引っ越し先(別宅)

おすすめ

RSS

twitter

  • Speechballoonorangepicon150px @pelicanmemo

    記事にした話題の、書けなかった余談やその後の話。その時々のニュースでも深読み気味。

banner

ウェブページ

無料ブログはココログ

« "怪獣"ウサギ台風(台風19号)、香港直撃か | トップページ | 「尖閣」抗議船は10月7日以後に出港予定、「海警2401」進水など小ネタいくつか。 »

2013年9月24日 (火)

中国、"擬態コンピュータ"を使用したオンライン・バンキング開始? 人民日報日本語版の豪快な記事(笑)

おどろきの中国 (講談社現代新書)おどろきの中国 (講談社現代新書)
橋爪 大三郎 大澤 真幸 宮台 真司

講談社 2013-02-15
売り上げランキング : 7445

Amazonで詳しく見る

このエントリーをはてなブックマークに追加


ちょっと、この記事を読んでみてください。
タイトルから、北京銀行がダイレクトバンキング・サービスを始めたことの報道と思えます。

北京銀行 ダイレクトバンクサービスをスタート(9/23|人民網日本語版)

中国の科学者はこのほど、バイオニクス・認知科学・現代情報技術を融合させ、構造を動的に変更可能な擬態コンピュータの開発に世界で初めて成功した。こ の「新概念高エネルギー効率コンピュータ体系構造およびシステムの研究開発」と呼ばれるプロジェクトは上海で21日、中国国家ハイテク研究発展計画 (863計画)プロジェクト検収専門家チームの検収に合格した。新華社が伝えた。

ダイレクトバンクはオンラインとオフラインが融合し、相互に連携する新たなルートのサービスだ。オンラインルートはインターネットの総合営業販売プラットフォーム、ネットバンキング、(中略) 現在、同行は北京、西安、済南などに多くの実店舗を構え、簡単、便利で優遇サービスの専用の金融商品を広めようとしている。

201309onlinebanking001

いかがでしたか?


素直に読むと、バイオニクス・認知科学・現代情報技術を融合させた世界初の新概念のコンピュータが検収に合格し、それを活用したオンラインバンキングを北京銀行が開始、と読めてしまうのですが、もちろんそんなわけはないでしょう。 中国の記事にありがちな、大袈裟な表現を使った、バイオ認証など先進的な個人認証を導入した個人向け銀行サービスについて書いているのだろうと思ったのですが、それにしてはちょっと変です。

実は、人民日報の日本語版が "うっかり" 2つの記事を混ぜて公開してしまった、という、なんとも豪快な記事でした。

前半は、中国が新しいコンピュータシステムを開発したというニュース。
後半は、北京銀行が、ダイレクトバンキング・サービスを始めるというニュースです。民生銀行もアリババグループと提携して似たサービスを計画しており、中国での個人向け銀行サービスの競争がさらに加速するでしょう。

中国メディアの日本語版の翻訳記事に、翻訳や編集などでいろいろと問題があることはあちこちで指摘されていますが、まさか、ここまで豪快な "誤報?(笑)"が出てくるとは。


まともな、今回の「擬態コンピュータ」についての記事。
中国が擬態コンピュータの開発に成功 エネルギー効率が100倍に(9/23|人民網日本語版)
中国成功研制世界首台拟态计算机(中国が、世界ではじめて擬態コンピュータの研究開発に成功)(9/22|人民网)

“直销银行”破土 北京银行民生银行逐鹿(ダイレクトバンキング開始 北京銀行と民生銀行がシェア争い)(网易财经)

在中日本人108人のそれでも私たちが中国に住む理由在中日本人108人のそれでも私たちが中国に住む理由
在中日本人108人プロジェクト

阪急コミュニケーションズ 2013-08-29
売り上げランキング : 460

Amazonで詳しく見る


新開発の「擬態コンピュータ」とは、正式名称「PRCA(Proactive Reconfigurable Computing Achitecture:プロアクティブな自律再構成可能コンピューティング・アーキテクチャ)」。
中国の次世代高性能コンピュータ 性能は従来型の10倍(2012/10/12|人民網日本語版)
(この記事の"編集SN"氏が書いていれば、こんな豪快な記事は生まれなかったでしょうに)

元の記事(科技日報)と、上海科技网の説明によると、リソースの使用状況や温度、電力消費量、アプリケーションの使用状態をもとにして、自律的に再構成をすることで、より高性能で省エネを実現できるシステムだそうです。
このアーキテクチャに基づいて、安全性を大幅に向上させることが可能なセキュリティシステムも考えられているとか。

変装の名人と呼ばれる擬態するタコ、ミミックオクトパスからインスピレーションを得て、このシステムの研究開発をしたというのは面白いですね。

再構成可能コンピューティング - Wikipedia
FPGAの全体像をつかむ

201309onlinebanking002
上海科技网




FPGAキットで始めるハード&ソフト丸ごと設計: CPUと周辺回路を作り込んでCプログラミング (Design Wave)FPGAキットで始めるハード&ソフト丸ごと設計: CPUと周辺回路を作り込んでCプログラミング (Design Wave)
栗元 憲一

CQ出版 2013-04-30
売り上げランキング : 250141

Amazonで詳しく見る

« "怪獣"ウサギ台風(台風19号)、香港直撃か | トップページ | 「尖閣」抗議船は10月7日以後に出港予定、「海警2401」進水など小ネタいくつか。 »

国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1205703/53369645

この記事へのトラックバック一覧です: 中国、"擬態コンピュータ"を使用したオンライン・バンキング開始? 人民日報日本語版の豪快な記事(笑):

« "怪獣"ウサギ台風(台風19号)、香港直撃か | トップページ | 「尖閣」抗議船は10月7日以後に出港予定、「海警2401」進水など小ネタいくつか。 »