引っ越し先(別宅)

おすすめ

RSS

twitter

  • Speechballoonorangepicon150px @pelicanmemo

    記事にした話題の、書けなかった余談やその後の話。その時々のニュースでも深読み気味。

banner

ウェブページ

無料ブログはココログ

« 「麗娜輪(ナッチャンRera)」、16日に台湾で初航海。 | トップページ | 【検証動画】誰が嘘をついているのか?| 台湾漁船へのフィリピン公船による射撃事件 »

2013年5月16日 (木)

台湾漁船へのフィリピン公船の射撃事件|45の弾痕と射撃方向から、事件発生時の状況を考えてみた。

201305twph101
中央社即時新聞より 中央社記者郭日曉攝)

このエントリーをはてなブックマークに追加


台湾の漁船に対して、フィリピンの公船が射撃を行い、漁師1人が死亡した。
馬英九総統は、フィリピンの謝罪内容は不誠実だとして、フィリピンへの制裁措置を従来の3項目に8項目を追加、11項目を開始した。


こじれた・・・ (´ ・ω・`)


前の記事:台湾の漁船に対してフィリピンのパトロール船が銃撃、1人死亡。|現地報道いくつか、まとめ。: メモノメモ(5/13)


台湾では、フィリピンに対して強硬な論調が多くみられ、メディアも煽っている。台湾メディアのネット投票では、馬政権の対応を不満とする声が圧倒的に多い。 日本では馬英九政権の対応が強硬と見られているが、むしろ軟弱な対応を馬"クラゲ"総統(*1)とも揶揄されている。 外交部の失策だろう。

フィリピンは、犠牲者家族と台湾国民への謝罪を行ったが、「一中原則」(1つの中国の原則)をもとにしていて、国家としての正式な謝罪ではない。また、賠償金ではなく“慰謝料”という位置づけになっている。
さらに、2度目の最後通告(15日18時まで)の期限前に、フィリピン大統領府の発表で使われた、「不幸な故意ではない(不幸且非故意(unfortunate and unintended))事故」という表現も、不誠実だと台湾国民を怒らせている。 犠牲者家族は、謝罪は到底受け入れられないと、アキノ大統領が指名した"個人"特使のマニラ経済文化事務所(日本の交流協会のような組織)ペレス代表と会うことを拒絶した。(参照:tw

フィリピンが主張するように、射撃は「故意に行われたものではなかった」のだろうか?

台湾法務部は15日午後の記者会見で、銃撃を受けた漁船「廣大興28號」の現場検証の結果から、船体に残っている45の弾痕は、4人の船員が隠れていたキャビンと船体後部に集中しており、「故意の殺人(有殺人故意)」だと発表した。 
漁船遇襲 法部勘驗有殺人故意(5/15|中央社)

すでに話題は政治と外交に移っているが、そもそもどういう状況で射撃が行われたのか、地検の発表や検証写真から考えてみた。
(ひと目見ればイメージ出来ると思いますが・・・、長文ですみません)

ちなみに中国は、中国海軍東海艦隊をバシー海峡に送るなどして、漁夫の利を狙っている。(参照
台湾とフィリピンが争って、得をするのは中国だけかと。

(*1)「無腦、很軟、手有毒」とクラゲと比較されている。弱腰の対応と、馬英九総統と握手をした後に不幸になるというゴシップから。クラゲ(水母)が持ち出されるのは、パラオ共和国議長との会見での発言から。(参照:tw

東アジア戦略概観2013東アジア戦略概観2013
防衛省防衛研究所

成隆出版 2013-04-13
売り上げランキング : 35548

Amazonで詳しく見る

フィリピン沿岸警備隊の発表では、違法操業をしていた「廣大興28號」が、体当たりをするような動きをして1mまで接近してきたので、警告射撃を行ったうえで停船させようとエンジンに発砲したと報告している。(参照
一方、「廣大興28號」の船長、洪育智(死亡した男性の息子)は、海域から去ろうと準備をしていたところに、警告無く銃撃を受けたと証言をしている。 最初の銃撃でガソリンタンクや計器などが全壊し、父親は背中を撃たれた。さらにフィリピン船が近づいてきたので残った動力で逃げたが、その間に3度の銃撃を受けたと言っている。(参照:tw

台湾南部、屏東県地方検察署は、漁船「廣大興28號」の航行記録機(VDR)を解析し、漁船は暫定境界線(*2)を越えて漁はしていないと発表した。(参照:tw
(*2)台湾とフィリピンが主張する重複したEEZの暫定境界線。現場海域での緯度は北緯20度。

