引っ越し先(別宅)

おすすめ

RSS

twitter

  • Speechballoonorangepicon150px @pelicanmemo

    記事にした話題の、書けなかった余談やその後の話。その時々のニュースでも深読み気味。

banner

ウェブページ

無料ブログはココログ

« 【エボラ】韓国、リベリア人男性が入国後に行方不明 入国時に症状無し 不法滞在者として手配 | トップページ | 【エボラ】中国、広東省のエボラ疑い例はマラリア ー 疾病予防管理センター »

2014年8月22日 (金)

【エボラ】ミャンマー、エボラ疑い例と報道された男性 マラリアに罹っていた

201408ebola601



ミャンマー(ビルマ)政府は21日、エボラ“疑い例”と報道されている、ミャンマー国籍の男性(22才)の検査の結果、マラリアに罹っていたと発表した。ミャンマーの英文紙"The New Light of Myanmar Daily"が伝えた。

男性はギニアからモロッコ、アブダビを経由、火曜日にタイのスワンナプーム国際空港でミャンマー行きの飛行機に乗って、ヤンゴン国際空港から入境した。その時に発熱や倦怠感など、エボラ出血熱(エボラウィルス感染症)の初期症状と似た症状を示していたため、ミャンマーの保健当局はヤンゴン市のWaibargi病院に送り、予防的に隔離した上で治療と検査が行われていた。

Vietnam, Myanmar test three patients for Ebola(Yahoo News, AFP)

検査の結果、熱帯熱マラリア原虫と三日熱マラリア原虫が確認された。マラリアの治療を受け、健康状態は改善している。男性と密接な接触があった4人も予防的に隔離されているが、何の症状も示していない。

A 22-year-old Myanmar citizen who has been placed in an isolation ward at Yan- gon’s Waibargi Hospital on suspicion of being infected with the deadly Ebola virus has shown signs of improvement after receiving malaria treatment, according to an official from the Ministry of Health on Thursday.
Tests provided by the National Health Laboratory in Yangonon Wednesday evening showed the man has been infected with Plasmodium falciparum and Plasmodium vivax that cause malaria while four of his close contacts who are also isolated in the same hospital have been cleared of any diseases, said the ministry.
The New Light of Myanmar, Friday, 22 August, 2014 (pdf)


男性は、タイ、バンコクのスワンナプーム国際空港ですでに発熱があったようだが、そのまま通過している。空港ではトランジットエリアだけに滞在していたため、感染症モニタリングセンターを通過しておらず、空港当局は男性の症状に気付かなかったようだ。(実はこれはちょっと気になっている)

Myanmar man who passed through Suvarnabhumi has malaria, not Ebola(The Nation)

男性のサンプルは海外の研究機関(米国CDC?インド)に送られ、エボラウイルスの検査が行われるようだ。検査結果はまだ発表されていない。(追記:インドに送ったと発表(参照))

ーー(追記:2014/9/2)ーーーーーーーーーーーーーーーー
血液検査の結果、「陰性」と判明した。

Blood samples negative for Ebola

ーー(追記ここまで)ーーーーーーーーーーーーーーーー

この男性について、イランラジオ日本語版が中国の新華社通信の報道を引用する形で、日本語の記事を出している。
ミャンマーで、エボラ出血熱の感染例が報告(8/20|IRIBラジオ日本語)

この記事では、男性の年齢を24歳としたり、「エボラ出血熱に感染し、入院した」と断定的に書いていることから、多段階の翻訳でのエラーと、伝言ゲームのような間違いを起こしていると考えられる。

何度も書いてきている事だが、外国メディアの日本語版の内容や日本語表現には気をつけなければならない。

今回のエボラの流行に関連して、新華社通信は誤報も出している。
例えば、ケニヤの疑い例4人のうち1人に「陽性と確認された」という報道は、ケニア保健省によって公式に否定された。
新華社(xinhua)がソースという記事をよく見かけるのだが、ここでも注意が必要だろう。

Four suspected Ebola patients in Kenya test negative(8/18|Business Standard News)


検証 ミャンマーブーム (WEDGEセレクション)検証 ミャンマーブーム (WEDGEセレクション)
WEDGEミャンマー取材班 井上久男

ウェッジ 2013-10-04
売り上げランキング : 19639

Amazonで詳しく見る

« 【エボラ】韓国、リベリア人男性が入国後に行方不明 入国時に症状無し 不法滞在者として手配 | トップページ | 【エボラ】中国、広東省のエボラ疑い例はマラリア ー 疾病予防管理センター »

国際」カテゴリの記事

感染症」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1205703/57154643

この記事へのトラックバック一覧です: 【エボラ】ミャンマー、エボラ疑い例と報道された男性 マラリアに罹っていた:

« 【エボラ】韓国、リベリア人男性が入国後に行方不明 入国時に症状無し 不法滞在者として手配 | トップページ | 【エボラ】中国、広東省のエボラ疑い例はマラリア ー 疾病予防管理センター »