引っ越し先(別宅)

おすすめ

RSS

twitter

  • Speechballoonorangepicon150px @pelicanmemo

    記事にした話題の、書けなかった余談やその後の話。その時々のニュースでも深読み気味。

banner

ウェブページ

無料ブログはココログ

« 映画『ワールド・ウォー Z』から生還。(作品の内容に触れています) | トップページ | 【尖閣】中国海警局 (国家海洋局・中国海監など)の過去記事まとめ(〜8/19) »

2013年8月19日 (月)

【尖閣】海警2113(海監5001) 初航海で韓国、米国、日本にちょっかいかける

201308haijing0301
(海警2113。海監5001の時の写真)
新浪网

このエントリーをはてなブックマークに追加


8月17日、前日まで尖閣諸島周辺海域(日本の領海を含む)を航行していた中国海警局の監視船と交代して、別の監視船4隻が確認された。
「海警2350(海監50)」「海警1123(海監23)」「海警2112(海監8002)」そして、「海警2113(海監5001)」の4隻。

ちょっと面白かったのが、新顔の「海警2113(海監5001)」の7月の初航海。

まず黄海で、韓国海洋警察庁の大型巡視船にちょっかいをかけ、
次に東シナ海ガス田近くの海域で、米国海軍の海洋調査船にちょっかいをかけ、
そして尖閣諸島の周辺海域で、海上保安庁の巡視船にちょっかいをかけ、

と、東1局でいきなり三暗刻を、と、積み込みでもやったかのような成果をあげている(笑)


海上保安庁 その装備と実力に驚く本 (KAWADE夢文庫)海上保安庁 その装備と実力に驚く本 (KAWADE夢文庫)
社会情報リサーチ班

河出書房新社 2013-05-16
売り上げランキング : 152180

Amazonで詳しく見る


「海警2113(海監5001)」は、江蘇省海監総隊(江蘇省海洋・漁業局)所属、1000トン級海洋監視船。国家海洋局・中国海監の第三次海洋監視船新造計画の36隻のうちの1隻。 これからの、中国の1000トン級海洋監視船の標準型だろう。11の沿岸州(市・区)の海警総隊に、それぞれ1隻以上、配備されるはずだ。

同船は先進的な操作システム、衛星通信測位システム、無線画像受信システム、「北斗」衛星測位システム、高速法執行工作艇、赤外線法執行証拠収集光電システム、海洋資源調査設備、操作可能な音響弾、操作可能な2本の高圧放水ホースを搭載している。

1000トン級の海監法執行船が配備 海上移動指揮センターに(2013/6/8|サーチナ)

基本的な装備は、同型船の、福建省の「海監2112(海監8002)」と同じようだ。海監8002についていくつか写真付き記事を書いているので、そちらを参照してみてください。


「海監8002」が「海警2112」として、中国海警局の新塗装に: メモノメモ
中国の海洋監視船"海監8002"に導入された最新の装備 | 衛星テレビは50チャンネル: メモノメモ




「海監5001(海警2113)」は初公開でまず黄海を東へ、中国と韓国が共同管理している排他的経済水域にある暗礁(韓国名:離於島/中国名:蘇岩礁)に向かった。そこに韓国が建設した洋上?プラットフォームを視認・撮影し、韓国海洋警察庁の巡視船「3003号」と遭遇している。

「3003号」とは、韓国海洋警察庁の木浦海洋警察署に配備されている3000トン級のヘリ1機搭載型の大型巡視船「太平洋3号(ARS-3003)」。全長110m、全幅15.4m。満載排水量3900トン。速力21ノット。20mm機関砲と機銃で武装している。

201308haijing0302
서귀포해경 보유함정

中国メディアの記事(参照:cn)では、例によって、「太平洋3号(ARS-3003)」に対して中国の管轄海域であると通告したと書かれているが、間違いなく、韓国側からも同様の通告を受けているだろう。 韓国メディアの記事はチェックしていないが、もしかしたら、「韓国海警庁によって中国海監の監視船が『駆逐された』」と報道されているんじゃなかろうか(笑)



次に、東シナ海ガス田に向かい、米国海軍の海洋測量船「インペッカブル(无瑕)」号と遭遇、米国旗が確認できる距離まで接近して、中国の排他的経済水域での海洋調査は認められていないと通告している。(参照:cn

201308haijing0304
人民网

「インペッカブル」号と言えば、2009年の南シナ海の公海の調査・航行中に、中国の漁業局(漁政)と漁船によって異常接近と進路妨害等をされた調査船だ。 今回はちょうど、新しい天然ガス採掘プラットフォームの建設が確認されたので、その調査も兼ねて米国の存在感をアピールしたのだろう。

中国は例によって、中国が主張する排他的経済水域での調査には中国の同意が必要だと言っているが、その一方で、日本の排他的経済水域での、中国の海洋調査船による調査については法的に問題は無いという。

マイルール重視で、国際法よりも国内法を優先させながらも、外国に対しては国際法に違反していると言って非難する、ダブルスタンダードな対応は相変わらず。



そして尖閣諸島の周辺海域に現れて、「海監23(海警1123)」「海監49(海警2149)」とともに、日本の領海に進入し、海上保安庁の巡視船に対してジャイアンリサイタルを「定例パトロール」だと主張している。(参照


この「海監5001(海警2113)」の乗組員たち、お茶目なことに、魚釣島をバックに記念撮影も行っている。

ここんとこ地方公務員にありがちな、ぬるい雰囲気が感じられる。

201308haijing0305
新浪网

そこ、日本の領海内だよね・・・? 甘く見られてんなあ。

チョンボして、国際法を破ってくれば中国の立場が無くなるのに、チョンボして緊張感高まらなければいいんだが・・・(´ ・ω・`)


メモ
何か事件が起こってほしいわけじゃないけど、こう手詰まりな状況だと、相手のミスを誘ってそこを突破口にして、外交交渉で優位に立つことも考えているだろう。お互いに。



海上保安大学校・海上保安学校採用試験徹底研究―問題例と解説海上保安大学校・海上保安学校採用試験徹底研究―問題例と解説
海上保安入試研究会

成山堂書店 2013-06-21
売り上げランキング : 13462

Amazonで詳しく見る

« 映画『ワールド・ウォー Z』から生還。(作品の内容に触れています) | トップページ | 【尖閣】中国海警局 (国家海洋局・中国海監など)の過去記事まとめ(〜8/19) »

国際」カテゴリの記事

時事|中国海警局、海監」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1205703/52926613

この記事へのトラックバック一覧です: 【尖閣】海警2113(海監5001) 初航海で韓国、米国、日本にちょっかいかける:

« 映画『ワールド・ウォー Z』から生還。(作品の内容に触れています) | トップページ | 【尖閣】中国海警局 (国家海洋局・中国海監など)の過去記事まとめ(〜8/19) »