引っ越し先(別宅)

おすすめ

RSS

twitter

  • Speechballoonorangepicon150px @pelicanmemo

    記事にした話題の、書けなかった余談やその後の話。その時々のニュースでも深読み気味。

banner

ウェブページ

無料ブログはココログ

« 中国、新造の海洋監視船「海監8002」を配備 | LRADを装備か | トップページ | 海監の海洋監視船は、旧正月(春節)も活動中|"化け物"ってコレのこと? »

2013年2月 8日 (金)

【地図】東シナ海での、レーダー照射事件の現場海域をGoogleMap上で作図してみた。

今がわかる時代がわかる世界地図 2013年版 特集:70億人の地球 日本経済の立ち位置 (SEIBIDO MOOK)今がわかる時代がわかる世界地図 2013年版 特集:70億人の地球 日本経済の立ち位置 (SEIBIDO MOOK)
正井泰夫

成美堂出版 2012-11-29
売り上げランキング : 4757

Amazonで詳しく見る

このエントリーをはてなブックマークに追加

中国海軍の軍艦が、海上自衛隊の護衛艦などに対して射撃管制レーダーを照射したのは、東シナ海のどのあたりだろう?

日本政府の発表は「東シナ海の公海上」「日中中間線の日本側」、そして「尖閣諸島から北100km以上」と少し曖昧なため、日本と中国のメディアがいろいろな地図やイメージイラストを使って説明を試みている。

そんな中、中国の人民日報系の日刊紙"環球時報"が、朝日新聞の記事と地図を元にして、現場海域は「東シナ海ガス田の近くだ」という記事を書いていた。

201302rockon101
环球网より)

環球さん、朝日さん、そんな場所じゃないですよー (´ ・ω・`)

GoogleMapを使って、少しだけマシな地図を描いてみた。




環球時報のデジタル版の環球網の2月7日付けの記事

日本の≪朝日新聞≫は2月7日、関係者が漏らした情報として、中国海軍ミサイルフリゲートが、海上自衛隊の護衛艦に対して火器管制レーダーを照射した地点は、尖閣諸島の北180kmの海域と報じた。その海域は、“日中中間線”近くで中国が開発している東シナ海ガス田の西側。ここは中国海軍の軍艦と海上自衛隊の艦艇がいつもパトロールしている区域である。

日本《朝日新闻》2月7日援引相关人士消息透露称,中国海军导弹护卫舰用火控雷达锁定日本海上自卫队护卫舰的地点位于钓鱼岛以北180公里出海域,该海域位于“中日中间线”附近中方开发的东海油气田以西,也是中国海军军舰与海自舰艇经常巡航的区域。

日媒称中国照射雷达地点位于东海油气田附近(日本メディアによると、中国がレーダー照射した地点は東シナ海ガス田の近くにある)(环球网|02/07 13:14)


元になったのは、朝日新聞の2月7日付けの記事とイメージイラスト地図。

関係者によると、海自艦がレーダー照射を受けたのは尖閣諸島の北180キロ前後。日中の中間線付近に中国が開発したガス田の西方で、中国海軍と海自が普段から艦艇を出して警戒を強めている海域だ。

朝日新聞デジタル:レーダー照射は「模擬攻撃」 防衛省幹部(朝日新聞|02/07 10:47)
(赤字強調は管理人による)


火器管制レーダーを照射したことを、とにかく正当化しようと頑張る環球時報につっこむべきか・・・
矛盾する情報をもとに、いいかげんな地図を載せている朝日新聞に怒るべきか・・・

正直なところ、呆れてしまった。

しかも環球時報の記事はこの後に、朝日新聞の6日の報道で2012年9月以前にも中国の軍艦から火器管制レーダー照射を受けていたという報道にも触れている。

その朝日新聞の記事はすでに削除されており、日本報道検証機構GoHoo では"注意情報"として発表している。
(参照:「尖閣国有化前からレーダー照射」 記事削除 | GoHoo(日本報道検証機構))

新詳高等地図 (Teikoku’s Atlas)新詳高等地図 (Teikoku’s Atlas)
帝国書院編集部

帝国書院 2012-10
売り上げランキング : 2558

Amazonで詳しく見る

201302rockon103
(大きな画像にリンクしています)

このエントリーをはてなブックマークに追加

赤い円は、尖閣諸島の魚釣島と久場島から100kmと180kmの距離を表している。
東シナ海ガス田の一番南にある「白樺(中国名:春暁)」ガス田の位置は、中国当局が発表した緯度経度を元にした(緑色の矢印)。
その他、詳しい説明は後ろに書いています(冗長になるので後述)。

火器管制レーダーが照射された推定海域は、大陸から200kmほど、東シナ海ガス田の「白樺(春暁)」の南西250kmほどの海域。

朝日新聞の「東シナ海ガス田の西方」という情報は完全に矛盾していて、地図上に反映させることは出来ない。
この事が、朝日のこの記事の「信頼性の低さ」を表していると感じられる。
それでも一応、尖閣諸島から180kmも考慮して描いてはみたが・・・、「推定海域」の南半分のほうが可能性が高いだろう。


以前から、マスコミが使うイラスト地図にいいかげんなものが多いと言われてきた。
(参考:尖閣諸島と東アジア地形図の報道姿勢

もしこれが実弾での発砲事件だったら、中国メディアはどれほど強硬な論調になっていただろうか?

