引っ越し先(別宅)

おすすめ

RSS

twitter

  • Speechballoonorangepicon150px @pelicanmemo

    記事にした話題の、書けなかった余談やその後の話。その時々のニュースでも深読み気味。

banner

ウェブページ

無料ブログはココログ

« 【H7N9鳥インフル】香港で感染者を初確認 広東省深圳で感染 | トップページ | 【H7N9鳥インフル】検査結果が「陰性」でも安心はできない  重態になった後に「陽性」確認 »

2013年12月 5日 (木)

【H7N9鳥インフル】 「活禽」の邦訳を修正しました。

サザック フリースニワトリ着ぐるみ 2375サザック フリースニワトリ着ぐるみ 2375

サザック
売り上げランキング : 16363

Amazonで詳しく見る


これまで、「活禽」を"生きた家禽"、「活禽市場」を"生きた家禽"市場 と訳して書いてきました。

しかし、「活禽」を「生きた家禽」と訳すことで、コケコッコー♪と鳴いているニワトリや生きている、鳥かごに入っている家禽だけをイメージさせていたのではないか?、と、考え直しました。


ハイリスクなのは、H7N9鳥インフルに感染した鳥の、糞便や血液、体液や分泌物や、充分に加熱されていない肉なので、生きているかどうかだけが条件ではありません。

ウェットマーケットで売られている、〆て羽根をむしっただけの死んだ家禽でも、購入後に、自ら捌いて調理すると、血液や分泌物に接触し感染リスクが高くなります。香港の感染者の例です。


魚屋の店頭にある魚は「活魚」と呼ばれています。「活きの良い魚」とも呼ばれます。

そこで、死んだ新鮮な家禽のリスクもイメージしてもらうために、過去記事の「生きた家禽」と書いた部分の多くを「活きの良い家禽」と修正しました。

(「新鮮な家禽」では微妙に違うと感じたので、「活きの良い家禽」としました。もっと良い邦訳を思いついたら、また修正するかもしれません)

(追記)
文脈に合わせて、微調整をしました。例:生きた家禽を扱う市場、等
(追記ここまで)



鶏もも・鶏むねの100円おかず306: 食費が下がる! (別冊すてきな奥さん 決定版マル得うまレシピ)鶏もも・鶏むねの100円おかず306: 食費が下がる! (別冊すてきな奥さん 決定版マル得うまレシピ)
主婦と生活社

主婦と生活社 2013-06-27
売り上げランキング : 551872

Amazonで詳しく見る

« 【H7N9鳥インフル】香港で感染者を初確認 広東省深圳で感染 | トップページ | 【H7N9鳥インフル】検査結果が「陰性」でも安心はできない  重態になった後に「陽性」確認 »

国際」カテゴリの記事

時事|H7N9鳥フル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1205703/54158466

この記事へのトラックバック一覧です: 【H7N9鳥インフル】 「活禽」の邦訳を修正しました。:

« 【H7N9鳥インフル】香港で感染者を初確認 広東省深圳で感染 | トップページ | 【H7N9鳥インフル】検査結果が「陰性」でも安心はできない  重態になった後に「陽性」確認 »