引っ越し先(別宅)

おすすめ

RSS

twitter

  • Speechballoonorangepicon150px @pelicanmemo

    記事にした話題の、書けなかった余談やその後の話。その時々のニュースでも深読み気味。

banner

ウェブページ

無料ブログはココログ

« 脂肪の「分解」に着目したトクホ 『伊右衛門 特茶』を飲んでみた。|ケルセチン配糖体について調べてみた。 | トップページ | 米国の財政問題と政府機関閉鎖で、うちのMacにも影響が(笑) »

2013年10月 9日 (水)

【中国海警局】小ネタ 海警局の船の呼び方は、公船、監視船、巡視船、警備船?

日本人がもっと好きになる尖閣諸島10の物語日本人がもっと好きになる尖閣諸島10の物語
山本 皓一

宝島社 2013-10-04
売り上げランキング : 227947

Amazonで詳しく見る

このエントリーをはてなブックマークに追加


中国海警局の船は、台風23号、24号の影響で、尖閣周辺への"自称パトロール"航海を控えているようだ。海が穏やかになればまた現れるだろうし、中国・香港・台湾の保釣団体による抗議船も出港するかもしれない。

中国の海上法執行組織4つが統合再編し、中国海警局として正式に発足してもうすぐ3ヶ月。日本メディアの報道は、あっさりとテンプレート化し、新聞での扱いもどんどん小さくなり隅に追いやられている。

中国は、大きなアクションは起こさずに、徐々に、徐々に"歩"を進め、既成事実を積み上げ、飽きっぽい日本の大衆と近視眼的な日本メディアを 「常態化」に慣れさせていき、茹でカエルのように危機感を殺いでいるかのようだ。

まあ、堅い話はともかく小ネタを少々。

中国海警局が正式発足し、「中国海警」のはじめての船が尖閣諸島の周辺海域にはじめて現れたころは、記事の表現がいろいろあった。 「中国船」は以前から使われている定番表現。その他の主なところで「海警の船」「監視船」「巡視船」「パトロール船」などが使われていた。ところが、いつごろからか「監視船」や「巡視船」が姿を消し、近頃は「公船」が多くなった。
省庁からの発表が「公船」で統一されているのだろうか? 国連海洋法条約を念頭に置いた表現だと思うが、こういうところでも「余計な軋轢を生まないように苦慮している」結果かもしれない。

中国の公式発表ではもっぱら、中国海警局の船を「海警船」と呼んでいる。
公安部辺防管理局の海警部隊(辺防海警)と同じ「海洋警察」の略だろう(武装警察部隊は「武警」と略される)。 海上での警察活動を分かりやすく表現しているし、公安部辺防海警の拡大版とも印象付けられる。海巡(交通運輸部海事局) の船が「巡視船」「巡逻船」と呼ばれているので差別化も出来そうだ。


では日本も「海警船」と呼べばいいかというと、正直、日本では分かりにくい。わざわざ、日本語の新語を作るのも変な話だ。(ごくたまに「中国の海警船が~」と書いているものがあるが、中国の記事からそのまま引用したものと思われる)
「公船」なら、国連海洋法条約を意識せざるをえないし、軍艦や漁船(商業船)とも違うことを印象づけらるだろう。

・・・とはいえ、なんか海警局を矮小化しているようであり、違和感を感じる。(´ ・ω・`)


なぜ「監視船」や「巡視船」ではないのか?

シミュレーション! 自衛隊「尖閣・竹島防衛線」 (宝島SUGOI文庫)シミュレーション! 自衛隊「尖閣・竹島防衛線」 (宝島SUGOI文庫)
別冊宝島編集部

宝島社 2013-10-04
売り上げランキング : 55885

Amazonで詳しく見る

なぜ「監視船」や「巡視船」ではないのか?

「監視船」は、中国海監の船が「海洋監視船」、渔政の船が「漁業監視船」だからまるめて「監視船」と表現し、海警局正式発足後も惰性で使っていたのだろう。主な職責の「海洋監視」「監督管理」を反映している。中国は「监视船」と使っていたし今も使っているが、中国海警局の船に対しては使われなくなった。海警局となってもそれらの職責はあるが、海洋権益の維持確保のための職責を正面に出してアピールしていると思われる。


「巡視船」は、日本の海上保安庁の船が「巡視船」なので、だったら中国の中国海警局(沿岸警備隊)の船も「巡視船」と呼べばいいだろうと、記者の浅い考えで使ったのかもしれない。
中国がそう自称しているならともかく、そうでないのに「巡視船」「パトロール船」と呼ぶのは、日本の領土である尖閣諸島、その領海を、中国の政府機関の船が「巡視」「パトロール」することを公然と認めているように感じられる。
中国海警局の船が日本の領海内を航行し「パトロールしている」と言っているのは、単に中国が自分勝手に主張しているだけなのですから。


うちのブログ記事でも当初は、中国海警局の「監視船」と書いていましたが、近頃は「警備船」と書いています。
「巡視船」は当面使いたくないし、「公船」では曖昧で分かりにくい。「海警船」は読む人はいまいち分かりにくくマニアック。 "COAST GUARD"だし、「警」の一文字を入れたかったので「警備船」にしました。


英文報道では「Patrol Vessel」が多いように感じます。あまり深くは考えていないようです。



1/700 海上保安庁 はてるま型巡視船 PL-66 しきね エッチングパーツ付 (J58E)1/700 海上保安庁 はてるま型巡視船 PL-66 しきね エッチングパーツ付 (J58E)

ピットロード 2013-02-09
売り上げランキング : 85896

Amazonで詳しく見る

« 脂肪の「分解」に着目したトクホ 『伊右衛門 特茶』を飲んでみた。|ケルセチン配糖体について調べてみた。 | トップページ | 米国の財政問題と政府機関閉鎖で、うちのMacにも影響が(笑) »

国際」カテゴリの記事

時事|中国海警局、海監」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1205703/53541265

この記事へのトラックバック一覧です: 【中国海警局】小ネタ 海警局の船の呼び方は、公船、監視船、巡視船、警備船?:

« 脂肪の「分解」に着目したトクホ 『伊右衛門 特茶』を飲んでみた。|ケルセチン配糖体について調べてみた。 | トップページ | 米国の財政問題と政府機関閉鎖で、うちのMacにも影響が(笑) »