃"、日本政府がはっきり態度表明」と中国紙が報道(2/2) »

2013年1月16日 (水)

「中国機への"警告射撃"、日本政府がはっきり態度表明」と中国紙が報道(1/2)

尖閣激突  日本の領土は絶対に守る尖閣激突 日本の領土は絶対に守る
山田 吉彦 潮 匡人

扶桑社 2012-11-22
売り上げランキング : 301899

Amazonで詳しく見る

小野寺五典防衛大臣は15日の記者会見で、記者の「中国の航空機が領空に入ってきた場合、警告射撃があり得るか」との質問に対して、他国の航空機が"領空侵犯"した場合は「国際的な基準に合わせて間違いのない対応をする」と回答した。

これについて中国メディア各紙は、日本メディアの報道を参照する形で「日本政府が、中国の航空機に対して警告射撃する事を、明確に態度表明した」と報道した。

小野寺防衛相が記者会見で回答した内容は間違ってはいない・・・、間違ってはいないんだけど、日中間の緊張が高まっている今の時期に、ちょっと迂闊な回答だったと感じられたので、それについて少し。



小野寺防衛相の、15日の記者会見のテキストはこちら。
大臣会見概要 平成25年1月15日(11時10分~11時21分)(防衛省・自衛隊)


中国メディアが特に多く引用しているのは、朝日新聞の記事。

小野寺五典防衛相は15日の記者会見で、尖閣諸島周辺の領空で中国の航空機が領空侵犯した場合の対応について「我が国も国際的な基準に合わせて間違いのない対応を備えている」と述べ、無線での警告などに従わずに侵犯を続ければ、警告として信号弾を射撃する方針を明らかにした。

防衛相「領空侵犯、信号弾で警告」 中国メディア質問に (朝日新聞|01/15 12:57)

信号弾は、曳光弾のつもりなのだろう。
記者会見での小野寺防衛相の回答とは、けっこうニュアンスが違っているが(本筋ではないので)それはともかく。
この朝日新聞の記事を引用する形で、中国メディア各紙が「日本政府が、"警告射撃"すると態度表明した」と報道した。

政府系メディアの中でも特に愛国的な記事が多い環球時報、その電子版の環球網は、朝日新聞の報道のすぐ後に「日本官方首次明确表态将对中国飞机警告射击(日本政府は、中国の航空機に対して警告射撃を行うと、はじめて明確に態度表明をした)」(环球网|01/15 13:59)(北京時間(この後の中国メディアの記事も同じ))と報道した。

201301warning001
环球网より)

≪朝日新聞≫の1月15日の報道によると、日本の小野寺五典防衛大臣は15日の記者会見で、中国の航空機がもし尖閣諸島の領空"侵犯"をしたならば、日本は"間違いのない"対応措置をとり、もし中国機が無線での警告を無視したならば、日本は警告として信号弾を発射することを明らかにした。これは日本政府が、中国機の"警告無視"に対して警告射撃をすると、はじめて明らかにした態度表明である。

据日本《朝日新闻》1月15日报道,日本防卫大臣小野寺五典15日在记者会上表示,中国飞机如果“入侵”钓鱼岛领空,日本将采取“正确”的对应措施,如果中国无视日本发出的无线电警告,日本将会发射信号弹警告。这也是日本官方首次明确表态,将对“无视警告”的中国飞机进行警告射击。

日本官方首次明确表态将对中国飞机警告射击(环球网|01/15 13:59)

本文には、領空侵犯と書いてあるし、無線の警告を無視した場合とか比較的に詳しく書いてあるが、タイトルの「中国の航空機に対して警告射撃」「日本政府が明確に表明」ばかりが広まっていくことだろう。




