引っ越し先(別宅)

おすすめ

RSS

twitter

  • Speechballoonorangepicon150px @pelicanmemo

    記事にした話題の、書けなかった余談やその後の話。その時々のニュースでも深読み気味。

banner

ウェブページ

無料ブログはココログ

« 【H7N9鳥インフル】日本メディアがあまり伝えていないことを、いくつか。 | トップページ | 【H7N9鳥インフル】ロシアが「我が国にもウィルスのサンプルをよこせ」と中国に要求。 »

2013年4月18日 (木)

【H7N9鳥インフル】増える感染者数、掘り起こされる過去例も。

201304birdflu1004
新华网より)

このエントリーをはてなブックマークに追加


中国で鳥インフルエンザ(A/H7N9)の感染者数が増えています。
4月18日午後8時(日本時間)時点で、確認された感染者は87人で、死者17人、快復4人(退院3人)。その他に、検査で陽性確認されたが発症していない例が1人。

毎日、3人、5人と新たに"確認"された感染者のニュースが増えていくのですが、あくまでもその日に"発表"された人数であって、その日に"発症"した人数でも"感染"した人数でもないのは当たり前です。前の記事にも書いた通りです。

参照:【H7N9鳥インフル】感染者が「発症した日」を元に、グラフを描いてみた。: メモノメモ


今週になって過去の、かなり前の症例が「新たに"確認"」された感染者として発表されました。

例えば4月16日に、上海で新たに確認される6人の感染者のうち、新たな感染者は1人だけで、4人は3月下旬の患者のサンプル5つを再検査した結果、4つで陽性反応が確認されたものです。
残りの1人は湖南省の3月中旬の発症例で、これは発症から発表まで1ヶ月もかかっています。

この湖南省の例について、4月17日と18日付けの湖南省の地方紙「潇湘晨报」に詳細が載っていました。患者と家族の足取りや、疾病予防管理センターの検査態勢など詳しく書かれていて面白かったので、これについて少し。

湖南通报一起H7N9回顾性病例:患儿已痊愈(湖南省はH7N9"回顧性病例"1つを報告:患者児童は全快)
湖南疾控:能排除H7N9回顾性病例在湘感染可能(湖南省CDC:H7N9"回顧性病例"は、省内での感染可能性はない)

感染者は上海市に住む孟くん、2才の男の子で、診察と治療が早かったためわずか5日で退院しました。


山本光学 YAMAMOTO 7500 N95マスク 20枚入山本光学 YAMAMOTO 7500 N95マスク 20枚入

山本光学
売り上げランキング : 20

Amazonで詳しく見る



孟くんは、両親と自動車で、3月17日に上海から湖南省の省都長沙市に向かっていたところ、急に熱を出し、18日午前1時に長沙市の病院(救急外来?)で診察を受けた時には、体温は最高で40.2℃の高熱でした。幸いにも初期治療が功を奏して、18日の午前中に症状が軽くなったので、19日に両親は孟くんを連れて上海市に帰り上海市内の病院で治療を受けたそうです。
22日に退院しています。

日本の感染症法に基づく届け出制と同じく、中国の規則でも、症状が出て38℃以上の患者の検体をとって検査することが決まっています。
検体は、長沙市の疾病予防対策センターに送られましたが、3月31日に国家衛生・計画出産委員会が発表した、上海でのH7N9鳥フル感染者の中には、孟くんの症例は含まれませんでした。

上海市では、上海市の病院で診察を受けた時には具合がよくなっていたので、そこでは感染症の「検査をしなかった」のでしょう。

季節性インフルエンザ(A/H1N1)も流行っているので、同じように埋もれてしまった例が、他にもありそうです。



孟くんから採取した検体は、結果が確定するまでに20日もかかっています。

長沙市の疾病管理センターによると、多くのサンプルの1つなので検査が遅れ、細胞培養してA型インフルエンザと確認されたのが4月7日。同日、湖南省の疾病管理センターに送り、H7N9鳥インフルの陽性という検査結果が出ました。湖南省衛生庁と北京にある中国疾病管理センター、上海市の疾病管理センターに連絡しています。
そこからさらに、4月8日に北京の中央疾病管理センターに検体を送って再検査をして、11日にA/H7N9の陽性反応を確認。

しかも、発表は16日・・・(´ ・ω・`)

これでも、国家感染症監視測定プログラム(国家流感监测方案)の通常の対応では、患者から検体を採取してから、中央疾病管理センター・国家インフルエンザ・センターで照合するまでの期間が、1ヶ月を越えなければ制度上は問題ないのだそうです。

「4月7日に発表出来なかったのか?」と思うのですが、発表は国家衛生・計画出産委員会の権限で行うのであり、中国疾病管理センターが確認をした上でないと出せません。
こういう所でも、中央集権的ピラミッド構造ですね。


現在は、H7N9鳥インフルの感染拡大が続いたことで中国各地で検査態勢の整備が進められており、長沙市でも24時間体制で、感染症発生状況の毎日の報告制度をとっているそうです。
どこまで信じられるかはともかくとして、2月3月のようなことがないようにしてほしいものです。

この湖南省の孟くんの例の様に、3月下旬までに発症していたどこかの地域の感染者サンプルが検査されないまま残っていて、時々、少しずつ発表されていくのかもしれません。

個人的には、これまでH7N9鳥フル感染疑い例を報告せず隠蔽していた地方政府に対する、中央政府の救済策じゃないかな?、とか、邪推していたりします(笑)



メモ
別に、中国の代弁する気はさらさらないのですよ。

ただ、日本メディアの報道をただ漫然と見ていると、毎日、新たな感染者が出続けているという勘違いをしてしまいそうです。
某週刊誌などが変な方向に盛り上げると、大陸がそれを読んでまた「日本の捏造だ、中国社会の不安感を煽っている」とか、これまた変な方向に盛りあがったりしそうで(笑)

中国国内が不安定になったら、外敵の脅威を演出して反日ムードを盛り上げてくるのはいつもの手なので、どこにどう跳ね返ってくるか分かりませんし。



【PM2.5対応/N95規格フィルター】【安心の日本製マスク お得用150枚入(個別包装)】鳥インフルエンザ対策(H7N9型)にも最適! ※一般財団法人カケンテストセンター(旧:日本化学繊維検査協会)検査済【PM2.5対応/N95規格フィルター】【安心の日本製マスク お得用150枚入(個別包装)】鳥インフルエンザ対策(H7N9型)にも最適! ※一般財団法人カケンテストセンター(旧:日本化学繊維検査協会)検査済

モチガセ
売り上げランキング : 19910

Amazonで詳しく見る

« 【H7N9鳥インフル】日本メディアがあまり伝えていないことを、いくつか。 | トップページ | 【H7N9鳥インフル】ロシアが「我が国にもウィルスのサンプルをよこせ」と中国に要求。 »

国際」カテゴリの記事

感染症」カテゴリの記事

時事|H7N9鳥フル」カテゴリの記事

社会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1205703/51282470

この記事へのトラックバック一覧です: 【H7N9鳥インフル】増える感染者数、掘り起こされる過去例も。:

« 【H7N9鳥インフル】日本メディアがあまり伝えていないことを、いくつか。 | トップページ | 【H7N9鳥インフル】ロシアが「我が国にもウィルスのサンプルをよこせ」と中国に要求。 »