201305twph001

201305twph101
中央社即時新聞より 中央社記者郭日曉攝)

弾痕は漁船の左舷に残っている。 台湾の漁船「廣大興28號」の左側にフィリピンのパトロール船「MCS-3001」がいたのだろう。
船首に数発の弾痕がある。 船体後部に大多数の弾痕があり、キャビンにも弾痕がある。
射撃方向をみると、「MCS-3001」が「廣大興28號」の左側ほぼ真横にいる時に、船首に数発と、船体後部に集中して撃ち込んでいる。 そして「廣大興28號」の相対位置か進路が少しずれたところで、斜め後ろから船尾とキャビンに撃ち込んでいるようだ。 

“漁船が体当たり”というと、尖閣諸島沖での中国漁船が、海上保安庁の巡視船へ体当たりした時の流出動画のシーンを思い浮かべてしまう。
今回、両船の速度と進行方向が分からないが、「廣大興28號」の船首方向からの射撃はおこなわれていないので、「MCS3001」に向かって体当たりをしてきた漁船を排除するためというのは、ちょっと無理があるように思われる。

もしかしたら、進路をふさいできた「MCS-3001」に対して「廣大興28號」はぶつかる寸前まで進路をこじ開けるように進んだのかもしれない。それを体当たりと表現したのだろうか? 接触の跡はないので衝突はしていない。「MCS-3001」は「廣大興28號」の左舷を併走する形となったことだろう。


両者の意見を最大限に考慮して、漁船船長が証言した3度の射撃を考えてみると、こうだったのではないだろうか?(あくまでも想像です)。

・フィリピン公船「MCS-3001」は、速度を落とさせようと、船首に向かって警告射撃(?)を行った。数発(10発以下)が着弾。 しかし台湾漁船「廣大興28號」は止まろうとしない。
・すぐに次の射撃。エンジンを止めて停船させようと、船体後部のエンジンのあるあたりに向かって、2度目の射撃(20発以上?)を行った。 多くは漁船船体に当たり、数発はキャビンに、船縁の板を貫通した弾もあっただろう、そして洪石成(65才)の背中に当たった。ガソリンタンクに穴が空いたが、残った動力でさらに逃げる。
・「廣大興28號」が速度を上げたか、舵を右に切ったところで、斜め後ろから3度目の射撃(10~20発?)を行った。 「廣大興28號」の船尾とキャビンに当たったが、さらに逃げる。

「MCS-3001」は、それ以上追いかけることはしなかった。深入りするのはまずい海域に入っていたのかもしれない。

(追記:20150517)
5月16日付けのManila Bulletin紙で、フィリピン沿岸警備隊(PCG)の調査レポートの内容が報道された。
PCG describes Balintang Channel incident - 'like a scene from an action movie' (5/16 | Manila Bulletin)
菲調查報告出爐 指廣大興號先越界(5/17|聯合新聞網)

少しまとめました。
【検証動画】誰が嘘をついているのか?| 台湾漁船へのフィリピン公船による射撃事件: メモノメモ
(追記ここまで)


台湾政府は16日、屏東地検の主任検察官と「廣大興28號」事件担当検察官、法務部、刑事局、海岸巡防署と外交部の17人からなる調査グループを、フィリピンに派遣する。

射撃は過失か故意の殺人か?、原因は漁船の体当たりを排除する為だったか?、そして「MCS3001」航行記録などの改竄が行われないか司法組織と共同で調査が行われる・・・予定だ。
台調查團將赴菲 已定調故意殺人(5/15|民視)
調查團今早抵菲 要求看肇事影帶(5/16|民視)

メモ
日本の大手メディアが台湾について報道したがらないのは毎度のことだけど・・・、それより、台湾の報道とフィリピンの報道との、あまりの温度差にびっくり。(´ ・ω・`)


鬼警部アイアンサイド BOX1 [DVD]鬼警部アイアンサイド BOX1 [DVD]

ポニーキャニオン 2013-05-15
売り上げランキング : 24125

Amazonで詳しく見る

« 「麗娜輪(ナッチャンRera)」、16日に台湾で初航海。 | トップページ | 【検証動画】誰が嘘をついているのか?| 台湾漁船へのフィリピン公船による射撃事件 »

国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1205703/51651346

この記事へのトラックバック一覧です: 台湾漁船へのフィリピン公船の射撃事件|45の弾痕と射撃方向から、事件発生時の状況を考えてみた。:

« 「麗娜輪(ナッチャンRera)」、16日に台湾で初航海。 | トップページ | 【検証動画】誰が嘘をついているのか?| 台湾漁船へのフィリピン公船による射撃事件 »