ここしばらく、"警告射撃(警告射击)"という四文字が、中国メディアの尖閣問題の記事を、ちょっときな臭い方向に賑わせている。
簡単に背景を書いておこう。

発端は、1月9日の産経新聞による「安倍首相が、領空侵犯機に対する曳光弾の"警告射撃"の検討を指示」という報道。
【尖閣国有化】中国軍機、相次ぎ領空接近 空自の警告射撃検討(MSN産経|1/9 06:55)

これに中国メディア(特に環球時報)が飛びつき、軍事評論家は「もしそうなったら、実弾で対処する」と強硬な発言もしたが、翌10日に菅義偉内閣官房長官がはっきりと否定したことで、"誤報"だったとされていた。

そのあたりの右往左往していた様子は、前の記事で軽く書いているので参照してみてください。
中国軍機への「警告射撃を検討」"誤報"/日本政府は報道を否定。右往左往する中国。: メモノメモ


日本では、中国軍の軍用機に対する"警告射撃"という見方が多いようだが、中国メディアでは国家海洋局所属「Y12」プロペラ機、"非武装"のパトロール機への"警告射撃"という見方も多い。(民間機をレンタルしたものでパイロットは民間航空会社所属と思われる)


否定された後も、軍事を煽るような記事やコメントで多く使われているが、一方で「日本官房长官否认将对中国巡航飞机“警告射击”(日本の官房長官は中国パトロール機に対する"警告射撃"を否定)」と伝える記事も広まっていた。
両者拮抗とまでは言わないが、冷静な見方も広がってきていたと感じた。


ところが今回、小野寺防衛相が「はっきりと態度表明した」という記事が出て広まる事で、菅内閣官房長官が否定した所から後退しただけでなく、産経新聞の"誤報"は実は真実だとして見られる可能性も出てきてしまった。


3月の全人代(全国人民代表大会)を前に、人事に絡む政治闘争は起きているし、軍部が存在感を盛んにアピールしているので、さらに煽るようなニュースが出てきそうだ。

暴発するうましかが出てこなければいいんだが・・・


ーー(追記:2013/01/17)ーーーーーー
人民日報のネット版、人民網が"誤報"と報道した。

日本防卫相从未表态将对中国飞机警告射击 日媒相关报道系误传
(日本の防衛相は、中国機への警告射撃するとは態度表明していない。 日本メディアの報道は誤報)
(人民网|01月16日17:00)

この記事を書いた時点では、9日の産経新聞の"誤報"の後のように(参照記事)、大きく広がると思っていたが、人民日報が誤報と名指しで報道した事で、とりあえずは大きな騒ぎにはならなさそうだ。
ーー(追記ここまで)ーーーーーーーーーー



後編:少し迂闊だった防衛相の記者会見|「中国機への"警告射撃"、日本政府がはっきり態度表明」と中国紙が報道(2/2)

小野寺防衛相は、言質を取られないように注意をしたと思うが、記者の質問をかわすのではなく、真面目に正面から対応してしまったようだ。

Q:日本側が、安倍総理が防衛大臣に対して、中国の飛行機がもしまた来た場合、警告射撃をするように検討して欲しいという報道が...(続く)



日本の「情報と外交」 (PHP新書)日本の「情報と外交」 (PHP新書)
孫崎 享

PHP研究所 2012-12-16
売り上げランキング : 1135

Amazonで詳しく見る

« 【尖閣】に接近する国家海洋局「Y12」機、中国海軍「Y8」偵察機2機も飛行していた | トップページ | 少し迂闊だった防衛相の記者会見|「中国機への"警告射撃"、日本政府がはっきり態度表明」と中国紙が報道(2/2) »

国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1205703/48770777

この記事へのトラックバック一覧です: 「中国機への"警告射撃"、日本政府がはっきり態度表明」と中国紙が報道(1/2):

« 【尖閣】に接近する国家海洋局「Y12」機、中国海軍「Y8」偵察機2機も飛行していた | トップページ | 少し迂闊だった防衛相の記者会見|「中国機への"警告射撃"、日本政府がはっきり態度表明」と中国紙が報道(2/2) »