武力衝突の可能性が論じられるくらい、日本と中国で(特に中国で)緊張感が高まっている時期だ。
日本と中国のマスコミは、もっと緊張感をもって、注意深く報道をしてほしいものです。



ところで原口元総務大臣のお言葉どおり、GoogleEarthを使って、海上自衛隊と海上保安庁の艦船の位置を調べてみたのですよ・・・

見つけられませんでした。 (´ ・ω・`)ショボーンw


ベーシックアトラス世界地図帳 新版―世界を知ることは現代人の常識ベーシックアトラス世界地図帳 新版―世界を知ることは現代人の常識
平凡社

平凡社 2012-03-22
売り上げランキング : 1886

Amazonで詳しく見る

以下、地図の説明と情報ソース。


1月19日の「DD-111 おおなみ」搭載のヘリコプターへの疑い事例も、1月30日の護衛艦「DD-103 ゆうだち」への事例も、火器管制レーダーが照射されたのは同じ海域。(参照

政府発表では、「尖閣諸島の北100km以上の公海上」(参照)で、「日中中間線の日本側」(参照)。
朝日新聞の報道では、関係者による情報として「尖閣諸島北180km前後」「東シナ海ガス田の西方」。(参照

地図上では、"魚釣島"と"久場島"からの距離100kmと180kmを、赤い円で描いた。
通常、「尖閣諸島から〜km」と使われる場合は"魚釣島"を基点にすることが多いが、念のため"久場島"も加えた。
「東シナ海ガス田の西方」という情報は、完全に矛盾しているため、地図に反映させることはできない。

尖閣諸島の北112km〜128kmの海域では、中国海軍の軍艦と海上自衛隊の護衛艦によるパトロールが常態化していると報道されている。(参照
中国メディアでは112〜138kmと書かれているが、書き間違いだろう。(参照:cn
112km〜128kmと中途半端な数字なのは、60海里〜70海里が元と思われる。
ここが火器管制レーダー照射があった海域と確認されたわけではないので、参考情報程度に「推定海域」に反映させた。

日本が主張する"日中中間線"は、正確な緯度経度が発表されていないのか、いろいろな地図でさまざまな線が描かれている。このため、正確に描くことは難しい。
ここでは、平成17年の経済産業省の資料の地図(*1)と、この記事で最も重要な「白樺(中国名:「春暁)」ガス田の位置(緯度経度)を元にして描いた。(*2)

東シナ海ガス田の、もっとも南側にある「白樺(春暁)」ガス田の位置(緑色の矢印)は、中国の交通部海事局の資料を元にした。北緯28度10分〜28度40分、東経124度50分〜125度20分。(参照:cn)(*3)

ーー(追記:2013/02/10)ーーー
「白樺(春暁)」ガス田と「日中中間線」の位置について、補足説明。

この記事の地図の「白樺(春暁)」ガス田の位置は、中国の海事局の資料にある範囲の、南西の端( 北緯28度10分、東経124度50分)です。(●印の中心から左下にずれている)

日中中間線の位置と、日本と中国の海岸線の摺り合わせは、中南海ノ黄昏さんとこの記事「Google Earthで東シナ海ガス田問題を観る」がよく出来ています。
そこからダウンロード出来るKMZファイルを使えば、GoogleEarthで確認できます。
ーー(追記ここまで)ーーーーーーー


参考:
天然ガス田「白樺」 - 地球探検の旅
中南海ノ黄昏: Google Earthで東シナ海ガス田問題を観る
尖閣諸島と東アジア地形図の報道姿勢


(*1)経済産業省「東シナ海における試掘権設定の処理のための手続き開始について 平成17年4月13日」(pdf)より。INPEX(国際石油開発帝石株式会社)の発表資料。
(*2)この経済産業省資料の地図は、そのままGoogleMap上に載せようとすると、特に南北方向でしっかりと海岸線を合わせられない。 投影法が違うためだろう。
日中中間線の作図では、沖縄本島、石垣島、台湾、浙江省以南の中国大陸の海岸線を重視した。そのため、トカラ列島より北の緯度(地図上の「東シナ海ガス田」の文字より北側)では誤差が大きくなるだろう。
(*3)ほかのガス田・油ガス田の位置は、ざっくりと位置を合わせた程度。表記は、日本名(中国名)としている。

世界で一番おもしろい地図帳世界で一番おもしろい地図帳
おもしろ地理学会

青春出版社 2005-06-24
売り上げランキング : 93526

Amazonで詳しく見る

« 中国、新造の海洋監視船「海監8002」を配備 | LRADを装備か | トップページ | 海監の海洋監視船は、旧正月(春節)も活動中|"化け物"ってコレのこと? »

国際」カテゴリの記事

時事|中国海警局、海監」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1205703/49266078

この記事へのトラックバック一覧です: 【地図】東シナ海での、レーダー照射事件の現場海域をGoogleMap上で作図してみた。:

« 中国、新造の海洋監視船「海監8002」を配備 | LRADを装備か | トップページ | 海監の海洋監視船は、旧正月(春節)も活動中|"化け物"ってコレのこと? »